読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

アメリカはメリークリスマスとは言わない!理由と変わる言葉を紹介

Xmas
スポンサードリンク

12月25日のクリスマスの日、「メリークリスマ〜ス!」とアメリカでは定着していますが、日本ではパティーなどで「乾杯」の意味で使われる事が多いので、日本人にとってはまだ少し恥ずかしい習慣だと思います。

しかしこの「メリークしスマス」の「メリー」+「クリスマス」っていったどういう意味なんでしょうか。調べていくと今はアメリカでは「メリークリスマス」とは使っていない事が判明しました。

いったいどういう事でしょうか、調べてみましたので紹介したいと思います。

f:id:sonotanet:20151010183516j:plain

出典:クリスマスプレゼントにiPhoneケースあげる人にオススメしたい「KAZARU」サービスについて | iPhone/iPadアプリ Applision(アプリジョン)

メリークリスマスの意味

「楽しいクリスマスを!」という意味になります。

意味の解説を見ると様々ありますが、基本この意味で大丈夫と思います。英語だと、「Merry Christmas」となり、この「Merry」というのは、「陽気な」、「笑い楽しむ」といった意味になります。直訳すると、「楽しいクリスマスを!」という意味になります。

ちなみに、正確な英文的には、「I wish you a merry Christmas!」となるようです。日本語訳にすると、「私はあなたに陽気なクリスマスを祈ります!」です。

引用:メリークリスマスの意味

また「Christmas」は「Christ(キリスト)+mass(ミサ)」が合わさったもので、意味は「イエス・キリストの降誕を祝う儀式」です。

引用:メリークリスマスの意味!いつ言うの?答えがこれ! | タケシの勉強ノート

よかった今まで何気に使っていたので、使い方が間違っていたかもしれないという不安になりましたが、クリスマスの挨拶という事で使い方は間違っていませんでした。

ですが日本ではこの言葉は主に12月24日〜25日に使うっきりで、場合によっては1年に1回しか言わない方もいると思います。

アメリカではクリスマス休暇というのがありだいたい12月20日から2週間の休暇があるので、その間12月25日以外でも「メリークリスマス」と言っていました。

「言っていました」そう「メリークリスマス」と言っていたのは過去の話なんです。今ではアメリカでは「メリークリスマス」とは言わないそうです。それはどういう事かと言うと言うと……

 

「メリークリスマス」はもう言えない

今年の夏、ある友人からこんなEメールをいただきました。「今、アメリカでは(ワシントン州の話ですが)メリークリスマスではなく、ハッピーホリディと言わないといけないそうです。

今、アメリカではユダヤ教、イスラム教などに配慮して「メリークリスマス」と言ってはならないそうです。その代わり、「ハッピー・ホリディ」と言うのだそうです。

引用:「メリークリスマス」はもう言えない?

これからは…

''Happy Holidays'' と皆で言いましょうね〜。

恥ずかしさがなくなったというか、何て言うか「メリークリスマス」よりも言いやすいですね。「良い休日を〜」ってこれ1年中使える言葉ですね。もし「メリークリスマス」って言う人がいたら、あとでそっと教えてあげましょうね。

特に法律で罰則があるとか、捕まるとかはないみたいですが、宗教的な配慮がされているので、外国人のお友達がいる方はとくに使わない様に気を着けた方がいいかもしれませんね。