SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

夏休み2015 自由研究の内容、進め方、まとめ方を解決

スポンサードリンク

子供が夏休みに入ると学校からはいろいろな宿題が出されますよね。まだ宿題だけならいいけど、工作や自由研究などの課題も毎年出されます。まぁ工作くらいなら親として普通に手伝いくらいでいいのですが、それが自由研究となると、親が本腰を入れて手伝わないと、なにかと子供達だけでは難しい課題ですよね。

そんな時におすすめなのが、科学館や博物館、児童館などが行う自由研究相談会。自由研究をさらに深める方法や、研究の方法、まとめ方のコツなどを教えてくれます。 

f:id:sonotanet:20150706000407j:plain

出典:http://iko-yo.net/articles/419

 

 

自由研究相談会とは

自由研究相談会の多くは、小・中学生の自由研究についての質問に、施設の科学コミュニケーターや、学芸員、現役または引退した理科や社会の先生が相談にのってくれる会です。 

 

  • 「どんな自由研究をしたらいいの?」
  • 「どうやってすすめたらいいの?」 
  • 「どうやってまとめたらいいの?」 

 

という悩みがある場合にはおすすめです。

 

おすすめ自由研究

博物館や実験教室に足を運んでみてはいかがでしょうか?お出かけを楽しみながら、自由研究の宿題も進めることができます。『子どもの好奇心をくすぐる』そんな施設を集めました!

 

国立科学博物館

3億5千年前の化石を磨いてみよう! 

7月21日(火)ワークショップ参加者募

国立科学博物館にて開催する特別展「生命大躍進(2015年7月7日(火)~10月4日(日))では、7月21日(火)に、子供向けのワークショップ「3億5千年前の化石を磨いてみよう!」を開催致します。当日は、国立科学博物館 地学研究部の加瀬友喜グループ長を講師として、3億5千年前から2億5千年前に発生した原生生物「フズリナ」の化石を水やすりなどで磨き、その形を観察します。イベント時に磨いた化石は、記念にお持ち帰り頂けます。

引用:http://www.seimei-ten.jp/event/

 

f:id:sonotanet:20150706001044j:plain

出典:国立科学博物館

 

明治大学総合数理学部

わくわくサイエンスラボin中野

明治大学総合数理学部は8月21日、小学3年生~中学3年生を対象とした科学教室「わくわくサイエンスラボin中野」を開催する。工作や実験などの4つのプログラムを実施。参加費は無料だが、事前の申込みが必要。

 

同学部では、数理科学の魅力を子どもたちに感じてもらうことを目的にイベントを開催し、今回で3回目となる。教員や学生スタッフによるわかりやすいレクチャーで、科学の新しい発見と感動を体験でき、夏休みの自由研究のヒントにもなるという。

 

工作や実験を通して、科学の不思議や面白さを体験できるプログラムは、「ロボットを操ろう!」「『しりとりアニメ』を作ろう!」「センサで測ろう!」「『化学』ボートで遊ぼう!」の4つのテーマで行われる。

 

定員は各プログラム16~20名で、保護者の同伴歓迎。申込みは7月1日~19日まで、Webサイトから受け付ける。申込み多数の場合は抽選となり、申込みした人には、抽選結果と当日の案内を7月末に発送する。

 

f:id:sonotanet:20150706001438j:plain

出典:明治大学

 

明治大学総合数理学部「わくわくサイエンスラボin中野」

日時:8月21日(金)10:30~12:30

場所:明治大学中野キャンパス(東京都中野区中野4-21-1)

プログラム(参加対象):

・ロボットを操ろう!(小学4年生~中学3年生)

・「しりとりアニメ」を作ろう!(小学3年生~小学6年生)

・センサで測ろう!(小学3年生~中学3年生)

・「化学」ボートで遊ぼう!(小学3年生~中学3年生)

定員:各プログラム16~20名

募集期間:7月1日(水)~7月19日(日)

申込み:明治大学総合数理学部のホームページから

※申込み多数の場合は抽選。抽選結果と当日の案内は7月末発送予定

 

 

名古屋工業大学

ディスカバリーチャンネルと宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、親子で楽しめる宇宙科学イベント「ディスカバリーキッズ科学実験館~コズミックカレッジ2015~」を、7月26日より、名古屋、大阪、札幌、福岡、東京の全国5都市で開催する。

f:id:sonotanet:20150706001553j:plain

出典:http://japan.discovery.com/cosmic/

 

「ディスカバリーキッズ科学実験館~コズミックカレッジ~」は、小学3年生から6年生とその保護者を対象に開催している宇宙科学の体験型イベント。2009年の開始以来、全国約3万人の親子が参加しているという。

 

2015年のテーマは「もうひとつの地球へ、大冒険!」。2045年からやってきた独立型人工知能「TAO」と一緒に、遠い宇宙にあるもうひとつの地球を目指し6つのステージに挑戦する。各ステージの課題をクリアしもうひとつの地球への冒険の旅へ親子で出かけるという設定だという。ディスカバリーチャンネルの迫力ある映像とJAXAの実験教室、スペシャリストの講話で構成された2時間の宇宙体験を味わうことができる。

 

開催日や募集定員は各開催地により異なる。参加は無料だが事前の申込みが必要。同イベントの公式サイトにて申し込むことができる。

引用:http://resemom.jp/article/2015/06/12/25099.html

 

◆ディスカバリーキッズ科学実験館~コズミックカレッジ2015~

対象:小学3年生~6年生とその保護者

申込方法:Webサイトより申し込む http://japan.discovery.com/cosmic/

 

【名古屋会場】

日時:7月26日(日)10:30~12:30

会場:名古屋工業大学 52号館5211講義室

募集総数:200名(小学3~6年生と保護者1組4名まで)

応募締切:7月12日(日)

 

【北海道会場】

日時:8月9日(日)10:30~12:30

会場:北海道大学 札幌キャンパス 理学部5号館2階大講義室

募集総数:200名(小学3~6年生と保護者1組4名まで)

応募締切:7月26日(日)

 

【関西会場】

日時:8月29日(土)14:00~16:00、8月30日(日)10:30~12:30

会場:大阪大学 豊中キャンパス 法学部経済学部講義棟3F

募集総数:8月29日 150名/8月30日 300名(小学3~6年生と保護者1組4名まで)

応募締切:8月9日(日)

 

【九州会場】

日時:9月6日(日)10:30~12:30

会場:九州大学 伊都キャンパス総合学習プラザ大講義室

募集総数:200名(小学3~6年生と保護者1組4名まで)

応募締切:8月23日(日)

 

【東京会場】

日時:9月20日(日)10:30~12:30、14:00~16:00

会場:早稲田大学 西早稲田キャンパス63号館

募集総数:午前、午後各500名(小学3~6年生と保護者1組4名まで)

応募締切:8月30日(日)

 

引用:http://resemom.jp/article/2015/06/12/25099.html

 

 

自由研究のまとめ方のコツ

自由研究で意外と大変なのが「まとめ方」。何から、どう書き始めていいのかわかんない! なんて人もいるんじゃないかな。でも、まとめ方はコツさえわかればカンタンだから安心してください。

 

大きな紙にまとめる場合

いきなり大きな紙に書かず、どのように見せるかを、小さな紙に書いてたしかめる。

大きな紙に書くときには、じょうぎを使って文字や絵の位置が曲がらないようにえん筆でうすく下書きする。

えん筆の下書きを黒のフェルトペンなどで、ていねいになぞる。

図やグラフなどは、色フェルトペンや色えん筆を使ってカラフルにする。

実験の様子をとった写真をつけると、印象的でわかりやすくなる。

 

まとめに必要な項目

1.研究のきっかけ どうして調べようと思ったのかを書く。

2.調べたいこと 実験で何を調べたいのかを書く。

3.予想 どんな結果になるか先に考えてみる。

4.用意したもの 実験に使った道具や材料を書く。

5.実験の方法 どのように調べたかを書く。

6.実験の結果 どのような結果が出たのかを書く。

7.わかったこと・反省したこと 結果からわかったことや考えを書く。

8.参考にしたもの 参考にした本などがあれば、題名と出版社名(しゅっぱんしゃめい)を書く。

自分の名前もわすれずに。

f:id:sonotanet:20150706001933j:plain

出典:http://kids.gakken.co.jp/jiyuu/summary/01_kagaku.html

 

このほかにも、スケッチブックにまとめた例やあ観察日記をまとめた例、アルバムにまとめた例等が学研で運用しているキッズネットというサイトで公開しているので、このサイトは必ずチェックしておこう。これで子供の自由研究は完璧に仕上げる事ができるでしょう。学校での評価もぐっと上がり一躍ヒーローですね。

引用:http://kids.gakken.co.jp/jiyuu/summary/

 

まとめ

・まず子供と何の研究をしたいかを話し合う

・決めた研究に関する催し物だったり、相談会がないか探す。

・キッズネットにアクセスし、実際に何を調べれば良いか、どういう風にまとめればいいかを予習する

・実際に催し物、相談会に出席しメモを取りながら、スタッフの人にもいろいろ聞きながら調べる。

・キッズネットに書いてあるまとめ方にそってまとめる。

・完成。