読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

紫外線から美肌を守る意外なたべもの

美容と健康
スポンサードリンク

 

そろそろ梅雨も明けて夏本番の季節になりそうですね。女性にとって夏は嬉しいような悲しいような感じがしますよね。その原因は「紫外線」。せっかくの夏の思い出も紫外線によってシミができては、良い思い出も悲しい思い出に変わってしまいます。

紫外線から肌を守るには一般的には日焼け止めクリームが有効的ですが、完全に防げるかと言えばそうとも言えません。そこで2段仕込みでケアをしえいけば、そこまでシミになる恐れも少なくて済むのではないでしょうか。

日焼け止めクリームが外からのケアだとすればこれから紹介する方法な内側からケアする方法です。

 

f:id:sonotanet:20150711214956j:plain

出典:写真AC

 

チョコレートが紫外線から肌を守る!?

チョコレートというと、「太りやすい」「ニキビができる」など、あまり美容に良いイメージはありません。でも、そのチョコレートが、紫外線のダメージから肌を守ってくれるというのです。

ポイントは、チョコレートの原料であるカカオに含まれるポリフェノール。カカオポリフェノールには、肌の血行を促進してキメを整え、ダメージを受けた肌を修復する働きがあるといわれています。

さらには、高い抗酸化作用によるアンチエイジング効果や、ストレスを緩和する効果も期待できるそう。

チョコレートに含まれるポリフェノールの割合は、赤ワインの2倍以上。上手に取り入れて、美肌に役立てたいですね。

紫外線から肌を守る意外な食べ物 (2015年7月11日掲載) - ライブドアニュース

 

チョコレートなら毎日食べてます。という女性はたくさんいると思いますので、自然に内側からケアをしているという事になりますね。引き続き続けていけば少なからず効果はあると思います。 

美肌に効果的なチョコレートの食べ方とは

美肌を目指したいなら、チョコレートはカカオ含有量の多いものを。乳脂肪分や糖分が多いものはニキビなど肌トラブルの原因になることもあります。ミルクチョコやホワイトチョコではなく、ダークチョコレートを選ぶようにしましょう。

ただ、甘さが控え目のダークチョコレートですが、実は脂質はけっこう多め。食べる量は1日50g以内にして、食べすぎには注意しましょう。板チョコの場合は、1/3〜1/4くらいが目安になります。

チョコレートには空腹をやわらげる効果もあるので、小腹が空いたときのおやつにもピッタリ。口の中に入れてすぐに噛まずに、溶かしながらゆっくりと食べましょう。食事の20〜30分前くらいに食べると、食欲をおさえることもできますよ。

紫外線から肌を守る意外な食べ物 (2015年7月11日掲載) - ライブドアニュース

 

ダークチョコレートは苦手という方もいらっしゃると思いますが、1日50gってそんなに多い量ではないので、食後のサプリメントみたいな感覚で食べてみてはいかがでしょうか。

 

 

f:id:sonotanet:20150712143701j:plain

出典:写真AC   

ビタミンやミネラル類を含んだ食品

紫外線対策として有効な栄養素は、シミやそばかすを予防する働きのあるビタミンCが有名です。さらに、紫外線から肌を守り、肌の老化や肌荒れを防ぐβ-カロテンやビタミンE、肌の新陳代謝を活発にするビタミンB2や亜鉛などを摂るのが効果的です。

ビタミンCは、みかんやいちごなどの果物類、β-カロテンとビタミンEはかぼちゃやにんじんなどの緑黄色野菜、ビタミンB2は卵や納豆、牛乳、そして亜鉛には魚介類や肉類に多く含まれています。

紫外線対策として有効な食べ物 | 美肌レシピ

  

やはり定番のビタミン類も摂取していきましょう。

 

抗酸化作用のある食品

シミやそばかすの原因となる、メラニンの生成を促進しているのは活性酸素。抗酸化作用のある食べ物を摂ることが大切です。トマトなどに含まれるリコピンは、同じく抗酸化作用のあるビタミンEの数百倍の抗酸化作用があると言われ、メラニンの生成に関与する活性酸素を除去する働きがあります。

紫外線対策として有効な食べ物 | 美肌レシピ

 

肌のシミは女性の大敵ですので、すみやかな対処がシミになるかならないかの瀬戸際になると思いますので、まずはしっかりと日焼け止めクリームを塗って遊びましょう。遊んだ後も、保湿クリームやビタミンやミネラルの多いため物やチョコレートを食べてなるべくシミにならないようにしましょう。ですが食品の過剰な摂取は体調を悪くしかねないので、あくまでもほどほどに摂取しましょう。