SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

正月の宝船に乗る七福神の名前や由来と祀ってる神社やお寺を紹介

スポンサードリンク

お正月には必ずテレビや雑誌、新聞広告やチラシなどで見ることが増えてくる、宝船に乗っている「七福神」ですが、大黒様や弁天様くらいは思い浮かべることはできるのですが、他の神様って誰だっけ?と思っている方も多いはずです。

そこで「七福神」の由来や名前、意味、そしてそれぞれが祀られている有名神社も一緒に紹介したいと思います。

f:id:sonotanet:20151101161258j:plain

出典:意外と衝撃だった“七福神”のルーツ

七福神は福をもたらす7つの神様

福徳の神として信仰される七人の神。大黒天・恵比須(えびす)・毘沙門天(びしゃもんてん)・弁財天・福禄寿・寿老人・布袋(ほてい)の七神。

引用:コトバンク

言われると思い出しますね。全ての神様名が福をもたらす神様で、よく取り上げられる神様は恵比寿様が有名ですね。もう少し詳しくみてみましょう。

現在のような形で人々に定着したのは江戸時代中頃。浮世絵にも宝船に乗った七福神が描かれ、正月には初詣でを兼ねての七福神詣でが庶民の間で盛んに行われた。
それまでは三福神だったり五福神だったり、神々も一定ではなかったが、享和年間(1801~3)には恵比寿、大黒天、毘沙門天、弁財天、布袋尊、福禄寿、寿老人と、今の顔ぶれに落ち着いたという。実はこの七柱のうち恵比寿を除いて六柱はインドや中国など海の向こうからやってきた神々。国際色豊かというかエキゾチックなメンバー構成なのである。

引用:七福神の由来

日本ではよく恵比寿様が使われるのは、恵比寿様だけが日本の神様だったからなんですね。確かに日本のお正月にインドや中国の神様が出てくるのは少しおかしいですからね。

f:id:sonotanet:20151101140132j:plain

出典:ドキュメント鑑賞☆自然信仰を取り戻せ!

上の絵は江戸時代に描かれた浮世絵になります。右の向かい合ってにらめっこをしているのは大黒様と恵比寿様です。一番左は布袋様。左上の将棋倒しをしているのが毘沙門天様、真ん中の女性が弁財天様、その上が寿老人、一番右上が福禄寿ですね。

こうやって見るとほんと縁起がいい絵ですね。コピーでいいから1枚家にあると1年がいい年になりそうですよね。

七福神の名前や意味、祀っている神社やお寺を紹介

七福神の名前がわかったところで、それぞれの由来をまとめてみました。それと同時に日本で祀っている神社を紹介したいと思います。お正月にその神社やお寺を訪れるといい1年が送れるかもしれません。

 

破壊神シヴァの分身「大黒天」

f:id:sonotanet:20151101144939j:plain

出典:七福神と大黒様

もともとは、マハーカーラと呼ばれるヒンドゥー教の神で、創造と破壊を司るシヴァ神の化身。仏法守護の神として伝来したが、後に日本神話の大国主命(おおくにぬしのみこと)と結びつき、福の神として信仰された。打ち出の小槌と大きな袋を持ち、米俵と白鼠を従えた姿で描かれる。ご利益は五穀豊穣、家産増進、子孫繁栄。

引用:七福神の由来|七福神の名前や意味を紹介しています |

インドでは3つの顔と6つの腕を持ってかなり怖い顔をしていたそうです。最初は破壊神シヴァの分身だったのでそのようないで立ちだったのだと思います。今のような優しい顔に変わったのは中国に入ってきてからとのことです。

確かに怖い顔だと神様という意味では、庶民には馴染まなかったと思いますね。中国の方も見た目の印象には気を使ったということです。

祀られている神社やお寺「大黒寺 」(大阪府羽曳野市)

f:id:sonotanet:20151101144558j:plain

出典:大黒寺

日本最初 大黒天出現霊場 天童山「大黒寺」

  • 〒583-0847 大阪府羽曳野市大黒499
  • 電話 072956-0953/FAX 072958-7778
  • ウェブサイト:http://daikokuji.kt.fc2.com/

 

100%純日本産の「恵比須」(えびす)

f:id:sonotanet:20151101151044j:plain

出典: ココテン HAPPY!

七福神中、唯―純国産の神で、伊弊諾尊(いざなぎのみこと)、伊弊舟尊(いざなみのみこと)の間に生まれた蛭子尊(ひるこのみこと)といわれる。烏帽子に狩衣、釣り竿と魚籠を持ち、立派な鯛を抱えた姿で描かれる。古くは漁民の守護神だったが、後に商いの神に。大黒天と対で福の神として、庶民の信仰を集めた。ご利益は、主に大漁豊作、商売繁盛。

引用:七福神の由来|七福神の名前や意味を紹介しています |

よく恵比寿は大黒天と一緒に描かれた浮世絵や、彫刻をみたことがあると思いますが、それは大黒天と恵比寿は親子ということになっているからです。

最初は単に仲が良いものどうしということで一緒に描かれていましたが、のちに急速な恵比寿信仰が広がり、親子という設定が追加されたそうです。

水の神様として祀られていることが多く、港の近くの神社やお寺で恵比寿像を見ることもあります。

祀られている神社やお寺「美保神社」(島根県松江市)

f:id:sonotanet:20151101154852j:plain

出典:美保神社 | えびす様の総本宮 | 島根県松江市美保関町

えびす様の総本宮「美保神社

  • 〒988-0013 宮城県気仙沼市魚町二丁目6-7
  • 電話 0582ー73-0506/FAX 0582ー73-0317
  • ウェブサイト:http://www.mihojinja.or.jp/

 

富の象徴、財運の神「毘沙門天」(びしゃもんてん)

f:id:sonotanet:20151101161422j:plain

出典: ココテン HAPPY!

四天王の一神で、財宝の象徴である北方の守護神。ルーツはヒンドゥー教の神で、仏教とともに伝来した。甲冑を着けて矛と宝塔を持ち、邪鬼を踏む姿で描かれる。古くは武運の神として上杉謙信ら戦国武将の信仰を集めた。厄除け。恵方の神であり、財運を授け、大願成就を助けるとされる。

引用:七福神の由来|七福神の名前や意味を紹介しています |

古代インドでひろく信仰された、クベーラ神がもととなった財宝や福徳をもたらす神様です。 その後仏教に取り入れられるときに宮昆羅大将となり、もともとヴァイシュラヴァナ神という別名が毘沙門天(びしゃもんてん)になったそうです。

インドでは財運の神、その後中国に渡った時には武神となり、さらに日本にきたときにはもとにあった財運の神となりました。

祀られている神社やお寺「神峯山寺」(大阪府高槻市)

f:id:sonotanet:20151101180949j:plain

出典:いつもNAVI

日本最初毘沙門天「神峯山寺」

  • 〒569-1051 大阪府高槻市原3301-1
  • TEL:072-688-0788/FAX:072-680-2133
  • ウェブサイト:http://kabusan.or.jp/

 

芸能の神、名誉で財運を呼び込む「弁財天」

f:id:sonotanet:20151101194723j:plain

出典:えふぅの徒然なるままに

七福神中、唯―の女神。サラバスティ樫な例と呼ばれるインド古代神話の水神で、ヒンドゥー教では梵天(ぼんてん)の妃。琵琶を奏でる絶世の美女の姿で描かれることが多い。水の流れる妙音から音楽、弁舌を司るとされ雄弁と智恵を授け、芸能、学問の分野での成功。名誉を与えるとされる。金運、財運をもたらすともされる。

引用:七福神の由来|七福神の名前や意味を紹介しています |

インドで弁財天は武器を持って恐ろしい顔をしている姿をしていました。それは川の神サラスバティーが悪神を倒したとされているためだそうです。

日本でもその像が造られた時期があったそうです。東大寺法華堂では八臀弁財天立像がみられるそうです。

祀られている神社やお寺「宝厳寺」(滋賀県長浜市)

f:id:sonotanet:20151101201546j:plain

出典:Wikimedia Commons

日本三大弁財天 西国札所台30番「竹生島・宝厳寺」

 

南極老人星の化身「福禄寿」(ふくろくじゅ)

f:id:sonotanet:20151101203437j:plain

出典:ココテン HAPPY!

寿老人同様、道教の神で南極星の化身とされる。身長の約半分を占める長い頭と長い白髭が特徴。杖をつき、長寿の象徴である鶴や亀を従えた姿でも描かれる道教の三徳、福(子孫繁栄)、禄(財産)、寿(健康長寿)を備え、人の寿命を知るとされる。ご利益は子孫繁栄、富貴繁栄、健康長寿。

引用:七福神の由来|七福神の名前や意味を紹介しています |

寿老人と混同されることもありますが別な神様です。もともとは福人、禄人、寿人の三人の仙人が信仰されていましたが、そのうちの福人、禄人が合わさって福禄寿となり、残りの1人の寿人が寿老人となったという説もあり、寿老人同様、長寿の神様として信仰されてきました。

祀られている神社やお寺「談山神社」(奈良県桜井市)

f:id:sonotanet:20151101220626j:plain

出典: tetsudaブログ「どっぷり!奈良漬」

鎌足の長男が木造十三重塔を建てた「談山神社」

 

久米仙人の逸話でも知られる「寿老人」

f:id:sonotanet:20151101223439j:plain

出典:ココテン HAPPY!

中国の道教の神で南極星の化身。白髪に頭巾、自く長い髭をたくわえ、経典をつけた杖と桃を持つ姿で描かれる。鹿を伴って描かれることも多い。桃も鹿も長寿の象徴とされ、健康、長寿を授ける仙人だ。ご利益は長寿延命、諸病平癒、富貴繁栄、子孫繁栄など。「元気で長生き」という現代に求められるテーマにぴったりの神。

引用:七福神の由来|七福神の名前や意味を紹介しています |

福禄寿と同様に長寿の神様ですが、福禄寿よりは寿老人の方が長寿の神様という印象が強いですね。

祀られている神社やお寺「久米寺」(奈良県桜井市)

f:id:sonotanet:20151101225134j:plain

出典:橿原市/久米寺

真言密教を宣布するきっかけとなった根本霊場「久米寺」

 

くったくのない笑顔で心を癒す「布袋」(ほてい)

f:id:sonotanet:20151101230916j:plain

出典:ココテン HAPPY!

七福神中、唯―の実在人物。中国の戦国時代の禅僧で名を契此(かいし)といい、諸国を放浪して預言、託宣を行い、優れた予知能力から弥勒菩薩の化身とされた。福々しい笑顔と太鼓腹、肩に下げた大きな袋が特徴。この袋は喜捨物を入れる袋だが堪忍袋ともいわれ、人格を円満に導く功徳ありとされる評知と和合金運招福の神。

引用:七福神の由来|七福神の名前や意味を紹介しています |

笑門来福、夫婦円満、子宝の神として信仰が厚く、いつも絶やさない笑顔で、人々を幸せに導いたと言われています。

祀られている神社やお寺「當麻寺中之坊」(奈良県葛城市)

f:id:sonotanet:20151101233953p:plain

出典:當麻寺 中之坊と伽藍堂塔 -奈良県 葛城市-

まとめ

基本的に日本の宗教はインド、中国から伝わっているので、七福神の信仰もその流れで日本に伝わってきています。

その中で、いろいろ容姿や言い伝えが変わってきて、江戸時代には今の七福神の容姿になったと言われています。

日本全国には七福神が祀られている神社やお寺がそれはもう数え切れないほど数多く存在します。そういった七福神めぐりを紹介しているところもありますので、一度旅行で企画してみるといいと思います。