SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

選抜高校野球2016出場を逃した注目高校一覧やセンバツの注目投手を紹介

スポンサードリンク

2016年1月29日にセンバツ2016第88回選抜高校野球大会の出場校が全て揃いました。みなさんはこの顔ぶれを見て何かおかしいと思いませんか。地区大会から注目されている方は気付いているとは思いますが、昨年の夏の甲子園とは様変わりした高校が出場を決めています。やはり年代が変わると、チームも戦力も変わるのはしかたがないと言えばそうかもしれませんが、少し寂しい感じがしますね。

「あの高校は?」とか「あ〜あの選手ももう一度見たかったのに〜」や「絶対センバツには出場すると思ったのに〜」と思ている方も多いと思います。

そこで、今年2016年の第88回選抜高校野球大会に注目されてはいましたが、惜しくも出場できなかった高校や、どうしちゃったの?という高校をまとめてみました。

f:id:sonotanet:20160130143951j:plain

出典:ライブドアニュース

注目されていてセンバツに出場できなかった高校

  •  浦和学院(埼玉)
  • 報徳学園(兵庫)
  • 霞ヶ浦(茨城)
  • 日本航空(山梨)
  • 二松学舎大付(東京)
  • 阪南大高(大阪)
  • 東海大相模(神奈川)
  • 早稲田実業(東京)

引用:ライブドアニュース

 

え?神奈川県代表の東海大相模高校?

上のセンバツへの切符を逃してしまった高校の一覧を見て気付いた方もいると思いますが、昨年の夏の甲子園の優勝校の、神奈川県代表東海大相模高校がセンバツへの出場を逃しているということです。

なぜそんなに急に弱くなってしまったのか、やはり小笠原慎之介投手(中日)と吉田凌(オリックス)の抜けた穴は大きかったのと、やはり当時の3年生のレベルが高かったことが理由だと思います。

しかもこのときの東海大相模高校は神奈川県大会においても、そのほとんどの試合で相手を0点に抑え、桁違いのレベルで勝ち上がってきていました。

そのころの東海大相模高校を見ていただければ、「夏の甲子園優勝」という文字が頭をよぎっても不思議ではないほどの強さだったことが分かります。

私の中の東海大相模のイメージはいつも準々決勝くらいで負けてしまうイメージがあったのですが、昨年のなつの甲子園のときのメンバーはそんなイメージを払拭してしまうほどの強さだったんです。

それが今回の秋季神奈川大会では、準々決勝で横浜に1-10のコールドで負けてしまっているんです。年代が変わるとこんなにも力の差が出てしまうんですね。

 

東京都代表の早稲田実業高校も?

そして次に気になったのが東京都代表の早稲田実業高校です。夏の甲子園では準決勝で惜しくも負けてしまいました。

そして、この春の選抜高校野球でも当然来るであろう高校だと思っていたのですが、秋季都大会の2回戦で二松学舎大付に敗れて出場を逃しています。

ということは昨年の夏に多いに観客や視聴、そしてマスコミを湧かせた清宮幸太郎選手の姿はこんかいの選抜高校野球では見る事ができないということです。

あ〜あの快音がまた聞けると思ったのにとても残念ですね。

 

選抜高校野球2016の注目投手

  • 上出 拓真 (札幌第一)
  • 堀岡 隼人 (青森山田)
  • 鈴木 昭汰 (常総学院)◎
  • 高橋 昴也 (花咲徳栄)◎
  • 早川 隆久 (木更津総合)
  • 菊地 大輝 (東海大甲府)◎
  • 松葉 行人 (東海大甲府)
  • 藤嶋 健人 (東邦)
  • 山崎 颯一郎(敦賀気比)◎
  • 吉井 陸人 (滋賀学園)
  • 徳留 魁人 (滋賀学園)
  • 高山 優希 (大阪桐蔭)
  • 村上 頌樹 (智弁学園)
  • 高田 萌生 (創志学園)◎
  • 浦 大輝  (高松商)
  • 平石 好伸 (明徳義塾)
  • 国光 瑛人 (明徳義塾)

引用:スポーツナビ+

◎はドラフト有力候補

今年も熱い戦いが始まります選抜高校野球ですが、出場が決定した高校の中では、上記選手が注目されているようですね。特に創志学園の高田萌生投手は178cm、72kgの体から繰り出される球は、横浜高校時代の松坂を彷彿させる一在だそうです。

そして敦賀気比高校の山崎颯一郎投手です。

188センチの長身から最速144キロのストレートを投げ、昨夏の甲子園の2回戦・花巻東戦で2イニングを投げて、4奪三振・無失点の甲子園デビューを飾っている。

引用:スポーツナビ

上記に上げた選手の中に昨年の夏の甲子園を経験している選手は何人いるんでしょうか。そのあたりも勝敗の要因にかかわっていきと思われます。

初めて聞く名前もありますが、その名前だけ覚えておくだけでも、試合を見た時の熱の入り方が違ってくると思います。

 

まとめ

昨年の夏の甲子園に優勝した神奈川県代表の東海大相模や東京都代表の早稲田実業は、今回の選抜高校野球には出場できませんでしたが、その分新しい選手が注目されたり話題がつきません。

 

sonota.hateblo.jp

sonota.hateblo.jp