読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

楽天モバイルを購入した理由や申し込みから設定までの注意点を実体験から解説!

スポンサードリンク

今大手キャリアのau、docomo、softbankかから格安SIMに乗り換える方が急増しています。私の例でいうと、毎月8,500円くらい毎月スマホ代として支払っていて、この度、格安SIMの楽天モバイルに乗り換えました。

そこで、私が実体験として楽天モバイルに変更して、困ったことや悩んだこと、事前に分かっていればそれほど難しいことがないことをまとめてみましたので、見てみてください。

f:id:sonotanet:20160606160411j:plain

出典:http://mobile.rakuten.co.jp/

楽天モバイルに変更した理由

まずは大手キャリアから格安SIMを扱っている企業に乗り換えるにあたって、やっぱり「安心」して乗り換えられるところを探しました。

  • 楽天モバイル
  • イオンモバイル

私が最終的に選んだキャリアが上の2つです。

楽天モバイル

楽天モバイルは店舗が限られているので、ほとんどの方がインターネットで申し込みをされると思います。

今までは大手キャリアのショップに行って機種変更やプラン変更などを行っていただけに、いきなりインターネットで申し込みとなると、やっぱり不安は取り除けませんでした。

しかし、この楽天モバイルにはそれを払拭するほどのプランが用意されていたんです。

初月基本料金無料

これは大きかったです。そもそも乗り換えとなるとMNPで今までと同じ電話番号を使いたい場合、楽天モバイルと今まで使っていた大手キャリアの支払いがカブってしまいます。

そこへ楽天モバイルは少しでも消費者の負担を減らそうと「初月基本料金無料」を掲げてこの業界に参入してきたんです。

これで一気に楽天モバイルへ変更する気満々になってきました。

イオンモバイル

イオンモバイルは楽天モバイルほど安くはありませんが、店舗が充実していて、コミュニケーションを取りながら申し込めるのが利点だと思います。

しかし私の住んでいる場所にはイオンモールがなく、一番近くて、車で2時かかる場所にイオンモールがあるんです。

どんなとこに住んでんだよ~と突っ込まれそうでね。

しかも2時間かけていイオンモールに行ったはいいけど、その日のうちにスマホが手に入らないこともあるそうです。

やっぱり今、格安スマホに乗りかえる方が多いそうで、手続きに時間がかかり、最悪の場合、2~3日かかり、また2時間かけてイオンモールまで車で行かなくてはいけないそうです。

私的にはそうした理由で楽天モバイルに決めました。

 

楽天モバイルへの申し込みの注意点

楽天の会員登録

注意点というほどでもありませんが、事前に登録しておくと申し込みがスムーズに行えます。

まぁ楽天ショッピングを利用されたことがある方なら、そのIDを使えばいいので、問題ありませんね。

楽天モバイルのスマホは楽天カードがないとローンが組めない!

楽天モバイルはdocomoのアンテナを拝借していることもあり、スマホの機種にもよりますが、もともとdocomoを利用されていたならそのまま今使っているスマホをSIMだけ変えて使うこともできます。

私はもともとauを使っていたので、スマホも買わなくてはいけなく、楽天モバイルで取り扱っているスマホをローンで購入しようと考えていました。

しかしなんと、楽天モバイルで取り扱っているスマホをローンで購入するときは楽天カードがないとローンが組めないんです。

SIMカードだけの申し込みだったら「ご本人名義のクレジットカード」「楽天銀行デビットカード」「スルガ銀行デビットカード」のいずれかで申し込めるんですが、ん~落とし穴でした。

格安SIMフリースマホへ路線変更

ここで振り出しに戻ってどうしようかと考え、SIMフリーの格安スマホを購入すること考えました。

調べて候補に上がったのは「FREETEL Priori3 LTE」「ASUS ZenFone 2 Laser」「Huawei Ascend G620S」の3機種。

どれも1万円代で買える格安SIMフリースマホです。

さぁどれにしようかいろいろレビューや口コミを見ながら検討してみました。

まずは「FREETEL Priori3 LTE」。

これはAmazonのレビューの★1~★5のどの評価にも「タッチ操作の反応がよくない」というレビューがあったので、これはかなりストレスになると思い候補から外しました。

f:id:sonotanet:20160606160052j:plain

出典:http://goo.gl/u4F6Cm

「ASUS ZenFone 2 Laser」は約1万9000円ほどで買えるのですが、もうちょっと安いのないかなぁと探していたら、1万4000円の「Huawei Ascend G620S」を見つけました。

レビューを見ても致命的なレビューがなかったのと、価格がお手頃だったので購入しました。

ちなみに楽天モバイルのプランは3.1GBプランで月々1,600円です。

安~!!!

 

Android OS スマートフォンの設定方法

  • 設定

   ↓

  • その他

   ↓

  • モバイルネットワーク

   ↓

  • アクセスポイント名

   ↓

  • 右上のプルタブから

   ↓

  • 新規

   ↓

  • 下記を入力

*これは送られてきたSIMカードに記載されている情報を入力してください。

  • APN名:dm.jplat.net
  • ユーザ名:mobile@rakutenbb.jp
  • パスワード:0000
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP
  • 以下は必要に応じて設定してください。
  • MCC:440
  • MNC:10

これで最初モバイル通信のところが「H」になっていますが、しばらく経つとG4やLTEの表示に切り替わります。

スマホの左上には「DOCOMO」の表記がありますが、これはdocomoのアンテナを拝借している証拠なので、特に問題はありません。

 

楽天モバイルのおすすめポイント

  • 超優良なスマホ、arrows RM02が実質2万7184円(税込)で一番安く買える
  • 人気のスマホ、ZenFone 2 Laserが割引で最安値(2016年8月1日まで)
  • 月額850円で5分以内の電話が無料でかけ放題!
  • 月額料金も比較的割安
  • 初月無料

楽天モバイルの注意点

  • 実際に出る通信速度が遅い (2016年3月から4月頃にかけて速度が急落しました)
  • 3G専用端末では使えない
  • 通話SIMの解約手数料が少し厳しい(12ヶ月以内の解約だと9800円)
  • 楽天モバイルの格安SIMプラン

月額料金 データ容量

  • データSIM、ベーシック 525円 200kbps
  • データSIM、3.1GBプラン 900円 3.1GB
  • データSIM、5GBプラン 1450円 5GB
  • データSIM、10GBプラン 2260円 10GB
  • 通話SIM、ベーシック 1250円 200kbps
  • 通話SIM、3.1GBプラン 1600円 3.1GB
  • 通話SIM、5GBプラン 2150円 5GB
  • 通話SIM、10GBプラン 2960円 10GB

その他にかかる費用

  • 初期費用 3000円
  • 通話SIMを12ヶ月以内に解約した場合は解約手数料9800円がかかる。

 

まとめ

今回は格安スマホを購入しましたが、使っていて気付いたのですが、ネットが遅いです。

同じ楽天モバイルを使っている知り合いに聞いてみたところ、元々のスマホのスペックに左右されるようです。

今回私は格安スマホを購入したので仕方がないということですね。

格安ということでかなりスマホの状態を心配していましたが、使い心地はまずますと言ったところですね。特に問題はありません。

もし現在dominoでスマホを使っていて、今使っているスマホがそのまま使えるのであれば、楽天モバイルはオススメです。

あとちょっとスマホ自体が重いです。

スマホを1から10まで使いこなすようなハードユーザーには適さないと思いますが、電話ができて、ネットだけ使えればいいという方はいいと思います。

追記

私はもともとauを使っていたので、違約金が9,800円かかると思ったのですが、なんと長期優良会員ということで、3,000円で済みました。

下げるのそこじゃなくて基本使用料を下げて欲しかったですね。

他にも使っていて気づいたことがありましたら追記していきたいと思います。