読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

NASAが地球にそっくりな惑星を発見!移動方法を考察!

スポンサードリンク

以前より、地球に良く似た惑星は必ずあるとう説はいくつかあったのですが、こんなにも地球と環境が似通った惑星はなかったように思えます。宇宙の謎が解明されている事はその大きさからしてもまだまだ少ないと思うので、今回のこの発見はとっても大きな発見だと思います。

f:id:sonotanet:20150724164206j:plain

出典:写真AC

米航空宇宙局(NASA)は23日、地球から1400光年離れたはくちょう座の方向に、太陽(恒星)までの距離や大きさが地球と似た「いとこ」のような惑星を見つけた、と発表した。表面に岩で覆われた大地や大量の液体の水がある可能性が高く、生命の存在に適した環境が広がっているとみられる。

この惑星は、NASAのケプラー宇宙望遠鏡で見つかった恒星「ケプラー452」の周りを回る「ケプラー452b」。直径は地球の約1・6倍で、重さや成分などは不明だが、大きさから岩石と液体の水が存在する可能性が高いという。

恒星は、直径が太陽より1割ほど大きく、表面温度はほぼ同じ。約46億年前に誕生した太陽より、さらに15億年ほど古い。探査チームの科学者は「(惑星が)地球より長い間、生命が存在できる条件にあった」として、生命誕生に必要な物質や環境などがそろっているとの見方を示した。

ケプラー宇宙望遠鏡などで発見された太陽系外惑星は1879個(23日現在)、惑星候補は4千個以上ある。NASAは今回、新たに500個以上の候補を追加。そのうち、生命が存在できる可能性がある天体は計12個あったという。

朝日新聞デジタル

すごいですね。まだ生命の確認はできていないようですが可能としては十分にありえるということですから、今すぐというわけにはいきませんが、移住という選択をする時がくるかもしれませんね。しかもロイター通信によると、この惑星は大きさや温度が太陽と似た恒星の周りを385日周期で回っているというので、これもまた地球とそっくりな惑星ですね。

ここで今できる、できないは別として、この惑星に行く事ができる手段を考えてみました。

 

光の早さで移動

まずは単純に光の早さで移動できるとして、発見された惑星は地球から1400光年離れているという事ですから、単純計算で1400年かかります。途方もない年月ですね。今から1400年前というと日本では飛鳥時代で、聖徳太子がいた時代です。その時に地球を出発し1400年後の今到着するという事です。全く想像がつきませんね。もし実行したとしても何世代にもわたっていかなければ実現不可能でしょう。

 

ワープ航法

アインシュタインの特殊相対性理論によりますと、光の早さが絶対的な速さでこれを越える事はできないとされています。単純計算ですと1秒間に30万kmの速さで進みます。例えば1400光年先の地球に良く似た惑星まで1400年未満で行く事はどんなに速い宇宙船でも無理なんです。
それを1400年以内で行く事ができる方法が「ワープ航法」です。「ワープ航法」とは2点の間の空間をゆがめて移動する方法の事です。これを可能にするのが「ブラックホール」の存在です。下の図をご覧下さいA点とB点は最初かなり離れた場所にあります。この間の空間をゆがめてA点とB点の距離を縮めます。この時の縮まったA点とB点の間にブラックホールが出来てそこを通過すると、短い時間で長い距離が移動できるというのがワープ航法です。

f:id:sonotanet:20150724190225j:plain

ものすごい簡単に説明していますので詳しく知りたい方は、「100分de名著」でアインシュタインの相対性理論を説明した回がありますので、そちらを参考にしてみてください。youtubeにもありましたので探してみて下さい。かなり分かりやすく解説していましたよ。

www.nhk.or.jp

 

最後にテレポーテーションという考えもあったのですが、そもそも今回地球に似た惑星に機材を設置する事ができないと思ったので取り上げるのはやめました。テレポーテーションは一旦その惑星に到着手からでないと難しいですよね。

あまり実現的ではありませんが、宇宙って夢やロマンがあっていいですよね。私たちが生きている間は実現できない事ばかりですが、いつの日か成功するかもしれません。