SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

iPhone1週間もつ水素バッテリー現実味で発表いつ?性能やスペックを予想

スポンサードリンク

昨年から話題になっているiPhoneに搭載される予定の水素バッテリーの開発がいよいよ現実味を帯びてきました。

iPhone6sのバッテリー容量がiPhone6の1,810mAhから1,715mAhへと減少したことは、かなり消費者をがっかりさせたことでしたが、開発側もかなり試行錯誤をした上での決断だったと思うので、今となってはしかたがなかったのだと思っています。

そこで、今回アップルが協同開発している水素バッテリーの発表時期や、性能やスペックを予想したいと思います。

f:id:sonotanet:20160210191859j:plain

出典:iPhone - Apple(日本)

iPhone6の搭載された水素バッテリー

イギリスのIntelligent Energyが、水素バッテリーをiPhone6に搭載し、形状を変更することなく、1回の充電で1週間もの間、同端末を充電なしで維持することに成功したニュースは大きな話題となりました。アップルとの共同研究が噂されている同社ですが、「スマートフォンの新興OEM」がデバイスにこのバッテリーを搭載することへ興味を持っていることも明らかになっています。

引用:ライブドアニュース

確かにこのときはiPhone6での実験にはかなり成功したと言えるでしょう。しかしこのiPhone6のスペックだったから、1週間充電なしで維持することが可能になったと私は思います。

この水素バッテリーを内蔵したiPhoneがいつ発売されるかによって、その維持時間は発売が先になればなるほど、短くなると考えています。

しかし、もしもこの水素バッテリーの技術に特許申請をするとどうなるか、考えただけでも予想はつきますよね。

アンドロイドではなくiOS内蔵のiPhoneが世界の人々を魅了し、そして右を見ても左を見てもiPhoneしかを目にしない時代が来るかもしれません。

 

水素バッテリーはいつ発表される?

スマートフォン市場には早ければ2年以内での登場が見込まれています。

引用:ライブドアニュース

アップルの新作発表会が行われるのは最近だと「Special Event, March」、「WWDC  Keynote」、「Special Event September」、「Special Event October」の4回くらいだと思います。確定ではないので不定期ですが。

ただし、iPhoneの新作発表があるのはほとんど9月なので、2年以内というと、2017年の9月頃に水素バッテリーが内蔵されたiPhoneが発表されると思います。

そのときには「iPhone7」になっていることでしょう。

 

その時のiPhoneの性能やスペックを予想

まずは予想する前に今までのiPhoneの比較を見てみましょう。確実にiPhone6s Plusよりもハイスペックになることは間違いないと考えると、だいたいの予想はつくと思います。

iPhone4機種の基本スペックを比較

f:id:sonotanet:20160210184227j:plain

出典:スペック比較

iPhone4機種のバッテリーの比較

f:id:sonotanet:20160210184446j:plain

出典:スペック比較

水素バッテリーに変われば、上記のスペック以上になることは間違いないと思います。しかし、バッテリーが長時間もつようになったことで、全体のスペックが底上げされ、より快適な操作や魅力的なコンテンツが増えることは間違いないとして、私が予想するに、そうしたスペック上昇に伴って、水素バッテリーの消耗も激しくなり、結果的に4日間維持するのが限界だと思っています。

しかし、それでも今までのバッテリーに比べたら桁違いだから、かなり売れることは必須でしょう。

以下は私が予想する水素バッテリー内蔵の新作iPhoneのスペックです。

  • 画面サイズ:4インチ
  • 重量:100g
  • システムチップ:64ビットアーキテクチャ搭載・Apple A12
  • メインカメラ画素数:2400万画素

上記のスペックは水素バッテリーが小さいという前提で考えています。iOSも9から10、11くらいにはなっていのではないかと考えるだけでワクワクしますね。

バッテリーなんかでそこまで変わるのかという意見もあると思いますが、アップルが今までそのバッテリーの容量と重さに泣かされていたことは事実だと思います。

 

まとめ

  • iPhoneに搭載される水素バッテリーがいよいよ現実味が出てきた。
  • 水素バッテリーが発表されるのは2年以内ということで、毎年新作のiPhoneの発表が集中している2017年の9月と予想します。
  • しかし、全体的なスペック上昇にともない、実際は4日間維持するのがいいとこだと思っています。