読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

新作「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」シナリオと視聴率予想

お役立ちのアニメやマンガ・ゲーム
スポンサードリンク

本日7月15日正午にガンダム新作発表会が、世界同時配信で行われました。同時配信でしたがうまく日本語が聞き取れなかったので少し残念でしたが、かなりインパクトのある発表だったと思いました。そしていきなり内部フレームのあるガンプラが発売されるのを聞いてビックリでした。現時点ではマスターグレードかは分かりません。

新作発表にて

ふたつのキーワードとは

本作の製作を担当する、サンライズ 代表取締役社長 宮河恭夫氏は本作のキーワードとして、“ドラマ性の強い少年たちの物語としての新世代ガンダム”と“段階的な変革を遂げるガンダム”のふたつをあげた。

 “ドラマ性の強い少年たちの物語としての新世代ガンダム”とは、既存の『ガンダム』作品よりも少年たちの挫折、成長、絆といったドラマに焦点を絞り、彼らの物語としての魅力を確立することを示しているそうだ。
 宮河氏は「若いクリエイターたちが生み出す新しいキャラクターたちは、主人公の少年を始めとして、みんなが力強い意思と生きる活力を持っている人間ばかりです。親もなく、戦いの中で生きるしかなかった主人公たちが、生きるために強くなり、生きるために這い上がっていきます。その力強い人物像が、シンボリックで個性の強いガンダムと織りなす新しい物語は、新世代のガンダムそのものです」と語った。

 もうひとつのキーワードである“段階的な変革を遂げるガンダム”とは、力強いキャラクターたちが進行させ、変革をさせていくガンダムそのものを指しているとのこと。本作では以前に起きた戦争において廃棄させられたガンダムを、主人公たちが自分の身を守るために機動させるのだという。
 宮河氏は「当初ボロボロだった姿のガンダムが、敵のモビルスーツを倒し、装甲や武器を奪って、徐々に強化されていきます。少年たちが自分の生きる場所を求めて始めた旅路において、ガンダムは彼らの武器であり守り人なのです」と語った。

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』発表会をリポート 姿を変えて強くなっていくモビルスーツが登場(1/2) - ファミ通.com

誰かに与えられたり、盗んだり、たまたまそこにあったからという、意図的な偶然でガンダムに乗ることになったわけではないという事ですね。生きる糧としてガンダムが出来上がっていったということなら、いつもとは少し違う展開が見られそうですね。 

 

出典動画:「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」PV01 - バンダイチャンネル|アニメ・特撮動画2,000本以上を無料配信中!

 

ストーリー

f:id:sonotanet:20150715134400j:plain

かつて“厄祭戦”と呼ばれる大きな戦争があった。その戦争が終結してから約300年。地球圏はそれまでの統治機構を失い、新しい支配体系をもって新たな世界が構築されていた。かりそめの平和が訪れる一方で、地球から離れた火星圏では、新たな戦いの火種が生まれつつあった。

主人公の少年である“三日月・オーガス”が所属する民間警備会社“クリュセ・ガード・セキュリティ”(CGS)は、地球のイチ勢力の統治下にある火星都市クリュセを独立させようとする少女“クーデリア・藍那・バーンスタイン”の護衛任務を受ける。

しかし、反乱の芽を摘み取ろうとする武力組織“ギャラルホルン”の襲撃を受けたCGSは、三日月ら子どもたちを囮にして撤退を始めてしまう。少年たちのリーダー“オルガ・イツカ”はこれを機に自分たちを虐げてきた大人たちに反旗をひるがえしてクーデターを決意。

オルガに“ギャラルホルン”の撃退をたくされた三日月は、CGSの動力炉として仕様されていた“厄祭戦”時代のモビルスーツガンダム・バルバトス”を用いて戦いに挑む。

 

f:id:sonotanet:20150715124628j:plain

三日月・オーガス

火星の民間警備会社CGSに所属する少年。おおらかな性格で、あまり細かいことを気にしないが、仲間のためならば、いかなる犠牲もいとわない。CGSの中でも機動兵器の操縦技術に長け、ガンダム・バルバトスのパイロットを任せられる。

 

f:id:sonotanet:20150715125139j:plain

電撃 - アニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』が発表。他のMSのパーツを換装して成長するガンダムに

 

 

今までのガンダムを見ていても今回の「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」はなかなかいいのではないでしょうか。私の印象だと「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」や「機動戦士 ガンダム 第08MS小隊」の印象に似ているので、とても楽しみになってきました。この2つの作品はストーリー性が非常に良いので今回の機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」も期待が大きいですね。

 

 

歴代視聴率と機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ視聴率予想

機動戦士ガンダム(1979~1980)

  • 5.3%(全43話)
  • 13.1% ※再放送1回目
  • 17.9% ※再放送2回目

機動戦士Zガンダム(1985~1986)

  • 6.4%(全50話)

機動戦士ガンダムZZ(1986~1987)

  • 6.02%(全47話)

機動戦士Vガンダム(1993~1994)

  • 3.92%(全51話)

機動武闘伝Gガンダム(1994~1995)

  • 4.1%(全49話)

新機動戦記ガンダムW(1995~1996)

  • 4.35%(全49話)

機動新世紀ガンダムX(1996)

  • 3.5%(第1~26話)
  • 1.2%(第27~39話)
  • 2.83%(全39話)

∀ガンダム(1999~2000)

  • 3.0%(全50話)

機動戦士ガンダムSEED(2002~2003)

  • 6.1%(全50話)

機動戦士ガンダムSEEDデスティニー(2004~2005)

  • 5.32%(全50話)

機動戦士ガンダム00 1stシーズン(2007~2008)

  • 4.85%(全25話)

機動戦士ガンダム00 2ndシーズン(2008~2009)

  • 4.47%(全25話)

歴代ガンダムシリーズの平均視聴率|新・制限速度30km/hのブログ

 

機動戦士ガンダムAGE2011

  • 2.56% 

SDガンダムフォース2004

  • 2.09% 

SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors(2010

  • 2.05%

【ガンダム】ガンダムビルドファイターズの視聴率wwwww : ガンダムまとめ速報

 

ガンダムトライファイターズ(1部・2部)」と「Gのレコギンスタ」に関しては公式のものが見当たらなかったが、1%〜2%と予想されます。テレビで放送されるガンダムシリーズはここ最近不作続きですから、さすがに今回の「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」は失敗できないですね。そういうことからの今回の様な発表に至ったのではないかと思います。

 

それまでの視聴率を見てもだいたい3〜5%の間ですね。機動新世紀ガンダムXの27話からは1.2%とかなり低いですが、今回の「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」は発表のインパクトさから言って5%は固いと思っています。

 

g-tekketsu.com