読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて!新作発表会の模様

お役立ちのアニメやマンガ・ゲーム
スポンサードリンク

本日午後5時より、スクウェア・エニクスより新作ドラゴンクエストの発表がありました。YouTubeの視聴率は10分前までは50人くらいだったのが、5分を切ると8000人、1分前には10000人を越える視聴者が今か今かと待っていました。画像がリークされるハプニングがありましたが、それに動じる事なく淡々と説明がされて行きました。

まず紹介されたのはスクウェア・エニクスのエグゼグティブプロデューサー三宅有氏。三宅氏は来年の5月にドラゴンクエストが30周年を迎える事を告げ、堀井雄二、鳥山明、すぎやまこういちらに感謝しつつ、今回の新作の意気込みを語りました。

星のドラゴンクエストの紹介

まだ開発中とのことでしたが、今秋にでもご提供できると言っていました。

f:id:sonotanet:20150728185513j:plain

出典: ファミ通app

続いて堀井雄二氏が壇上に立ち、今回発表されるドラゴンクエスト関連発表の進行を進めることになりました。

 

ドラゴンクエスト8[3DS版]の紹介

つい先日、チェコのプラハでドラゴンクエストでは恒例となる実写でのCM撮影が行われたそうです。CMの放送開始はドラゴンクエスト8の発売日8月27日の1週間前くらいだそうです。

全イベントがボイス対応している事や、新しいキャラクターやシナリオ満載でお届けできるというのでとても楽しみですね。

f:id:sonotanet:20150728190204j:plain

出典:ドラゴンクエストVIII

 

ドラゴンクエストビルダーズの紹介

これはまだまだ謎が多かっただけに、とても関心が高まりました。ファミコン版で竜王が勇者に問いかける言葉がありますが、

「よくきた○○○○よ わしが王の中の 王 竜王だ。
 わしは 待っておった。そなたのような 若者が 現れることを…
 もし わしの 味方になれば 世界の 半分を ○○○○に やろう。
 どうじゃ? わしの 味方に なるか?(はい/いいえ) 

なんとここで「はい」を勇者が選んでしまう事で、アレフガルドが竜王に支配されてしまうところから始まるというのです。かなりインパクトがありビックリしました。そしてそこへ新しい勇者がきて、アレフガルドが竜王に支配されてしまった世界を奪還し、荒廃してしまった街や拠点を復活して竜王を倒す事が目的となります。ハンマーで壊して集めた素材を集めて街や拠点を復活させながらストーリーを進めるそうです。

武器や防具も自分で作ってモンスターを倒す。トラップも自分で作る。などなどアクションが盛りだくさんの内容になっていました。

f:id:sonotanet:20150728190852j:plain

出典 : はちま起稿

 

ドラゴンクエストヒーリーズ2の紹介

2016年波留発売予定PS3とPS4、PSVitaで出るとの事でした。

f:id:sonotanet:20150728191114j:plain

出典:Facebookをリアルタイム検索

 

ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー3の紹介

主人公は鳥山明先生の描き下ろしでの主人公の紹介がありました。登場するモンスターに乗れる要素を追加、そして発売日はビルダーズより後でそんなに待たせないと言っていたので発売は今年の冬予定頃と予想します。

f:id:sonotanet:20150729085826j:plain

出典:SQUARE ENIX

 

ドラゴンクエストモンスターバトルスキャナーの紹介

アミューズメント向けのタイトルの紹介でした。まだまだ揮発中との事で、イメージ画像のみの紹介となりましたが、主人子がカードらしきものを持っている事から、様々なモンスターカードで戦うシステムとなるでしょう。最近実績のあるマーベラスとの共同開発となるそうです。稼働は2016年を予定とのことです。

f:id:sonotanet:20150729085925j:plain

出典 : オレ的ゲーム速報@刃

 

ドラゴンクエスト10の体験版無料ダウンロード開始の紹介

無料体験版がダウンロード可能になる7月29日の正午より開始。

hiroba.dqx.jp

 

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めての紹介

f:id:sonotanet:20150728193447j:plain

出典:GIGAZINE

担当プロデューサーの斉藤陽介氏が壇上に上がり、新作のドラクエ11はまさかのPS4と 3DSの2つのプラットフォームで展開する事は発表しました。それはいろいろな方に遊んで頂きたいと思った結果だそうです。

オンラインではとの噂も流れましたがスタンドアローンゲームだそうです。

ここでPS4版のプロデューサーの岡本氏と3DS版の横田氏が登場しそれぞれの説明がありました。

PS4版も3DS版も堀井雄二氏が実際にプレーして解説していました。

PS4版では堀井雄二氏街を歩きながら、ジャンプしたり、はしごに登ったり、高い所から飛び降りたりしてその動作を確認しながらプレーしていました。グラフィックは奥行きのグラフィックがとても鮮明で、遠くにいるキャラクターの仕草までみえるほどでした。

その他フィールドや木漏れ日、水たまりのグラフィックも最高でした。

フォールドを歩いていると既にそこにモンスターが見えていて、おおガラスやスライムがいました。滝から流れる水に虹が見えたりしていて、かなり手がこんでいるようでした。

 

3DSも堀井雄二さんが実機で解説。

3DSのうえが3Dデザインで下が2Dデザインの昔ながらになっていて、おもしろい事かんがえたなぁというのが第一印象でした。プレイしている最中に3Dと2Dが選べて、戦闘もそれに応じて切り替わるようになっていました。当然イベントも。

f:id:sonotanet:20150728193109j:plain

出典:GIGAZINE

f:id:sonotanet:20150728193051j:plain

出典:GIGAZINE

f:id:sonotanet:20150728193147j:plain

 出典:GIGAZINE 上が3Dで下が2D仕様

最後に鳥山明氏のメッセージを読み上げ、その後すぎやまこういちさんが作曲に対する意気込みを語り新作発表会は終わりました。