SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

又吉直樹の芥川賞受賞に対し有吉弘行、古舘伊知郎氏一蹴!コメントまとめ

スポンサードリンク

なにかと自身のラジオ番組「SUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系)での発言が取り上げられる事が多い有吉弘行だが、今回もその発言が話題を呼んでいます。有吉弘行が、ピース・又吉直樹の芥川賞受賞をめぐる古舘伊知郎氏の発言を一蹴したというのです。

f:id:sonotanet:20150720133841p:plain

出典:http://newstime.blog.jp/archives/35806296.html

この日の番組中盤では、又吉の芥川賞受賞のニュースを取り上げた。有吉はここで、当分の間は「先生」と呼ばれて又吉が「止めてくださいよ」などと返す絡みが続くだろうと予想。有吉は気の毒がっていたが、アシスタントのダーリンハニー・長嶋智彦から「一番やりそうなタイプだと思いましたけどね」とツッコまれ、図星とばかりに笑っていた。
この話題に関連し、有吉が「古舘さんが生意気なこと言って叩かれてるんでしょ?」と笑いながら切り出したのだ。古舘氏は16日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、又吉の芥川賞受賞の感想として「芥川賞と本屋大賞の区分けがなくなってきた」と話し、一部ネットニュースでも取り上げられていた。有吉は「何であんなこと言っちゃうのかな!?芸人相手だから『皮肉でも言ってやろう』って思ったんだろうな」「『スゴいですね』って言ってれば簡単な話なのにな」などと不思議がっていた。有吉はあらためて古舘氏の口マネで「芥川賞と本屋大賞の区分けがなくなってきた」と発して自ら爆笑。そのうえで感慨深げに「スゴいですよね、古舘『先生』も」と口にすると、長嶋に「その『先生』はだめですよ。付けちゃダメな『先生』ですよ」とツッコまれていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/10369195/

なにかと最近は又吉直樹の芥川賞受賞に対して、皮肉ったりする方が多少いらっしゃる様ですが、有吉弘行同様、普通に「スゴイですね」「おめでとう」などの言葉いいと思うのですが、芸能界というのは何か違う事を言わなければ行けない風潮みたいなものが多少なりともあるように思われます。それこそキャスターや大物芸能人という方々です。

スポンサードリンク

 

コメント一覧

和田アキ子コメント

  • 「みなさん『純文学を感じた』というが、何も感じなかった」と首をかしげた。
  • 「太宰治からいろいろな小説は読んでいますよ。本好きな方だけど・・・」

http://news.livedoor.com/topics/detail/10367701/

和田アキ子さんは又吉さんの「火花」を読んだみたいですが、いまいち感じるものがなかった様子ですね。

 

北野武コメント

  • 「でもやっぱりなんかっていうと『お笑い』って書かれるの気に入らねえなと思うんだよね」とコメントした。
  • 「モノをつくるんだから。ライターとしては大したもんだと思いますよ」

http://news.livedoor.com/article/detail/10366728/

北野武さんは又吉さんの作品を報道する側が気に入らない様子ですね。自身も「ビートたけし」と「北野武」を使い分けていることからも、又吉さんを作家として評価するべき考えだと感じました。

 

太田光コメント

  • 爆笑問題の太田光は所属事務所を通じ「太宰超えかっ!」と辛口で祝福
  • 太田は「あの太宰治が、あれだけ欲しがったのにもらえなかった賞を、まさか処女作で軽々受賞するとは!太宰超えかっ!でも確かに『火花』は文句なしの名作!又吉、俺と綾部(※ピース・綾部祐二)は一生お前に寄生するからな!おめでとう!」と祝福メッセージを寄せた。

http://news.livedoor.com/article/detail/10358200/

太田さんは笑いを混ぜながら太田さんらしい祝福の仕方ですね。

 

桂文枝コメント

  •  「『火花』を読んで感動しました。本当によかったです。素晴らしい才能をお持ちだと思います」と大絶賛。
  • 「私も創作落語を250作以上作りましたが、又吉くんは才能にあふれています。漫才師でこんなに文才がある人はよしもと100年の歴史でも初めてではないかと思います」と続け、「今後は創作落語を書いてほしいですね」と期待を込めた。

http://www.oricon.co.jp/news/2056138/full/

桂文枝さんはなんか小声でインタビューに受けていたのが印象的でした。なぜ小声だったのかは分かりません。

笑いトリオ・パンサーの向井慧

  • 「又吉さんと出会って8年程、僕の中で又吉さんは、尊敬する先輩でありながら、友だちのような感覚もあり、最近ではお父さんというよりもお母さんのような存在です」と先輩に敬意を示し、受賞については「改めてすごい人だったんだと思い出させていただきました。本当におめでとうございます」

http://www.oricon.co.jp/news/2056138/full/

向井さんのコメントの内容はよくわかりませんが、芥川賞受賞を手放しで喜んでいる様子がうかがえますね。

 

又吉直樹さんに対するコメントは様々ですが、素晴らしい賞を、素晴らしい本で受賞した事はまちがいないと思います。この分だと次回作もいろいろ注目を浴びそうですね。