SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

ホワイトデー2016お返しはアロマランプ!オイル選びや使い方と注意点も確認

スポンサードリンク

バレンタインのお返しって悩みますよね。チョコにチョコはなんか変だし、かといって花はちょっと意味深だし、他のお菓子と言っても普通すぎる。ブランド物には手が届かないしといろいろ悩みますが、今年のホワイトデーにはアロマランプをお返しに選んでみてはどうでしょうか。

最近はアロマテラピーを習う女性も増えてきているし、女性のストレス解消のひとつにもなって流行っています。プレゼントがきっかけで、アロマを学び始めるかもしれませんから、誰にプレゼントしても喜ばれるものだと思います。

そこで、ホワイトデーのお返しに最適な、人気でオシャレなアロマランプを紹介したいと思います。それと、それに合わせたオイル(精油)の選び方や、アロマランプの使い方、注意点などもまとめてみました。

オイルランプとは?

特殊な専用バーナーの熱によって温められたアロマオイルの香りを、お部屋に広げる芳香器具です。

引用:アロマランプとは?|アロマランプ専門店 ノエル

オイルランプの種類はコード式 やコンセント式、電池など特殊な電源方式のものがあります。

そこにオイルを垂らして熱でオイルを蒸発させて、お部屋全体にいい香りを漂わせることができるものです。好みの香りを楽しめば、日頃のストレスも発散できます。

 

人気のお洒落なアロマランプ

それでは、女性にプレゼントすると絶対に喜ばれそうな、人気でしかもオシャレなアロマランプを紹介したいと思います。

プラスチック製アロマランプ「SUNSET」

f:id:sonotanet:20160217230057p:plain

出典:雑貨卸・雑貨仕入れなら自由が丘マーケットプレイス!

ランプの明かりが夕日のように見えてシルエットがきれいに見えますね。 温かみのある風景に穏やかな灯りが優しい感じで癒されます。

このアロマオイルはシリーズ化されていてこれは4作目になるそうです。他の作品もとても幻想的に見えておすすめの一品です。

価格:2,800円+税

ご購入はこちら:雑貨卸・雑貨仕入れなら自由が丘マーケットプレイス!

 

アロマライト ブーケ ド ローズ

f:id:sonotanet:20160217232143p:plain

出典:雑貨卸・雑貨仕入れなら自由が丘マーケットプレイス!

バラの花が特徴的なアンティーク調のアロマランプです。欧米では大切な人に、12本のバラの花を贈るという習慣があるそうで、それをモチーフに作られました。

そのときの気分で 、明るさの調節や、香りの強さも調節が可能です。このアロマランプにはやっぱりローズの香りが似合うと思いますね。

価格:5,000円+税

ご購入はこちら: 雑貨卸・雑貨仕入れなら自由が丘マーケットプレイス!

 

フラム アロマランプ キシマ[KISHIMA]

f:id:sonotanet:20160218084730j:plain

出典::楽しいインテリア北欧雑貨店 kakko

よくあるアンティーク調のオイルランプに似ているアロマランプです。このままランプとして使ってもいいくらいの明るさなのでいろいろ重宝しそうですね。

このくらいの存在感があると、お部屋のインテリアにもオシャレに飾れると思います。

価格:6,500円+税

ご購入はこちら:楽しいインテリア北欧雑貨店 kakko

 

Ver3アロマランプディフューザー

f:id:sonotanet:20160218091354j:plain

出典:雑貨卸・雑貨仕入れなら自由が丘マーケットプレイス!

シンプルですが、とっても可愛らしく感じる、どんなお部屋にも馴染むデザインが特徴のアロマランプです。

こちらの商品はアロマディフューザーですが、デザインが可愛かったので特別に紹介させて頂きました。

アロマディフューザーは「水溶性アロマオイル」もしくは「エッセンシャルオイル」という香りの原液のようなものと水を入れて使いますので注意して下さい。

価格:6,000円+税

ご購入はこちら:雑貨卸・雑貨仕入れなら自由が丘マーケットプレイス!

 

Kishima トリコ アロマランプ

f:id:sonotanet:20160218101129j:plain

出典:Amazon.co.jp

実際に見てみると少し小さいと感じるかもしれません、匂いもそこまで強くはないので、ほのかに匂う程度が好きな方にはいいと思います。

ただし、小さい割には明るく感じるようなので、寝室というよりは、玄関に置くのがいいと思います。

価格:2,160円+税

ご購入はこちらから:Amazon.co.jp

 

Kishima クービコ アロマランプ

f:id:sonotanet:20160218101234j:plain

出典:Amazon.co.jp

こちらも定番のアロマランプです。実際に見ると写真よりも高級感があり、淡い光がなんともオシャレな雰囲気を出してくれます。
上皿が薄くて割れそうですが意外に丈夫です。あとはガラスの部分に少し気泡が入っているらしく、気になる方は気になるそうです。
全体的には高級感があり、瞑想なんかでも使えて満足度も高く、気に入って使っている方が多くいました。

価格:5,180円+税

ご購入はこちらから:Amazon.co.jp

 

モザイク アロマライト コンセント型 グリーン

f:id:sonotanet:20160218102855j:plain

出典:Amazon.co.jp

こちらは直接コンセントに差し込むタイプのアロマランプです。写真ほどきれいなグリーンには光りませんが、お部屋のインテリアにはいいと思います。
熱をあまり持たないので、コンセントに差し込んでおいても2〜3時間は付けっぱなしでも大丈夫です。
モザイクがライトに照らされる光はホント綺麗ですよ。

価格:1,944円+税

ご購入はこちら:Amazon.co.jp

 

アロマランプM ミント

f:id:sonotanet:20160218104020j:plain

出典:アロマランプM ミント

陶器製の本格的なアロマランプです。上皿にはアロマオイルを3〜4滴垂らすだけで、お部屋いっぱいに香りが行き渡ります。
ただし陶器なので、衝撃には少し弱い部分があるので、落としたりしないように大事に使いましょう。もし割れても陶器なのでアロンアルファみたいな瞬間接着剤を使えば、傷跡は残りますが引き続き使えます。
上皿が取り外し可能なので、お手入が簡単なのも特徴です。

価格:3,024円(税込)

ご購入はこちら:AROMA CURE

 

クリスタルアロマランプ

f:id:sonotanet:20160218114912j:plain

出典:石卸屋 Webショップ

きれいなアロマランプですが、これ実は手づくりなんです。ランプの光に照らされているのはパワーストーンですが、こんなにたくさんのパワーストーンを用意するとなると、かなり高くついてしまうので、100円均一のショップに売っているような、石の形をしたガラスや、ビー玉でも代用できるのでおすすめです。

詳しい作り方は下記のサイトを参考にしてみてください。

liveenterprise.main.jp

 

アロマオイル(精油)の選び方

プレゼントするにも、どんなオイル(精油)を選んでいいかわかりませんよね。自分ではいい匂いでも、相手にとっては嫌な匂いなんてことはよくあることです。

そうしたとき、オイルを1種類だけ買っていくのではなく、少なくても3種類を選んでプレゼントするようにしましょう。

f:id:sonotanet:20160218123827j:plain

出典:スキンケア大学

ハーブ系

  • 爽快感がありながら、ほろ苦さを感じさせる香り。
  • アンゼリカ、クラリセージ、タイム、タラゴン、バジル、フェンネル、ペパーミント、マジョラム、ローズマリーなど。

柑橘系

  • グレープフルーツやオレンジなどの柑橘類の香り。
  • オレンジ、グレープフルーツ、ベルガモット、レモン、レモングラス、レモンバームなど。

フローラル系

  • 甘くて優しい花の香り。
  • ジャーマンカモミール、ジャスミン、ゼラニウム、ネロリ、ラベンダー、ローズなど。

エキゾチック系

  • 魅惑的な雰囲気が漂う甘い香り。
  • イランイラン、サンダルウッド、パチュリ、ベチバーなど。

樹脂系

  • 樹脂から抽出される重厚で甘い香りで、香りが長続きするのが特徴。
  • ベンゾイン、フランキンセンス、ミルラなど。

スパイス系

  • 料理で使われる香辛料の香りをやわらかくしたような香り。
  • コリアンダー、シナモン、ジンジャー、ブラックペッパー、ローレルなど。

樹木系

  • 森林浴を連想させる、清々しく深みのある木の香り。
  • サイプレス、ジュニパー、ティートリー、ヒノキ、ユーカリ、ローズウッドなど。

引用:ハーブのホームページ

オイル(精油)を大きく分類すると上記の7種類に分けることができます。蒸留法によってもまた少し違ってくるのですが、最初は知らなくても大丈夫です。

それではどれを買っていけばいいかというと、私のおすすめはハーブ系や柑橘系、フローラル系です。

なぜかというと、私たちの身近な匂いだからです。普段から嗅いでいる匂いなら、そこまで毛嫌いするような匂いではないということです。

ハーブ系なら、 ペパーミント、ローズマリー。柑橘系ならグレープフルーツ。フローラル系ならラベンダーが定番です。

もし選んでいったオイル(精油)が気に入ってもらえなかったら、一緒に買いにいくデートのお誘いをするのもいいと思います。

オイル(精油)が売っているところは、アロマテラピーの専門店でもいいですが、普通に雑貨店、や無印良品でも販売しています。

一緒に匂いをかぎながら選ぶと意外に盛り上がるので、良いデートになると思います。あまりガッツリかぎすぎるとむせてしまうので、ふたを開けたら、手であおぐようにしてかいでみて下さい。

 

アロマランプの使い方

使い方は文字だと分かりにくいと思いますので、動画でご覧下さい。とっても簡単に使うことができるので、1つだけでなく、2つ3つと部屋毎に使ってもいいと思います。

基本的には購入されたアロマランプに説明書がついているので、それにそって使って下さい。オイルの量は多くても5滴くらいにしておきましょう。あまりたくさん入れすぎると、鼻に匂いが付いてしまって、逆にストレスになってしまいます。

youtu.be

youtu.be

 

アロマランプの注意点

ボトルを開封したら半年~1以内に使う

  • 柑橘系は変色が早く、開封したら半年以内に使うようにしてください。他のものに関しては1年以内に使うのがベストです。

精油を直接肌につけない

  • オイル(精油)はかなり濃い原液だと思ってください。肌の弱い方が直接付けてしまうと、肌荒れの原因になってしまいます。

精油を飲まない

  • 精油は飲み物ではありません。小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では、子供の手が届かない場所に保管するようにしましょう。

妊婦さんへの使用について

  • 基本的には直接肌に塗ったりすることはやめましょう。ちゃんとしたガイドラインがないのも問題ですが、妊婦さんは精油だけでなく、身体に塗ったり、入ったりするものには最新の注意をはらってください。

オイルランプのまわりにはいろいろ置かない

  • オイルランプ自体がかなり熱くなります。ものによっては電球ではなく実際に火を使うものもありますので、まわりには引火しやすいものは置かないようにしましょう。

オイルランプからあまり離れない

  • オイルランプを使うときは、絶対に使っていることを忘れないようにしてください。とくに火を使うタイプのオイルランプは注意が必要です。

※上記の「アロマランプの注意点」は一部All Aboutより引用しています。

 

まとめ

アロマテラピーが趣味の女性が年々増えてきています。ホワイトデーのお返しにはアロマランプなんてどうでしょうか。

プレゼントがきっかけで、アロマテラピーを始めるきっかけになるかもしれないので、いいお返しだと思います。

オイル(精油)の選び方は身近に感じるハーブ系や柑橘系、フローラル系がオススメです。もし気にってもらえなくても、一緒に選びにいこうとデートに誘ってみるのもいいでしょう。