読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

スタジオジブリ30周年記念10月9日「思い出のマーニー」テレビ初登場!あらすじを確認

スポンサードリンク

夏にもジブリ祭りがあり、「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」や「平成狸合戦ぽんぽこ」が金曜ロードショーで放送されました。今回はなんと「秋ジブリ」と題して2週連続金曜ロードショーでジブリ映画が放送される事がきまりました。

しかも、10月2日には久しぶりに「ハウルの動く城」、そして翌週の10月9日にはテレビ初登場となる「思い出のマーニー」が放送されるそうです。

 「ハウルの動く城」のあらすじ

f:id:sonotanet:20150918165457p:plain

http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4904781.html

帽子屋の少女ソフィーは、兵隊にからまれていた所を魔法使いのハウルに助けられる。 しかしハウルも、彼をつけ狙う"荒地の魔女"に追われているところだった。 その夜、ソフィーは魔女の呪いで老婆にされてしまう。 帽子屋に居られなくなったソフィーは、荒地で不思議なカカシのカブを助け、彼が連れてきたハウルの動く城に出会う。
城のカマドには火の悪魔カルシファーがいた。 彼はハウルとの契約に縛られて、こき使われている。城を動かしているのもカルシファーの魔力だ。 彼はソフィーに、ハウルとの契約の謎を解いて自由にしてほしいと頼んでくる。 ソフィーは城の掃除婦になるとハウルに言って、そのまま城に住むことになる。

ハウルの動く城 - Wikipedia

この物語は最初から最後までファンタジーなお話になっていますから、そういう物語が好きな方にはもってこいの作品だと思います。そしてハウル(木村拓哉)の生き様や心の葛藤がかっこよく描かれています。ハウルの声が木村拓哉さんなんですけど、かなりはまっていますよ。

個人的にはソフィーの声が倍賞千恵子さんなのが少し気になります。嫌ではないのですがもう少しかわいい声でもよかったのではと思います。

 

「思い出のマーニー」のあらすじ

f:id:sonotanet:20150918165637p:plain

http://www.cinemawith-alc.com/2014/07/Marnie-02.html

アンナは心を閉ざした少女で友達もおらず無気力だと言われている。唯一の肉親だった祖母を幼少期に失い養親に育てられたが、祖母が自分を残して死んだことを憎んでおり、最近は養親の愛にも疑問を感じるようになっていた。アンナは喘息の療養のため海辺の町で過ごすことになり、そこで「これこそずっと自分が探していたものだ」と直感的に感じる古い屋敷を見つける。湿地屋敷と呼ばれるその屋敷は無人のはずだったが、アンナはその屋敷に長く住むという不思議な少女マーニーと出会い親友になる。

思い出のマーニー - Wikipedia

正直な話、私はまだこの作品を見ていないのでとても楽しみにしています。私同様まだ見ていない方が多い作品のように思えるので、放送当日は高視聴率が望めるのではないでしょうか。 

 

「思い出のマーニー」の作品背景・モデル

f:id:sonotanet:20150918165129j:plain

思い出のマーニー - Wikipedia

リトル・オーバートンのモデルとなったBurnham Overy。一番左の青い窓をもつ建物が湿地屋敷のモデル。

この小説の舞台は、イギリスのノーフォーク州にある海辺の村リトル・オーバートンであるが、この村は実在せず、同じくノーフォーク州にある海辺の村Burnham Overyがモデルとなっている。作者のジョーン・G・ロビンソンは生涯を通じてノーフォーク州との結びつきが強かったが、特に1950年からはBurnham Overyとの結びつきが強くなり、ジョーンと家族は毎年夏をその地で過ごした。この小説の着想もジョーンがこの海辺の村で体験したことが元になっている。

思い出のマーニー - Wikipedia

さすがジブリですね、どんな作品にもちゃんとモデルとなる場所や人がいました。ちょっと初めて見るのでかなり楽しみにしていたいと思います。録画して2〜3回見ようとも思っています。

 

関連記事

sonota.hateblo.jp

 

sonota.hateblo.jp