読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

おせち料理の歴史や伊達巻や栗きんとんなどの縁起の意味を確認!

スポンサードリンク

お正月の楽しみでもある「おせち料理」ですが、その一品一品にいろいろ意味合いがあるってご存知ですか?一年のはじめでもあるお正月から縁起の良いものを食べましょうという習慣が古くから日本では普通におこなわれていました。

最近では共働きの家庭が多く、なかなか手作りの「おせち料理」は作れませんが、今はお手頃な価格でネットで購入できることから、年々「おせち料理」をお取り寄せするご家庭が増えています。

そこでそんな「おせち料理」の歴史や意味をまとめ、ネットで有名な「おせち料理」を紹介したいと思います。

f:id:sonotanet:20151103145134j:plain

出典:仙台経済新聞

「おせち料理」の歴史や意味

「おせち料理」は、もともとは季節の変わり目の節句(節供)に神様にお供えした料理でしたが、正月が一番重要な節句であることから、やがて「おせち料理」といえば正月料理をさすようになりました。

引用:紀文のお正月

季節の変わり目の節句というと、五節句がありますね。カレンダーを見るとすぐにわかりますが、1月7日の人日、3月3日は上巳(桃の節句)、5月5日は端午、7月7日は七夕、9月9日は重陽の5つが五節句になります。どれも日本人なら知っている、おなじみの行事ですね。

 

おせち料理は年神様へのお供え料理であり、また家族の幸せを願う縁起ものの料理でもあります。五穀豊穣、子孫繁栄、家族の安全と健康などの祈りを込めて山海の幸を盛り込みます。

引用:紀文のお正月

お正月には、お仏壇にもおせち料理をお供えしますよね。海のもの、山のものがふんだんに盛り込まれた「おせち料理」は客観的に見ると、日本人の食へのこだわりと、繊細な味覚を合わせたひとつの芸術作品にも見えてきます。

そこでもう少しクローズアップしてひとつひとつの「おせち料理」に注目してみていきましょう。

紅白かまぼこ

紅白は祝の色

蒲鉾は「日の出」を象徴するものとして、元旦にはなくてはならない料理。紅はめでたさと慶びを、白は神聖を表します。

引用:紀文のお正月

「おせち料理」の定番メニューですね。これがないと始まりません。一番箸がすすんでたくさんあっても足りないくらい食べちゃいますね。

伊達巻

長崎から伝わったシャレた料理

江戸時代、長崎から江戸に伝わった「カステラ蒲鉾」が、伊達者(シャレ者)たちの着物に似ていたので伊達巻と呼ばれるようになったようです。また、昔は大事な文書や絵は巻物にしていたので、おせち料理には巻いた料理が多くあります。

引用:紀文のお正月

まぁもともとはお供えものなので、しかたがないのですが、「おせち料理」って子供にとってはあまりおいしくない料理なんですよね。その中でもこの伊達巻は子供に人気の料理です。

栗きんとん

豊かさと勝負運を願って

黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願う料理。日本中どこにでもある栗は、山の幸の代表格で、「勝ち栗」と言って、縁起がよいとして尊ばれてきました。

引用:紀文のお正月

「おせち料理」の中でも、子どものヒーロー的料理ですね。兄弟がいようものなら取り合いが始まってしまいます。この栗きんとんと伊達巻はすこし多めに買っておきましょう。

黒豆

元気に働けますように
「まめ」は元来、丈夫・健康を意味する言葉です。「まめに働く」などの語呂合わせからも、おせち料理には欠かせない料理です。

引用:紀文のお正月

あってもあまり食べませんが、ないとなんだか物足りなさを感じる微妙なポジションの黒豆です。食事中に食べるというよりも、食後に一粒ずつ食べることが多いですね。

昆布巻 

日本料理の必需品、昆布で健康長寿を
昆布は「喜ぶ」の言葉にかけて、正月の鏡飾りにも用いられている一家発展の縁起ものです。おせち料理には、煮しめの結び昆布、昆布巻となかなかの活躍です。

引用:紀文のお正月

日本料理にはかかせないのが昆布ですね。だしを取ってもよし、料理にしてもよし、しかも縁起物ですから、言うことない料理です。

田作り

小さくても尾頭付き
五穀豊穣を願い、 小魚を田畑に肥料として撒いたことから名付けられた田作り。片口鰯の小魚(ごまめ)を使った田作りは、関東でも関西でも祝い肴3品のうちの1品です。

引用:紀文のお正月

こちらは大人のお酒のおつまに最適な「おせち料理」です。飲みながら食べているといつの間にかなくなっています。

昔はこの田作りを食べながら田んぼに肥料としてまいていたかもしれませんね。

数の子

子宝と子孫繁栄を祈る
数の子はニシンの卵。二親(にしん)から多くの子が出るのでめでたいと、古くからおせちに使われました。正月らしい一品です。

引用:紀文のお正月

コリコリした食感が特徴の「おせち料理」では定番のメニューです。もともとは「かどの子」と呼んでいて、ニシンを「かどいわし」と呼んでいた名残だそうです。

えび

長生きの象徴
えびは、長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすることを願って正月飾りやおせち料理に使われます。おせち料理には、小えびを串で止めた鬼がら焼がよく用いられます。

引用:紀文のお正月

このエビが「おせち料理」に入っていると、かなり華がある「おせち料理」になり豪華に見えますよね。

 

9年連続楽天グルメ大賞受賞!「博多久松」

この「博多久松」の他にも「おせち料理」を扱っているとこがたくさんあります。しかも人気ランキングや価格、人数やジャンルからも検索が可能ですから、ご家族やお財布に合わせた「おせち料理」を見つけることができます。

しかも送料無料です。

お正月は1年の最初ですから、いい年初めにするためにも、少し奮発して、いい「おせち料理」を食べてもいいとおもいます。

f:id:sonotanet:20151103143500p:plain

出典:おせち特集2016新春

ご購入はこちらから:【博多久松】おせち特集2016新春

 

ディズニーオリジナル「おせち料理」

なんとディズニーからも「おせち料理」が発売されていました。ファンなら必ず手に入れたい逸品です。12月18日までが締切りなので、気になっている方は忘れないうに注文したほうがいいですね。

f:id:sonotanet:20151104113637j:plain

出典:ベルメゾンネット

ご購入はこちらから:ディズニーおせちセット2016年予約

 

まとめ

1年を通して、「おせち料理」を食べるのはこのお正月だけです。それぞれちゃんとした意味がある縁起のいい食べ物ですから、残さないようにして食べましょう。

しかもどれも栄養満点ですから、意外にダイエットにもいいかもしれませんね。でも食べ過ぎには注意しましょう。