SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

テレンス・リー容疑者とトクマ氏はどんな関係?公職選挙法違反の罰則は?

スポンサードリンク

7月に行われた参議院選挙で、

軍事評論家でありカメラマン、

作家としても活動している

テレンス・リー容疑者が公職選挙法違反で

テレンス・リー容疑者を含む3人が

逮捕されました。

 

逮捕された理由は、

政治団体「幸福実現党」から、

東京選挙区で出馬したトクマ(本名・椙杜徳馬)氏の

応援演説をした見返りとして、

関係者から会社役員を通して

5万円を受け取った疑いだそうです。

 

そこで気になるのが、

逮捕された3人の実名と、

なぜ受け取ってしまったのか。

 

受け取った理由をテレンス・リー容疑者は

曖昧にしていますが、

ツイッターで意味深なことを

つぶやいていいたので見てみましょう。

 

そして次に気になるのが、

公職選挙法違反の刑期。

5万円とはいえ、

違法なことには変わりはないので、

その辺も調べてみました。

トクマ氏って誰?

f:id:sonotanet:20160727133916j:plain

出典:http://goo.gl/QQvPzd

 

  • 出生名:椙杜 徳馬(すぎのもり とくま)
  • 生誕:1966年11月11日(49歳)
  • 出身地:東京都
  • 学歴:青山学院大学経済学部経済学科卒業
  • ジャンル:ロック
  • 職業:歌手・ミュージシャン
  • 担当楽器:ボーカル
  • 活動期間:1996年 - 現在
  • 公式サイト:http://tokma.jp/

 

引用:https://goo.gl/BAl6bt

 

白金小学校を卒業後、

1979年に青山学院中等部に入学、

そごの青山学院大学に入学、

いわゆる優等生です。

 

在学中にバンド活動を始め、

卒業後アメリカへ渡りますが、

挫折し帰国。

 

サラリーマンとしてトヨタ自動車に入社しますが、

音楽の道を諦められずに再び音楽活動を再開。

 

1996年にメジャーデビューを果たします。

 

政治との関わりが増えてきたのは、

2012年に許可もなく尖閣諸島に上陸したのが

きっかけと思われ、

このときは不起訴となったものの、

軽犯罪法違反で書類送検されたことに

政治的な問題意識を感じ、

政治家を志すようになりました。

 

その後、

2012年10月に幸福実現党青年局長に就任し、

11月7日に東京都知事選挙への立候補表明。

この後も、参議院選挙や種議員選挙に

出馬しますが落選に終わっています。

 

父方の曾祖父には、

防衛庁長官も務めた砂田重政氏。

 

父方の祖父には、

内閣事務官を務めた椙杜正太郎氏。

 

親族を見てみると、

政治に関わっていくことが

普通だったと思えますね。

 

テレンス・リー容疑者逮捕5日前ツイッターでのつぶやき

とてもお世話になった人がいる。

言葉に尽くせないほど世話になった。

その人から頼まれ事をされた。

不本意な事だけれども断れるはずがない。

結果、騒ぎに巻き込まれ蜥蜴の尻尾にされた。

恩義は恩義だけれども。。。

しかも世間様の批判は自分が一身に浴びると。

それでも貴方は我慢しますか?

引用:https://goo.gl/YRtAc2

 

f:id:sonotanet:20160727134056j:plain

出典:http://goo.gl/Rnhq3f

 

なんだか意味深ですね~

この文章だけを見ると、

公職選挙法に違反しているのを知っていて、

あえて5万円を受け取ったと取れます。

 

しかも、

「とてもお世話になった人がいる」とは

どう見てもトクマ氏のことだと思います。

 

この二人には一体

どんな過去や関係があったのでしょうか。

 

「不本意な事だけれども断れるはずがない。」

と言っているので、

昔テレンス・リーがトクマ氏に助けられたと

とるのが普通だと思います。

 

テレンス・リー容疑者とトクマ氏の関係性

 

テレンス・リー容疑者とトクマ氏との関係性は

明らかになっていませんが、

 

トクマ氏が逮捕されていないところを見ると、

トクマ氏よりも、

今回逮捕された一木昭克容疑者、

今井一郎容疑者のどちらかとの

関係性が深いと考えるといいかもしれません

 

しかも現金は一木昭克氏容疑者から受け取ったそうなので、

ここが一番つながりが濃いと考えます。

 

関係性としては、

今井一郎容疑者→一木昭克容疑者→テレンス・リー容疑者

の流れで5万円が渡ったそうです。

 

調べに対し、

一木容疑者と今井容疑者は容疑を認め、

テレンス・リー容疑者は否認しているということです。

 

公職選挙法違反の罰則は?

公職選挙法は第1章から第17章まで

事細かに法律で定められています。

その中で、今回のテレンス・リー容疑者の場合だと

以下の罰則に相当するとおもわれます。

 

1.当選を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもつて選挙人又は選挙運動者に対し金銭、物品その他の財産上の利益若しくは公私の職務の供与、その供与の申込み若しくは約束をし又は饗応接待、その申込み若しくは約束をしたとき。

 

2.当選を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもつて選挙人又は選挙運動者に対しその者又はその者と関係のある社寺、学校、会社、組合、市町村等に対する用水、小作、債権、寄附その他特殊の直接利害関係を利用して誘導をしたとき。

 

3.投票をし若しくはしないこと、選挙運動をし若しくはやめたこと又はその周旋勧誘をしたことの報酬とする目的をもつて選挙人又は選挙運動者に対し第1号に掲げる行為をしたとき。

 

4.第1号若しくは前号の供与、供応接待を受け若しくは要求し、第1号若しくは前号の申込みを承諾し又は第2号の誘導に応じ若しくはこれを促したとき。

 

5.第1号から第3号までに掲げる行為をさせる目的をもつて選挙運動者に対し金銭若しくは物品の交付、交付の申込み若しくは約束をし又は選挙運動者がその交付を受け、その交付を要求し若しくはその申込みを承諾したとき。

 

6.前各号に掲げる行為に関し周旋又は勧誘をしたとき。

引用:http://goo.gl/i1kdVC

 

 

テレンス・リー容疑者の行ったことは

これらに当てはまるので、

3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金が

課せられると思います。

 

まとめ

先日行われた参議院選挙で、

テレンス・リー用意者は、

関係者から5万円のお金をもらったとして、

公職選挙法違反で逮捕されました。

 

今回の逮捕で捕まった容疑者は他に、

一木昭克容疑者、

今井一郎容疑者の計3名になります。

 

罰則に関しては、

3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金が

課せられるでしょう。