SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

ドラフト会議2015の概要や新人選手の選択手順を猿でも分かるように解説

スポンサードリンク

毎年行われるドラフト会議ですが、選択条件や基準がわかりにくいという方もいると思いますので、ここでは今年からドラフト会議に注目しはじめた方のために、猿でも分かるように解説していきたいと思います。

f:id:sonotanet:20150929103231j:plain

出典:BIGLOBE旅行

ドラフト会議に選出される条件

日本国籍を取得している、日本のプロ野球球団と契約していない、中学生〜大学生までの野球連盟に加盟が認められた団体に在学している学生。

もっと分かりやすく言うと、ほとんどの学生がその対象になっていると考えて大丈夫です。基本的には、センバツや甲子園、大学野球で注目を集めた選手が中心になります。

 

ドラフト会議は「交渉権」を得る為の会議

球団が新人選手と契約するためには、新人選手選択会議(ドラフト会議)で、契約を希望する選手に対する選手契約締結の交渉権を獲得しなければならない。

よく勘違いをされる方もいらっしゃいますが、ドラフト会議で各球団の監督がクジを引いて喜んでいる姿を見ていると、入団決定と思ってしまうかもしれませんんが、実際は「交渉権」を得たという事になります。

ドラフト会議後、その選手と交渉し合意に至れば入団が決定するという事になりますが、そもそもそこで断る選手はいませんので、監督は大喜びするんですね。

 

ドラフト会議で指名してもらうには

日本高等学校野球連盟に所属する選手および全日本大学野球連盟に所属する選手は、それぞれの連盟からプロ野球志望届の提出者として公示されている選手に限り、選択することができる。

簡単に言うと、高校生や大学生が自分で登録をしなければいけません。そうしないとドラフト会議で指名されません。期間はだいたいドラフト会議の2週間前に締めきりになります。全ての学生が野球選手になりたいわけではありませんので、中にはプロ野球球団が指名したいのに、志望届けが提出されていない為に指名できない事もあるようです。実力がなくてもプロになりたい選手もいれば、実力があってもプロにはなりたくない選手もいて、まぁ全ての選手がプロになりたいとは思っていないという事ですね。

 

プロ野球球団が指名する順番

指名順を決定する「球団順位の逆順」とは、 その年度のセ・パ公式戦の球団順位に基づき、 優先権を獲得したリーグの最下位球団を第1順位、他方のリーグの最下位球団を第2順位、優先権を獲得したリーグの5位球団を第3順位とし、 以下、同様にして定まる順番。

リーグの優先権は、以下の順序で決定される。
 (1)その年度に行われた日本生命セ・パ交流戦で勝ち越したリーグ
 (2)その日本生命セ・パ交流戦の総得失点差の大きいリーグ
 (3)抽選

◎2015年はパシフィック・リーグが優先権を獲得

今年は パ・リーグは優先権を獲得しましたね。非常に重要な権利ですから、交流戦は違う意味で白熱した戦いになるという事ですね。

 

指名権を獲得した後の選手との交渉までの流れ

球団が選択した選手と会議の翌年3月末日までに選手契約を締結、支配下選手公示することができなかった場合は、球団はその選手に対する交渉権を失う。 ただし、日本野球連盟所属選手との交渉権は会議の翌年1月末日までとする。

ドラフト会議終了後は、当然各報道の記者達のインタビューや、書類を書いたり、引っ越ししたりと、選択された選手のご家族は慌ただしくなりそうですね。それでも自分の息子がプロ野球選手になるとなれば、そんな苦労はなんとも思わないとおもいますよね。選択された選手は、生活がガラリと変わる季節だから、いろいろ考えさせられる部分は少なからずあると思います。それでも希望や夢がつまっているプロですから頑張っていってほしいですね。

f:id:sonotanet:20150929123425j:plain

出典:癒(IYASHI)

 

新人選手選択会議[選択手順]

ここからは実際のドラフト会議でどういうふうに抽選が行われるかを、猿でもわかるように分かりやすく解説したいと思います。

■指名順(例)

球団
(球団順位の逆順)
   
1巡目 (入札・抽選)   (12球団同時入札)  
× × × × ×
 〃 (再入札・抽選)   (以下、全球団の選択が確定するまで入札・抽選を繰り返し行う)  
×
 〃 (再々入札)    
2巡目 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
3巡目 35 34 33 終了 32 31 30 29 28 27 26 25
4巡目 36 37 38   39 40 41 42 43 44 終了 45
5巡目 ・・・ 48 47   46

◎=単独指名、○=抽選当選、×=抽選外れ、数字=全体での指名順位

 

【1巡目】

第1巡目の指名は、「入札抽選」により行う。

  • 全球団が、選択を希望する選手名を同時に提出する。
  • 単独指名の場合はその球団の選択が確定。
  • 指名が重複した場合は抽選で決定する。抽選は「球団順位の逆順」で行う。
  • 抽選に外れた球団は再度入札を行い、指名が重複した場合は再度抽選で決定。
  • 全球団の選択が確定するまで繰り返し行う。

【2巡目以降】

第2巡目の指名は「球団順位の逆順」で行い、第3巡目の指名は「球団順位」で行う。以後交互に折り返しで指名する。

  • 全球団が「選択終了」となるか、選択された選手が合計120名に達したところで終了。ただし、国内の独立リーグ所属選手や外国のプロ野球選手を選択した場合は、その人数に含まない。
  • 各球団は原則として10名まで指名できる。ただし、他球団が10名に満たない人数で選択を終了することにより、全体で120名に達していない場合は、11人目以降の指名も可能。
  • 新人選手選択会議を終了した時点で選択された選手が合計120名に達していない場合、引き続き希望球団参加による「育成選手選択会議」を行う。

今年はパ・リーグが優先権を獲得していますから、順番はパリーグ→セ・リーグパリーグ→セ・リーグ…という順番になるという事で、これが基準の順番になります。次に「第1巡目の指名は、「入札抽選」により行う。 」と書かれていますので全球団が、希望する選手名を同時に提出し、重複したら抽選をします。この抽選も先ほどの順番で進められていきます。そして全ての球団が1巡したら2巡目に入ります。

この方法だと抽選をする度に選手を獲得できない球団も出てくるので、例えば、1位指名されるであろう選手は最初から諦めて、2番目、3番目、4番目の選手を最初に指名してくる方法もあります。そうやってなるべく良い選手を、少ない抽選で獲得していくのです。

あとは各球団で穴となり得る守備や攻撃などを補う上でも選んでくる選手は異なります。もすのごいピッチャーがいたとしても、その球団の投手陣が潤っていれば、もし獲得しても宝の持ち腐れになってしまうので、各球団はいろいろ考えながら選ぶ選手をきめてくるでしょう。

2巡目以降は上記の通り順番に抽選を行っていきます。やはり一番の見どころは注目選手が集まる1巡目の抽選だという事です。

 

まとめ

  • ドラフト会議は選手を獲得する為の「交渉権」を得る為の会議
  • ドラフト会議後、選手と交渉し話がまとまれば入団決定
  • 今年はパ・リーグが優先権を得ているためパ→セパ→セ→…の順番で抽選が行われる
  • 第1巡目の指名は、「入札抽選」により行い、指名が重複した場合は抽選で決定
  • 1球団10人まで獲得が可能

※上記の記事は「ドラフト」より引用させて頂いております。