読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

携帯電話の料金の値下げはいつから?政府が報告書をまとめた!

お役立ち方法
スポンサードリンク

2015年10月に安倍首相が携帯電話の利用料金の引き下げを命じたことで、NTTが検討することを明らかにしてからもう2ヶ月たちましたが、いったいいつになったら利用料金の値下げになるんでしょうか。

個人的には12月に入ったら値下げになるものだと思っていましたが、実際はそうあまくはなさそうです。

そこで、政府が報告書をまとめたというので、その詳細と、いつになったら携帯電話の利用料金が下がるのか、待っていてもしかたがないので、少し調べてみたので参考にしてみて下さい。

f:id:sonotanet:20151221180418j:plain

出典:ぱくたそ

政府がまとめた報告書の中身は?

大手通信各社に対して、十数万円に上るキャッシュバックについて、「高額な補助は著しく不公平」だとして、一部の利用者を優遇する販売方法を見直すこと、それに割安な通信プランを提供するいわゆる「格安スマホ」の利用者を増やす対策などが盛り込まれます。

引用:NHKニュース

確かに新規顧客を獲得することは大事ですが、長く同じキャリアを利用している方にとっては、今まではなんのメリットもありませんでした。

まぁまったくなかったわけではありませんが、微々たるものなのは確かですね。利用料金もガラケーのときと比べるとその差は歴然です。

家系への計帯電は料金の負担

総務省の調査では、二人以上のサラリーマン世帯の携帯電話の料金は、この10年でおよそ4,000円増えているんです。

引用:解説アーカイブス

確かにスマホにしたとたん料金がぐっと上がりましたね。確かガラケーのときだと、全部で4000円くらいで済んでいたのに、いまやもう2倍以上ですからやりきれません。

f:id:sonotanet:20151221180146j:plain

出典: 解説アーカイブス

ヘビーユーザーよりもライトユーザーにとっては、不利な扱いだと思います。データー通信料のプランも1GBがないのもおかしいですよね。1GBのプランだったら5,000円を下回るようなプランを発表してほしいものです。

 

携帯電話の料金の値下げはいつから?

f:id:sonotanet:20151221180518p:plain

出典:BUZZAP!(バザップ!)

これを受けて、大手通信各社は来月中にも具体的な値下げプランを公表する方針です。

引用:NHKニュース

来月というと2016年の1月ですね。

NTTdocomoでは家族で契約している利用者の割引を検討しているということですが、料金携帯はまだわかりません。

KDDIも通信料が比較的少ない子どもやお年寄りの利用者の割引を検討しているそうです。

ちなみにソフトバンクはなんと長期間利用している方向けの優待措置をとるとの話しです。

この3社の方針を見てもやっぱり、料金だけで言うとソフトバックが一歩リードしそうですね。NTTdocomoやauからソフトバンクへユーザーが流れていきそうな気がします。

 

まとめ

私の予想というか、皆さんもそう思われていると思うのですが、結局3社が同じような料金形態を発表して、若干ソフトバンクが安いという結果になると思います。

やっぱり利用者のことを一番に考えているプランを発表したところにユーザーが流れ込むのは必然だと思われるので、それを警戒しての料金設定にすると思います。

あとはユーザーの年齢層やスマホを何に使っているかで、選ぶキャリアが違ってくるだけだと思います。