読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

ホワイトデーに友チョコの最適なお返し方法は?意味も確認!

スポンサードリンク

最近ではお友達どうしでバレンタインでチョコレートを交換したり、貰ったりあげたりすることが多くなってきています。

しかしお友達どうしだからと言ってあまり安易にホワイトデーのお返しを考えてはいけません。

特に「あげなくてもいいかなぁ」とか「安いチョコでいっか〜」などと考えているあなたは注意が必要です。

女性というのは意識していなくても、あげたものよりも少しでもいいお返しをを望んでいます。

そこで、そのお返しの方法を、どんな貰い方をしたかによって考えていきましょう。

f:id:sonotanet:20151107161834j:plain

出店:Dr.Walletナビ

友チョコの最適なお返し方法

最適なお返しと言っても、何をお返ししたらいいかわかりませんよね。基本的な考えとしては貰ったものよりも少しだけいいものという考え方です。

しかし貰ったものって、そもそも金額もわからないという方は、貰った時にご両親ならなんとなくは分かると思うで、だいたいの相場を聞いておきましょう。

1:何気にもらった友チョコの場合

「はい、これあげる〜」と言われて貰った安いチョコ。そういうチョコでもちゃんとお返しをしましょう。こういう場合だったら、ホワイトデーシーズンになるとよくコンビニで売られている、ちょっと良く見えるチョコがあると思いますが、そのくらのチョコをお返しに選ぶといいと思います。だいたい500円くらいでしょうか。

あとはお返しではありませんが、お昼に食べるパンをごちそうしたり、相手が困っていることを手伝ってあげる程度でも大丈夫だと思います。

その際には「ホワイトデーのお返しね♪」と必ず一言添えましょう。何気にもらったものは何気に返すとさり気なくていいと思います。

2:親友レベルの友チョコの場合

お友達も大事ですが親友はもっと大事です。やはりここは気合いを入れてちょっと高いですが、有名ブランドの「ゴディバ」のチョコや「高級デパート」で売られているチョコを親友ですからね、ちょっと奮発して買ってもいいと思います。

3:手作りの友チョコだった場合

お菓子づくりが好きな友達から、手作りのチョコを貰う場合もあると思います。そういう時は、少しでもお菓子作りに興味があるのなら、お母さんに手伝ってもらいながら手作りチョコを作ってお返しすると、その後の会話もはずみ、いい友達関係が築けると思います。

もしもお菓子作りになんの興味もなかったら、やはり相手のお菓子作りに敬意を表して、それなりのお返しが必要になります。ブランドもののチョコレートを買ってお返ししましょうね。

 

お返しの意味を確認

ここで少し注意が必要になります。お菓子にはそれぞれ意味があるということです。これを知らないと後々勘違いされてしまう恐れがあるので、知っておく必要があります。

  • チョコレート:特別な意味はなし
  • マカロン:特別な人
  • キャンディー:あなたが好き
  • マシュマロ:あなたが嫌い
  • キャラメル:一緒にいると安心する

引用:ホワイトデーお返しの意味

引用:気になる情報局

こんな意味があるって知ってました?マシュマロはもともと、あなたを包みこむという良い意味だったのですが、いつのまにか、すぐ溶けてなくなる(長続きしない)という意味になってしまったそうです。

お友達どうしの場合は、やっぱりチョコレートが無難ですね。親友にはキャラメルとかマカロンでもいいと思います。キャンディーだと意味深な感じに取られるとまずいので、あげてもいいと思いますがオススメはしません。 

 

まとめ

男どうしだったらいいのですが、女性はなにかとこういうイベントには気を使いますよね。でもせっかくのお友達も、ホワイトデーが原因で仲が悪くなってしまう可能性もないとは言いきれません。「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、ひとりひとりのお友達を大事にしましょう。

もしお返しがイヤという方は、バレンタインでチョコレートをもらう前に、お返しができない理由を、丁寧に説明して分かってもらいましょう。

本当の友達だったらわかってくれると思いますよ。