読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

大根の持つ栄養価が美容と健康に効果あり!栄養を逃さない調理方法とは?

美容と健康
スポンサードリンク

大根料理と言えば、ブリ大根におでん、大根サラダにおろしにしてさんまと一緒に食べてもおいしいですよね。比較的水分の多い野菜ですがきゅうりとは違いとっても栄養価の高い野菜なんです。

f:id:sonotanet:20151111170713j:plain

出典:宮崎県漬物協同組合

大根の持つ栄養価とは?

大根のビタミンCの分布は平均しておらず、中心部より表面の皮のほうが約2倍も多く含んでいます。

葉の栄養のビタミンCも根の部分より多く含まれているほか、根には含まれていないビタミンA(カロチン)も、葉には多く含まれています。

さらに葉の部分には、ビタミンB1、B2、カルシウム、ナトリウム、リン、鉄などの成分を含み、まさに栄養豊富です。

引用:健康栄養高価効能

大根ってこんなに栄養素が含まれているんですね。ビタミンC・A、ビタミンB1・B2、カルシウムにナトリウム、リンや鉄。葉から根まで全ての部分に栄養素がふくまれているんですね。

他にも、食物繊維(リグニン)、ジアスターゼ、アミラーゼ、フラボノイドなどが含まれています。

これは間違いなく美容や健康にかなりいい野菜だということがわかりました。それではもう少し詳しく見ていきましょう。

 

美容や健康に最適な理由

大根はいったい美容や健康にどういった効果があるのでしょうか。

消化を助ける大根おろし

大根に含まれるジアスターゼは胃腸に良く、胃のもたれを感じたときに、大根おろしを食べると、スッキリと楽になります。

また、でんぷんだけでなく、たんぱく質や脂肪の消化も助けます。
焼き魚や焼肉に大根おろしが欠かせないのもこのためです。

また、胃酸の中和作用もあるので、ゲップ、胃のもたれ、胸やけなど胃酸過多の諸症状を改善してくれます。

引用:健康栄養高価効能

毎日の食事に大根を取り入れることにより、日々の胃の調子がよくなりそうですね。慢性胃炎など、常に胃の調子が悪い方には朗報ですね。

私は毎日晩酌はしますし、脂っこいものも大好きで、慢性胃炎とまではいきませんが、なんとなく胃の調子が悪いことが多かったのですが、日々の食事に大根を取り入れたら、かなり胃の調子が良くなりました。 

大根すげ〜!

大根に含まれているイソチオシアネートの働き

  • 消化液の分泌を促進し、血中にある脂肪の代謝を高める・・結果ガン体質が改善れる
  • 血小板の凝集を抑えて、血栓を防ぎ血液の流れをよくする・・免疫パトロール強化
  • 発ガン物質であるニトロソアミンの活性を低下させ、細胞の突然変異を抑制する
  • 傷ついた細胞の修復能力を高め、異常細胞(ガン化)の増殖を防ぐ
  • 肝臓の解毒代謝(シトクロームP450)に関わり、発ガンを阻止する
  • ガン細胞にアポトーシス(自然死)を働きかける

引用:西農APOレター

がん予防には最適な野菜のようですね。しかしここまですごいとは思いませんでした。こんなことを言われたら大根を食べずにはいられません。今すぐスーパーへ行って大根を買いましょう。

大根の酵素パワーでダイエット!

昔から「大根おろしに医者いらず」という言葉があるように、すりおろして食べる大根おろしには体に良く、薬効があるとされていますが、さらに、ダイエットとアンチエイジングにも効果があるのです!

引用:Ameba News [アメーバニュース]

アンチエイジングとは日本語で「抗老化」「抗加齢」などという意味があります。ようはいつまでも若くいましょうということですね。

年齢を感じさせない若さは女性なら誰でも望むことだと思います。そうしたものが大根ひとつで変わっていくなら、毎日の食事に取り入れないわけはないと思います。

 

栄養を逃さない上手な調理方法は?

大根が健康や美容にいいことはよくわかりましたが、ではどうやって料理すると一番栄養が取れるのでしょうか。

大根は加熱すると栄養価が壊れる!生で食べるのが一番

大根のイソチオシアネートと酵素、それにビタミンCも、加熱によって損失するので要注意。「酵素は48~53℃で壊れてしまうので、生で食べるのが原則です。大根の辛さが苦手なら、黒酢やみそ、みりんを少しずつ加えると食べやすくなります。

引用:フィッテ | FYTTE

なんと加熱すると栄養素が壊れてしまうんですね。これは重大なことです。ということは「生」で食べるのが一番体に大根の栄養素をダイレクトに取り込めるということですね。となると…

 

  • 大根サラダ
  • 大根の「つま」
  • 大根おろし

 

生での食べ方はこのくらいでしょうか、あまりバリエーションはないのですが、ドレッシングを変えたり、魚を変えたりすれば少しは増えますね。

大根の「つま」はよくスーパーでお刺身を買うとついてくるあの白くて細長い野菜です。桂剥きにしたあと切ったものがそれです。

まったく加熱料理に使わないのもどうかと思うので、作りながら生で食べるといいと思います。

みそなどの発酵食品を合わせる

酢、みそ、納豆、漬けものなどは、酵素を含む発酵食品。大根と相性がよく、辛みをやわらげてくれるほか、酵素の増強にも役立ちます。やはり酵素を含むにんじん、セロリ、きゅうりなどを合わせるのもおすすめ。

引用:フィッテ | FYTTE

野菜スティックで味噌をつけながら食べるのもいいかもしれませんね。そこににんじんやセロリ、きゅうりがあるとベストだと思います。

 

まとめ

大根にはビタミンC・A、ビタミンB1・B2、カルシウムにナトリウム、リンや鉄の他、食物繊維(リグニン)、ジアスターゼ、アミラーゼ、フラボノイドなどが含まれており、昔から大根役者と呼ばれているのは「当たらない」を病気に当たらないと言われているほど、大根には豊富な栄養素が含まれていて、健康はもちろんのこと美容にもいいことが分かりました。

特に発見だったのが「がん予防」に最低ということですね。その効果を最大限の発揮させる方法が「生で食べる」ということです。