読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

ペルセウス座流星群は見られるの?2015年8月13日の天気の予想

七夕
スポンサードリンク

夏の夜空と言えばペルセウス座流星群。寒い時期だと、いろいろ防寒具が必要だったり、寒さに我慢できずに途中で帰ってしまいいたりしますが、夏の時期だとそういう心配もないので、それでも羽織るものを1枚持って行けば済みますので、夏休みに家族で展望台や小高い丘などでテントを張ったり、寝袋の中から夜空を見上げたり、望遠鏡で覗いたりして楽しめる、思い出にもなる一夏のイベントとして定着しつつありますね。

f:id:sonotanet:20150723131323j:plain

出典:http://www.honda.co.jp/outdoor/knowledge/constellation/picture-book/perseus/

8月は、ペルセウス座流星群が極大を迎えます。月齢28なので、月明かりは全く問題なく観測できるでしょう。13日未明に注目です。ただし、極大が日本時間では昼間なので、ピークが見られるかどうかは微妙なところです。12日未明や14日未明もそれなりに活動は見られると思います。
世界的には、アメリカからカナダにかけて好条件で観測できるでしょう。
電波観測では,流星の対地速度が速いため,ロングエコーが多く観測される見ごたえのある流星群となりそうです。ただし、対地速度が速い故に、エコー数そのものは伸び悩むと思われます。例年、眼視観測ほどの顕著な活動グラフにはならないことが多く、眼視観測での活動規模指標となるZHRに換算して初めて全体像が見えてくると思います。電波観測では、日の出後も観測できますが、2015年は電波観測でも観測条件はあまりよくありません。
このほか、8月上旬は7月のみずがめ座δ流星群や、やぎ座流星群の余韻が残るでしょう。年によっては、5日頃までは活動が見られると思います。20日頃には、はくちょう座流星群の極大がありますが,その活動を顕著に捉えることはほとんどないでしょう。ペルセウス座流星群が終わると、流星数は減少の一途をたどり、月末頃には活動が落ち着くと思われます。

2015年 流星群観測展望

月明かりが気にならないくらいの好条件で見られますが、ピークが昼間というのが少し残念ですが、しかし13日はお盆休みと重なります。お父さんお母さんも仕事がお休みの方が多いと思いますので、是非お子さん連れで見に行ってみてください。

 

8月13日の夜明け前の天気の予想

さすがに今から8月13日の天気予報は発表されていないので、2013年、2014年の8月13日の天気を見て今年の天気を予想してみたいと思います。8月13日の天気予報が発表されましたら書いていこうと思います。

 

2014年8月13日の明け方の天気

f:id:sonotanet:20150723124339j:plain

出典:http://www.tenki.jp/past/2014/08/13/

昨年の8月13日は全国的に曇りの天気だったみたいですが、明け方の午前3時頃の天気は関東地方から東北地方にかけて少し怪しい天気ですが雨は降っていなかった模様です。

2013年8月13日の明け方の天気

f:id:sonotanet:20150723124735j:plain

出典:http://www.tenki.jp/past/2013/08/13/satellite/japan_near/

2013年は全国的に晴れの予報でしたが、関東地方だけは1日を通して曇りマークが付いていていました。

 

一概に2015年8月13日はどうと言い切れませんが、大雨という事は無いのかなぁと思います。もし晴れ間を見つけるのであれば、ちょっと旅行気分で1県くらいは移動した方がよさそうですね。

 

注意事項

  • 夜は夏でも冷えます(夜露で体が冷えます)。必ず長袖を準備しましょう.
  • 野生動物に注意。タヌキやイタチはよく見かけます(熊や鹿,猪など大型の動物情報にも注意)。
  • 私有地への無断立ち入りはダメ。大声もNG。そしてゴミは持ち帰りましょう。
  • 車で居眠り運転をしないよう計画的に移動しましょう
http://www.amro-net.jp/meteor-info/08_perseids_j.htm

近隣の住民の方がいらっしゃる場所もありますので、バーベキューをしながらとか、お酒を飲みながらの観測は絶対にやめ、ルールを守って観測しましょう。

 

ペルセウス座流星群の歴史

ペルセウス座流星群は少なくても2000年近くは継続して観測されている歴史ある流星群です。記録も紀元前から始まり、様々なところで記録に残っています。その量はかなり膨大なものになります。1862年前後はかなりの規模の活動が見られたようです。その後もZHR60前後の活動が安定的に観測されています。
1991年に日本やアジアでZHR350(IMO記録)のピークが通常時の極大より少し前に観測され、多くの人を驚かせました。その後、1992年も日本やアジアの各地で多くの出現が観測。1993年以降は徐々にこのピークによる活動は衰退し、現在では従前の活動が残るのみとなっています。
一方、ダストトレイル理論により、2004年にはZHR150付近の突発的な活動が予想され、予想通りの出現が観測されました。それ以外は例年通りの活動が安定してみられています。

http://www.amro-net.jp/meteor-info/08_perseids_j.htm

観測をするうえでこういう歴史的な事を勉強してから行くと、何気に見るのと、歴史を思い浮かべながらみるのとでは味わう感動が2倍、3倍に膨れ上がりますので、本を1冊読んでからとはいいませんが、ネットで調べるくらいはしておいた方がいいですね。そしてこの体験からお子様の自由研究の題材にするのもいいかと思います。

 

追記ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2015年8月13日の天気予報

もうすぐ ペルセウス座流星群が見られますね。さぁ運命の天気ですが、13日未明の天気ですが、台風が近づいてきたり、ゲリラ豪雨だったり、最近の天気は非常に不安定です。しかも13日未明の天気は曇りの様です。

しかし12日から活動はしているみたいですので。12日未明から観察してみるのもいいかと思います。

13日未明は非常に微妙な天気ですが、もしかしたら少し晴れ間がみえるかもしれませんので、少しの期待は持っておきましょう。

東京

8/11(火)8/12(水)8/13(木)8/14(金)8/15(土)8/16(日)8/17(月)
くもりくもり 晴れ 時々 くもり晴れ 時々 くもり くもり 時々 晴れくもり 時々 晴れ くもり 一時 雨くもり 一時 雨 くもり 時々 晴れくもり 時々 晴れ くもりくもり くもりくもり
33 / 25 34 / 26 33 / 25 33 / 26 34 / 26 33 / 26 33 / 25
- % 20 % 30 % 50 % 20 % 30 % 30 %
信頼度:- 信頼度:- 信頼度:C 信頼度:C 信頼度:A 信頼度:B 信頼度:C

関東・甲信の週間天気予報 - goo天気

 

まとめ

  • 今年は好条件での観測ができる
  • 2015年の天気は全国的に雨にはならないと予想
  • 曇りなら1県くらい移動すると晴れ間がでるかも
  • 観測する時はルールを守って観測しましょう
  • 歴史を勉強して行くと見方が変わってくる
  • 2015年8月13日未明の天気は曇りかも…