読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

スズキ燃費偽装26車種を確認!一番燃費の良い軽自動車って何?

政治・企業・自治体 お役立ち方法 自動車
スポンサードリンク

この問題、どんだけ続くんだよ~と思っている方は私だけではないと思いますが、今回またスズキから追加で不正に燃費計測された車種が見つかり、スズキからメーカーに供給された車種も含めると全部で26車種になることがわかりました。

そこで気になるのが、その全26車種ですね。この間新車でスズキ車を買った方は特に気になるところなので、まとめてみました。そして、これから軽自動車の購入を考えている方は、今こんな状態で一番燃費のいい車ってなんなのか気になるところですね。

f:id:sonotanet:20160601105401j:plain

出典:http://goo.gl/x4cHP9

スズキ燃費偽装26車種

該当される車をお持ちのご家庭は、すぐに購入された店舗へご相談に行きましょう。

しかし、中古で購入された方は、その店舗によって対応がまちまちだと思いますので、注意してください。

<対象車種> スズキ:14車種 OEM:12車種 合計 26車種

<軽四輪車> スズキ:8車種 OEM:11車種 軽四輪車計 19車種
スズキマツダ日産三菱
アルト 2014年12月22日発売 キャロル    
アルト ラパン 2015年6月3日発売      
アルト エコ 2011年12月13日発売 ~
2014年11月生産終了
キャロル エコ    
ワゴンR 2012年9月6日発売 フレア    
ハスラー 2014年1月8日発売 フレア
クロスオーバー
   
スペーシア 2013年3月15日発売 フレアワゴン    
エブリイ 2015年2月18日発売 スクラムワゴン
スクラムバン
クリッパーリオ
クリッパー
タウンボックス
ミニキャブバン
キャリイ 2013年9月20日発売 スクラム
トラック
クリッパー ミニキャブ
トラック
         

出典:http://goo.gl/YUNt6b

<登録車> スズキ:6車種 OEM:1車種 登録車計 7車種
スズキマツダ日産三菱
ソリオ 2015年8月26日発売     デリカD:2
イグニス 2016年2月18日発売      
バレーノ 2016年3月9日発売      
SX4
S-CROSS
2015年2月19日発売      
スイフト 2010年9月18日発売      
         
エスクード 2015年10月15日発売      
         

出典:http://goo.gl/YUNt6b

登録車とは、軽自動車の規格を超える大きさの自動車のことで、国土交通省の運輸支局、自動車検査登録事務所に登録した車を言います。ナンバープレートの色は白か緑で、道路運送車両法に規定されている、一般的には普通車と呼ばれる車のことです。

ニュースでは、全ての車種を法令通りに測定し直した結果、いずれもカタログの記載よりも高い燃費値が出ており、燃費を不正に操作する意図はなかったと言っていましたが、私たち消費者は???って感じですよね。

そんなわけないでしょ!と思うのが普通だと思いますので、これから消費者への対応が注目されると思います。

そして気になるのが、本当の意味で今一番燃費の良い車ってなんでしょうか。

気になったので調べてみました。

 

2016年6月現在の一番燃費の良い軽自動車って何?

普通車で言うならトヨタのプリウスが今一番燃費が良いのは言わなくてもわかりますが、軽自動車ではどの車が一番燃費が良いのでしょうか。

1位 スバル プレオ プラス 後期(MC後) 660cc(LA300F)CVT FF

f:id:sonotanet:20160601100410p:plain

出典:http://goo.gl/mr1rtW

車名スバル プレオ
型式LA300F
車両価格71万円
ボディタイプハッチバック
使用燃料レギュラー
ミッションCVT
駆動方式FF
排気量660cc
エコシステムアイドリングストップ
登録年月2014年07月
乗車定員4人
コメント:プラス 後期(MC後)

実燃費:24.34km/L
JC08モード燃費35.2 km/L
JC08モード燃費達成率:69.14 %

引用:http://goo.gl/mE4ETF

今年2016年創立50周年を迎えるSUBARUは、創立から車業界では独自の路線を歩んできました。

SUBARU自体はもう軽自動車の生産をやめてしまいましたが、ここへきてSUBARUの軽自動車の技術力の高さが証明されました。

そして同一車種の「スバル プレオ プラス 660cc(LA300F)CVT FF」も実燃23.45km/Lで2位の位置なのでオススメです。

これまでは、マツダのキャロル、スズキのアルトには及びませんでしたが、今回の燃費偽装が発覚したことにより、安心の1位を獲得しました。

マツダ、日産、三菱へは、供給した12車種について国の規定と異なる測定方法での燃費データが国に提出されていたというので、今回のランキングでは除外しました。

2位 ダイハツ ミラ 660cc(L275V)MT FF

f:id:sonotanet:20160601103245p:plain

出典:http://goo.gl/ThMMF2

車名:ダイハツ ミラ
型式:L275V
車両価格:75万円
ボディタイプ:ハッチバック
使用燃料:レギュラー
ミッション:MT
駆動方式:FF
排気量:660cc
登録年月:2010年04月
乗車定員:4人
車両重量:710 kg

実燃費:22.76km/L
10・15モード:燃費 24.5 km/L
10・15モード:燃費達成率 92.92 %

引用:http://goo.gl/NbAkcX

軽自動車大手のダイハツの松下範至専務は「これまできちっとやってきた。再確認して真摯(しんし)に対応する」と話し、燃費偽装を強く否定していました。

ダイハツもコアな客層が多いので、これからも紳士に取り組んでいれば、もっといい車を作れると思うので、頑張って欲しいですね。

「ミラ 660cc(L275S)MT FF L」や「ミライース 660cc(LA300S)CVT FF アイドリングストップ」もおススメです。

 

まとめ

今回この記事で紹介した燃費のいい車のランキングはあくまでも2016年5月現在で不正のないメーカーから選んでいます。

燃費不正が続いている車業界ですが、紳士に車と向き合っているメーカーもあります。やはりこれからは私たち消費者が先見の目を持っていかなければならない時代になっていると思います。

これからは今以上に一消費者でも車のことを学んでいかなければならないとわかりました。