SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

初心者が失敗しない赤リップのメイク方法がめざましテレビで紹介

スポンサードリンク

2015年11月27日放送のフジテレビ系列で放送されている「めざましテレビ」の「ココ調!」で初心者でも失敗しない上手な赤リップのメイク方法が紹介されていました。赤リップは色が強いために、ごまかしが出来ないのが、むずかしいところなんですが、メイクアップ講師の長野智香さんがとっても分かりやすく説明されていたのが印象的だったので紹介したいと思います。

f:id:sonotanet:20151128110909j:plain

出典: Locari(ロカリ)

赤リップの失敗しないメイク方法

文章で説明をすると少しわかりずらい部分があると思いますので、まずは順番に箇条書きで説明したいと思います。ここでは全体の流れをつかんで下さい。そうすることで細かいポイントがしっかり把握できると思います。

  1. ベースメイク
  2. 赤リップをメイクする
  3. 顔全体を赤リップに合わせて仕上げる
引用:30代40代のためのマンツーマンメイクレッスン 大阪

基本的にはこの順番でメイクすると失敗しにくいそうです。どういうことかというと、全体を仕上げてから赤リップをすると赤リップの強さに顔全体のメイクが負けてしまったり、合わなかったりしてしまうということです。

やはりいつもしているピンクのリップと赤リップとでは色の強さが違ってくるので、赤リップをしてから全体を仕上げるのがコツですね。 

 

初心者でも失敗しない赤リップのメイクするポイント1

とは言ってもせっかくの赤リップがうまく出来なかったら意味がありませんので、初心者でも失敗しない赤リップのメイクするポイントを紹介したいと思います。

f:id:sonotanet:20151128104750j:plain
まずは赤リップを唇の中心に直接乗せてから指でトントン外側に伸ばします。
そうすることで、色味の発色を強くしすぎずに、指の暖かさで馴染ませさせることができるので、発色の強い赤リップでも濃くなりすぎず、唇に馴馴染ませることができます。

f:id:sonotanet:20151128104948j:plain

引用:30代40代のためのマンツーマンメイクレッスン 大阪

赤リップが基準のメイクになるので、気持ちいつもよりは目元はナチュラルなメイクで、チークは少し濃い方ががいいかもしれません。それも自分なりに鏡を見ながら少しづつ時間をかけてメイクしてみましょう。

 

初心者でも失敗しない赤リップのメイクするポイント2

f:id:sonotanet:20151128112002j:plain

出典:Don't Mess with Mama

  1. コンシーラーやファンデーションで唇の色を消す 
  2. ペンシルライナーで輪郭をしっかり取る 
  3. カラーリップを塗って、ティッシュオフを2,3回繰り返す 
  4. お好みでグロスやリップバームなどで唇の表面を保護して出来上がり

ファンデーションで唇の色を隠し、赤リップを中央に塗ります。ブラシで、輪郭より2mm程内側の範囲に色をきちんとのせます。輪郭からはみださないように注意しながら指でたたき込んで色を唇全体へのばし、にじんだような発色に。

引用:Locari(ロカリ)

上記の写真のように指と筆で少しづつ広げながらも失敗しないコツですね。ベットリ付けるとあとが大変ですから注意しましょう。

基本的な仕上がりは赤いリップを薄く塗っていくイメージでいいと思います。

まとめ

メイクをする順番は…

  1. ベースメイク
  2. 赤リップをメイクする
  3. 顔全体を赤リップに合わせて仕上げる

メイクのコツは…

  • 赤リップを唇の中心に直接乗せてから指でトントン外側に伸ばしていく。

赤リップは大人女子でも女の子でも似合うのがいいですよね。そえぞれの年代に合った赤リップメイクをすれば、イマドキの印象的な雰囲気になると思います。

赤リップしたいけどいまいち勇気がでないという方も、外出しなくてもお休みの日に出かけなくても時間をかけてメイクの練習をしてみるのもいいと思います。

どんな人でも1回でうまくできるひとはいません。みんな練習に練習を重ねてメイクが上手くなっていくんですよ。