SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

丸山桂里奈リオ五輪代表に招集される可能性とゲン担ぎについて

スポンサードリンク

よかった〜と一安心しました。サッカー女子日本代表なでしこジャパンの元メンバーの大阪高槻所属のFW丸山桂里奈選手が、17日のツイッターで現役引退は誤解だというコメントをしました。

ツイッターの内容を見ると、完全に「引退」するんだと思えるような内容だっただけに、ビックリしました。

本人のブログでは「言葉が足りなかったり、気持ちだけで動いてしまう部分がありいつもブログやTwitter等でご迷惑をお掛けすることがありますが、充分に気をつけたいと思います。」とコメントを残していました。

そんな丸山桂里奈選手ですが、いろいろゲンを担ぐ性分らしく、そのひとつに2012年に行われたロンドン五輪の予選で勝負パンツ予選をしていたというので、詳しく見ていきたいと思います。

f:id:sonotanet:20160118230100j:plain

出典:Powered by Amebaの画像

丸山桂里奈はリオ五輪代表に選ばれるか

まずは、なでしこジャパンに招集されなければパンツ予選もできませんから、丸山桂里奈選手の過去の代表歴から、どれだけなでしこジャパンに必要な存在かを見ていきましょう。

日本代表 国際Aマッチ

  • 2002年:出場5・得点0
  • 2003年:出場11・得点6
  • 2004年:出場11・得点3
  • 2005年:出場3・得点0
  • 2006年:出場9・得点1
  • 2007年:出場1・得点0
  • 2008年:出場17・得点3
  • 2009年:出場2・得点0
  • 2010年:出場0・得点0
  • 2011年:出場8・得点1
  • 2012年:出場5・得点0
  • 2013年:出場4・得点0
  • 2014年:出場2・得点0

通算:出場79・得点14

引用:Wikipedia

2015年のサッカーワールドカップ女子カナダ大会ではメンバーから外され、東アジアカップでも代表入りはなりませんでした。

東アジアカップでは、若返りを計り4人に新メンバーが招集されたことが、丸山桂里奈選手が外れた原因かもしれません。

佐々木監督はこの東アジアカップで招集したメンバーに「最低でも3分の1は(リオ五輪のメンバーに)関わってもらいたい」とコメントしていることから、まだまだリオ五輪代表メンバーは本決まりではない様子でした。

このことからも丸山桂里奈選手が代表入りする可能性はまだあると感じています。

そして東アジアカップでの惨敗、なでしこジャパンは、メンバーの総入れ替えも視野に入っていると思います。

 

丸山桂里奈のここぞというときのゲン担ぎ

スポーツ選手ならゲンを担ぐ選手は多いと思います。丸山桂里奈選手もいくつかゲンを担いでいるようなので、紹介したいと思います。

大事な試合には勝負パンツをはく!そのための勝負パンツ予選がある!

2011年9月4日の丸山桂里奈選手のブログで、ロンドン五輪のアジア最終予選の第3戦でオーストラリアと戦う時に、とっておいた勝負パンツをはいて試合に臨みました。

f:id:sonotanet:20160118182803j:plain

出典:丸山桂里奈オフィシャルブログ「マルカリトーレ」

もしも今回のリオ五輪のアジア最終予選で代表に選ばれれば、2011年のときとは違う勝負パンツで挑むことだと思います。

大阪の予選では、いろいろなパンツをはいて、一番調子の良かったときのパンツを、リオ五輪ではくと思います。

スパイクのヒモを通す方向が決まっている

この情報に関しては詳しい詳細は分かりませんが、ある一定の方向でひもを通して結んでいるようで、このほかにもいろいろなゲンを担いでいるそうです。

あまりありすぎると試合に出る時間に遅れちゃいそうですね。

 

まとめ

2015年は丸山桂里奈選手は、なでしこジャパンに招集されてはいません。しかし、昨年行われた東アジアカップの結果があまり良くはなかったので、丸山桂里奈選手が招集される可能性は十分にあると思います。

丸山桂里奈選手は独特なゲンの担ぎ方があり、ここぞというときにはく勝負パンツがあるそうです。オリンピックの予選ではオリンピックの大事な舞台ではくパンツを選ぶためのパンツ予選があるそうです。