読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

藤岡弘主演の映画「仮面ライダー1号」あらすじやキャストと主題歌は?

スポンサードリンク

俳優の藤岡弘さんが、仮面ライダーシリーズの45周年を記念して作られた映画「仮面ライダー1号」の主演を務めることになりました。配役はもちろん本郷猛役です。仮面ライダーシリーズと言えば最近は主役の役者さんが超イケメンとうことで、世の子どもを持つお母様方からかなり人気がありますが、今回の「仮面ライダー1号」は完全にお父さん世代がターゲットですね。

藤岡弘さんは企画段階から参加して、5カ月もの間、何度も何度も製作陣とやり取りを重ね、ともに脚本を作り上げたというので、かなり力の入った作品になっています。

しかも仮面ライダー1号のビジュアルも当時とは違い、今風にかっこよくアレンジされているので、かなり強そうに見えます。

そこで、藤岡弘主演の映画「仮面ライダー1号」のあらすじや気になるキャスト、主題歌はだれの曲になるのか可確認していきましょう。

映画「仮面ライダー1号」あらすじ

youtu.be

f:id:sonotanet:20160128153630j:plain

出典:ねとらぼ

仮面ライダー1号 / 本郷猛は、ショッカーの手によって改造人間にされてからの45年間、人間の自由を守るために世界各地で戦い続けてきたという設定。

1人の少女の危機を知り急遽日本へ帰国。そこでショッカーが少女を狙う理由を探っていた仮面ライダーゴースト / 天空寺タケルやその仲間たちと出会う。

引用:映画ナタリー

仮面ライダー1号と仮面ライダーゴーストが協力してショッカーを倒すというシナリオですね。ショッカーが出てくるということは、死神博士や地獄大使も出てくるんでしょうか。

そして鍵を握るこの少女はもしかして月村アカリでは…しかし少女となると小学生か中学生くらいのイメージがあるので、どうなんでしょうか。

そして、 本郷猛が日本に帰ってきた理由もきになるところです。そこには少女との因果関係があると思われるので、気になるところですね。

 

映画「仮面ライダー1号」のキャストは?(予想)

動画では、天空寺タケルの姿が確認できたので、確実に出てくるのですが、他の出演者は誰が出演するのでしょうか。まだ正式には発表されていませんので、予想をしてみようと思います。

仮面ラーダーゴースト

  • 天空寺タケル:西銘駿
  • 月村アカリ:大沢ひかる
  • 深海マコト:山本涼介
  • 御成:柳喬之
  • アラン:磯村勇斗
  • 仙人:竹中直人

仮面ライダーゴーストに関しては上記のキャストは必ず出演するでしょう。気になるのはそれ意外のキャスト陣なんですよね。

仮面ライダードライブ

  • 泊進ノ介:竹内涼真

仮面ライダー鎧武

  • 葛葉 紘汰:佐野岳

というキャスト陣と予想しますが、少なくとも、2〜3つ前の仮面ライダーの主役は出演すると思います。そして、みんなが協力してショッカーを倒すというパターンがいつもですが、それだけだとなんだか面白くないので、なにかしらのオリジナルのシナリオを挟んでくると思います。

そして最後は歴代ライダーが全員集合なんてこともあるかもしれませんね。

まだ正式に発表されていないので、あくまでも予想ですが、具体的に発表され次第追記していきたいと思います。

追記:キャスト決定

本郷猛:藤岡弘
立花麻由:岡本夏美
イーグラ:長澤奈央
月村アカリ:大沢ひかる
御成:柳喬之
シブヤ:溝口琢矢
ナリタ:勧修寺玲旺
ショッカー戦闘員:かもめんたる(岩崎う大・槙尾ユウスケ)
総理大臣:横光克彦
仙人:竹中直人
地獄大使:大杉漣

 

映画「仮面ライダー1号」の主題歌は?

こちらも気になるとろですが、仮面ライダーゴーストの主題歌が、氣志團の「我ら思う、故に我ら在り」という曲なので、引き続き氣志團という可能性もありますね。

こちらも具体的に発表され次第追記していきたいと思います。

追記…RIDER CHIPS「レッツゴー!!ライダーキック 2016 movie ver」

f:id:sonotanet:20160714101351j:plain

出典:http://goo.gl/1DIR1c

みなさんお馴染みのテレビ放送の

テーマソングをオーケストラバージョンで演奏し、

そこリアアレンジを施した傑作になっています。

 

まとめ

映画「仮面ライダー1号」あらすじは、ひとりの少女を助けるための戦い。

今のところ、キャストや主題歌の正式な発表がないので、発表され次第追記していこうと思います。

今回の仮面ライダーの映画はお父さんがターゲットになっていると思われるので、いつもはお母さん任せにしているお父さんも、今回は一緒に映画を見に行ってあげてもいいと思います。