読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

ジョジョの奇妙な冒険第4部がTVアニメ化決定!キャスト、放送日程やあらすじ、登場人物を確認!

スポンサードリンク

ジョジョの奇妙な冒険第3部、スターダストクルセイダースからいつ始まるかが気になっていた第4部のダイヤモンドは砕けないがTVアニメ化が決定しました。

そこで気になるのが放送日程やなんとなく覚えているあらすじ、登場人物の確認をしたいと思います。

第3部は日本から、旅をしながらその途中で表れるディオの使いを倒し、最後エジプトの首都カイロでディオを倒すという物語でした。

今度の第4部の物語の舞台は日本のM県S市杜王町を舞台にくりひろげられる物語で、第3部の壮大な世界をまたにかける物語とは一変して、日本の狭い中でのシナリオに読者もその展開にくぎ付けでした。

 

第4部「ダイヤモンドは砕けない」の放送日程

TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」は2012年10月から4月まで、第1部と第2部が放映。2014年4月から9月と2015年1月から6月にかけて第3部が放送された。第4部では日本のM県S市杜王町を舞台に、主人公・東方仗助とその仲間たちが、町中で起こる不可解な事件に立ち向かう様を描いていく。

引用:コミックナタリー

放送日程は2016年4月で決定! 

youtu.be

キャスト

  • 東方仗助:小野友樹
  • 広瀬康一:梶裕貴
  • 虹村億泰:高木渉
  • 岸辺露伴:櫻井孝宏
  • 空条承太郎:小野大輔

jojo-animation.com

第4部「ダイヤモンドは砕けない」のあらすじ

エジプトでのDIOとの決戦から10年以上の月日が流れた1999年。日本のM県S市杜王町(もりおうちょう)で、そこに住む高校生広瀬康一の視点と語りによって物語は始まる。

承太郎は康一に東方家の場所を尋ねるが、そこで偶然にも不良学生に絡まれていた仗助を発見する。当初は腰が引けていたが髪型を侮蔑された怒りでスタンドを発現し、不良学生を撃退した仗助に承太郎は驚く。

引用:ダイヤモンドは砕けない

ここまでが第1話で放送される内容だいと思います。この物語のキーになるのが「弓と矢」です。それをめぐり物語が二転三転するのがおもしろいんですよね。 

基本的には仗助、億泰、康一の3人が中心になって物語が進んでいくんですが、それぞれ見劣りしない行動や性格が物語に反映されいてハラハラドキドキの展開が終始続きます。

簡単に言うと吉良吉影という殺人鬼をその3人が追い詰めていくというサスペンス的なシナリオで、そこに「スタンド能力」と「弓と矢」を絡めたものと思っていいですね。さすが荒木飛呂彦さんと言うべきでしょうね。第3部に引けを取らないかな~り面白いシナリオです。

 

第4部「ダイヤモンドは砕けない」の登場人物

東方 仗助(ひがしかた じょうすけ)

f:id:sonotanet:20151024233313j:plain

出典:バンダイナムコゲームス公式サイト

本作の主人公。身長180cm(初登場時185cm(成長中)と記載されていたが後に180cmとなった)。双子座。爬虫類が苦手(特に亀)。第4部のJOJO。ジョセフの隠し子で、血縁上は承太郎の叔父。スタンドは触れたものを直す「クレイジー・ダイヤモンド」。

引用: Wikipedia

いたって普通の高校生ですが、見た目から不良グループに絡まれることが多いです。口ぐせは「グレート」。ジョセフジョースターと愛人の間に生まれた子供で、ジョセフも知らなかったのですが、遺産を整理しているときに発覚し、急きょ丈太郎が仗助のもとを訪れたのがきっかけで物語が始まります。

 

広瀬 康一(ひろせ こういち)

f:id:sonotanet:20151024234115j:plain

出典:電撃

仗助の同級生。今作の語り部。1984年3月28日生まれ。牡羊座。設定上の身長は157cmだが、作中ではそれより低く描かれている。両親と姉との4人暮らしで老犬ポリスを飼っている。当初は一般人だったが、虹村形兆にスタンドの矢で射抜かれスタンド使いとなる。

引用:Wikipedia

この物語の一番の被害者といっていいでしょう。たまたま黄金の矢に射抜かれてしまったことでスタンドが発動し物語が進んでいきます。

スタンド名は「エコーズ」、act1~3まで戦いの中で成長します。スタンド能力自体に破壊力はありませんが、文字を具現化し相手に貼り付ける能力や、最終的には相手を一発殴ると相手の重さが重くなるなどの特殊能力で様々な敵と戦ていきます。

 

虹村 億泰(にじむら おくやす)

f:id:sonotanet:20151025111014j:plain

出典:電撃

物語序盤は敵スタンド使いとして登場。DIOの手下だった父親が彼に植え付けられた肉の芽の暴走によって怪物と化し、弓矢で「父親を殺せるスタンド使い」を産み出すという兄の手助けのため仗助と戦ったが彼に助けられ改心し、それ以降は親友となる。

引用: Wikipedia

私が一番覚えているのが、「トラサルディー」というイタリア料理店へ仗助と一緒に行った時の話です。当然そこのシェフは当然スタンド使いなんですが、出された料理を最初に億泰が食べると、仗助の目には億泰の身体が異常をきたしている姿がうつります。

これはおかしいと仗助はシェフが新手のスタンド使いとを判断して調理場に向かったのですが、そのシェフはスタンドを使って食べた人の身体を治していくという、いいスタンドだったという話がおもしろかったのを覚えています。

闘いがメインの漫画ですからこういう話は印象に残っています。

 

小林 玉美(こばやし たまみ)

f:id:sonotanet:20151025113904j:plain

出典:RENOTE

仗助たちの高校のOBで、ゆすり屋。身長153cm(ただし、初登場時は仗助たち程とはいわないまでも長身で6頭身以上あったが、回を追うごとに身長が縮んでいった)。乙女座。20歳。口の左に十字型の傷がある。

虹村形兆のスタンドの矢で射ぬかれスタンド使いになり、その能力を使って康一とその家族をゆすり、破滅させようとしたが、康一のスタンド「エコーズ」に倒されて改心し、一方的に彼の舎弟になる。

引用:Wikipedia

スタンド名は「ザ・ロック」、人型ではなく南京錠型をしたスタンドです。相手の罪悪感に飛び込み精神的に追い込むという少し変わったスタンド能力です。

しかし罪悪感のない者には一切効かないという弱点もあり、その場合、自動的にスタンド能力が解除されてしまいます。

私の印象だと、「ゲゲゲの鬼太郎」に出てくる「ねずみおとこ」みたいな存在で、悪賢く、抜け目がない印象です。

 

吉良 吉影(きら よしかげ)

f:id:sonotanet:20151025115454j:plain

出典:電撃

手の綺麗な女性を48人殺してきた連続殺人鬼。本作の最終的な敵。スタンドは爆弾に関する能力を持つ「キラークイーン」。スタンド名は、『オールスターバトル』の北米版では"Deadly Queen"(デッドリークイーン)と改名されている。

引用:Wikipedia

普段はいたって普通のサラリーマンと装っていますが、その本性は「殺人鬼」。極度に目立つことや争いを嫌い、小さい時にとった賞状は全て1位がないほど、能力はあるののわざと1位をとらないなどと徹底されています。

 

他にも前作から空条承太郎やジョセフ・ジョースターなどが出演していて、新しいキャラクターは間田敏和(はざまだ としかず)、山岸 由花子(やまぎし ゆかこ)、静・ジョースター(しずか・ジョースター)、矢安宮 重清(やんぐう しげきよ)、辻 彩(つじ あや)、噴上 裕也(ふんがみ ゆうや)など上げればきりがないほどのキャラクターが登場します。

前作に続き、闘いの緊張感や謎解きがちりばめられていてとても人気の作品です。