読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

小学校の入学式の服装、袴デザインランキング2016[男の子編]

入園・入学・就職
スポンサードリンク

男の子の小学校の入学式の服装というと、一番ベターなのはスーツ姿ですよね。ですが最近では袴を着て入学式に出席する子どもも少しづつですが多くなってきています。

私も自分の子どもの入学式で実際に袴を着て出席した子どもがいたのですが、けっこういい感じで決まっていました。子どもは何でも似合うので、とっても可愛く見えました。

そこで2016年の入学式で子どもに袴を着させたいお父さんお母さんのために、ランキング形式で袴のデザインを紹介したいと思いますので、参考にしてみて下さい。どの袴も個性的で一生の想い出になると思います。

袴を選ぶ時の注意点ですが、七五三ではないので、刺繍バッチリの袴はやめておきましょう。色も少しお抑えめの方がいいと思います。目立つ以前に場違いな雰囲気を出してしまいます。買うとそれなりの値段になるので、できればレンタルのをおススメします。

1:シンプルだけどかっこ良く決まる紋付袴

日本人なら一度は着てみたいオーソドックスな紋付袴です。ピシっとネクタイをすると子どもに取っては首元が少し締め付けられて窮屈だと思うので、袴ならそういうことはありません。ゆったり着れて意外と動き回れます。

f:id:sonotanet:20151116113925j:plain

出典:黒紋付・黒無地の正統派キッズ着物

 

2:派手すぎず落ち着きすぎないイマドキの袴

ストライプの中には恐竜のシルエットが描かれています。昔ながらの刺繍もいいのですが、こういう刺繍やシルッエットが描かれていると子どもが喜びそうですね。

中の着物がカラフルになっていますが、アクセントとしてカラフルな色が入ってるだけで、他とは違う見栄えのする袴になります。

f:id:sonotanet:20151116115005j:plain

出典:Yahoo!ショッピング

 

3:昭和を感じさせれレトロな袴

今だからこそ着て欲しいモダンな紋付袴です。昔の写真を見るとこういう袴を着た方がけっこういますよね。子どもが着るとぐっと可愛さが際立ちます。

写真のようにカンゴールハットをかぶればもう昭和の偉人さんです。

f:id:sonotanet:20151116124436j:plain

出典:七五三衣装 - 大須キモノガール

 

4:刺繍が施されているけど目立たない袴

実際に龍の刺繍や兜、鳳凰や波の刺繍がされているのですが、そこまで目立たないものを選ぶと、さり気ない刺繍が入学式でも注目を集めると思います。

下の写真だとモノトーンな感じなのですが、地味さは一切なく、お殿様のようにも見えます。

f:id:sonotanet:20151116125516j:plain

出典:おべべほほほ【ポンパレモール】

 

5:羽織をカラフルにした羽織袴

下の長着や伊達衿はシンプルにして、羽織をカラフルにするだけでも、いい感じにまとまると思います。全面に刺繍が入っていると入学式には適さないと思うので、せめて羽織の半分くらいの刺繍だったらいいと思います。

カラフルな羽織でもグラデーションになっているものだと、さらにいい感じになると思いますよ。

f:id:sonotanet:20151116131153j:plain

出典:おべべほほほ【ポンパレモール】

 

まとめ

小学校の入学式は親にとっても、子どもにとっても一生に一度だけです。世間体を気にしすぎて、あとで後悔しないためにも、袴をどうしても着させたいのであれば、入学式に袴を着ても全然大丈夫だと思います。

ちょっと恥ずかしくても入学式は半日もあれば終わってしまうので、想い出に残すためにも袴を着ることはいいことだと思います。

七五三と同じように写真を撮っておくといいでしょう。