SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

言ったら離婚!?妻への禁句TOP10と仲直りできる謝る方法は?

スポンサードリンク

夫婦というのは喧嘩がつきものです。その喧嘩の理由は様々。いつもは何にも気にしない事でも、お互いにあまり機嫌の良い日じゃないと、夫婦喧嘩開始!なんてことよくありますよね。

夫婦喧嘩でついつい言ってしまう言葉も、普段そんなこと全然思ってもいないのに、何かの拍子に酷いことを言ってしまうこともありますよね。

しかし、あまり酷いことを言ってしまうと、離婚にまで発展してしまう事もあるようです。そこで、世間の夫が注意すべき、妻への「禁句ワード」を発表したいと思います。

そして、言わなきゃよかった~と後悔されている方のために、仲直りできる謝る方法をまとめてみました。

f:id:sonotanet:20160316222657j:plain

出典:ぱくたそ

言ったら離婚!?妻への禁句TOP10

  • 1位 お前と結婚して大失敗! 290pt
  • 2位 お前も(もっと)稼いでこい/オレはお前の財布じゃない! 160pt
  • 3位 子供がいなければ絶対別れている! 151pt
  • 4位 メシが不味い! 142pt
  • 5位 もっと夫に感謝しろ! 84pt
  • 6位 だらしなくぶくぶく太るな! 56pt
  • 7位 文句(贅沢)ばかり言うな! 50pt
  • 8位 家でゴロゴロばかりしているな! 42pt
  • 9位 無駄遣いばかりするな! 35pt
  • 10位 ちゃんと化粧くらいしろ! 29pt

ж18の項目から1~3位を選択してもらい、1位=3pt、2位=2pt、3位=1ptとして集計。協力/アイリサーチ

引用:R25

1位の「お前と結婚して大失敗!」はぜ~たいに言わない方が良さそうですね。というか言ってはいけませんね。

これを言ってしまったらもうフォローしようがありません。

3位の「子供がいなければ絶対別れている!」も離婚に匂いがぷんぷんします。4位から下は普通の夫婦喧嘩でもよくある言葉で、まだなんとか謝れば修復できそうな言葉ですが、夫婦喧嘩のときってついつい言ってしまうんですよね。

妻にとっての良い父親とは、仕事を頑張っている父親ではないんですよね。一緒に家庭を守っていくことが良い父親なんです。

疲れて帰ってきても、お皿をあらったり、子どもをお風呂に入れたり、どちらかというと、仕事よりも家のことを熱心に頑張っているご家庭の方が、良い家庭に見えます。

とは言うものの、あまり喧嘩が酷くならないように言ってしまいそうになったら、グッとこらえることも大事だと思います。

でも言ってしまった言葉って、ほとんど後悔することがほとんでなんですよね。言った直後に「やべっ!」って思うことばかりです。

女性の方も喧嘩のときに夫から言われた言葉はあまり気にしない方がいいと思います。単純に、「売り言葉に買い言葉」で言ってしまった言葉がほとんどですから。

 

仲直りできる謝り方 1

相手に「理解・共感」を伝える

相手の主張の中に少しでも理解できるものがみつかれば、その共感を相手に伝えることが、「雪解けの第一歩」です。時間をおいてお互いが冷静になったところで、改めてきりだすのがいいでしょう。

引用:All About

相手の主張の背景を考えて、本当に言いたいことを理解して受け入れて話すといいでしょう。

相手が「そうそう、それが言いたかったのよ!」という「背景」を理解することで、相手もこちらに一歩歩み寄った態度をとるはずです。

相手は「理解してくれようとしてくれた」という事実だけでも大きな意味をもちます。あくまでも相手の発言そのものを理解するのではなく、その「背景」にある気持ちを理解することが重要です。

また同じことで喧嘩になっても、相手のその「背景」を理解していれば、そこまで大きな喧嘩にはならないでしょう。

相手は「分かってくれると思っていた相手」と意見が食い違ったときに酷くショックを受け、喧嘩のきっかけになります。

もし今は喧嘩したくないなぁと思ったら、少し歩み寄った意見をしてみてはどうでしょうか。

 

仲直りできる謝り方 2

素直に謝るのが一番効果的

何はともあれ素直に謝るのが一番効果的です。ですが夫婦喧嘩の最中に素直になるのはむずかしいので、一人になって少し考える時間が必要です。

謝るとき、あれこれ理由をくっつけすぎると、また夫婦喧嘩のもとになってしまうので、余計なことは一切言わずに謝るのがコツです。

もし言いづらければ、メールでもいいと思います。それが続けばお互いの謝り方にもなっていき、夫婦喧嘩してもすぐに仲直りできる家族になります。

もし、自分の方が悪いなぁと思ったら、ちょっとしたプレゼントやスキンシップもいい効果だと思います。

それぞれ得手不得手がありますから、自分ができる範囲でいいでしょう。

夫婦だから喧嘩って深刻になりがちなんですよね。しかしそれはお互いにまだなんとかしたいという気持ちがあるからです。

そうでない家族は仮面夫婦です。

夫婦喧嘩したことで、落ち込むのではなく、また一歩深い家族関係が築けるきっかけになったと、前向きにとらえれば、10年、20年、30年と変わらず仲の良い夫婦でいられると思います。

 

まとめ

夫婦喧嘩をしてしまうのはどこの家庭でも一緒です。喧嘩の最中はあまり酷いことを言わないように、我慢できる範囲で、ほどほどにしましょう。

仲直りの方法はまず、相手の立場に立って、本当に言いたいことの「背景」を考えましょう。

相手の抱いている主張の「背景」に対して、理解と共感を示すことがポイントです。

あとは素直に謝るのが一番効果的だと思います。