SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

年賀状を元旦に届ける投函期限や遅れて上司に出す時の例文や最終必着日

スポンサードリンク

2016年は申年ですよ〜キーキーのお猿さんです

年賀状は日頃お世話になっている方や、普段会わなくても年賀状を通じて近況報告をしたりと、送る人や送られる人によりその内容ははさまざまです。それでも毎年のことなので、送れては相手に失礼にあたると思って、みなさん元旦に届くように書きますよね。

そこで、具体的にいつまでに年賀状を投函すれば元旦に届くのかや、こちらが送っていない上司から年賀状が届き、遅れて出す場合の例文や具体的にいつまでに年賀状を出せばいいのかをまとめてみましたので紹介したいと思います。

f:id:sonotanet:20151023135150p:plain

出典:いらすとや

年賀状を元旦に届けるための投函日

郵便局の年賀状に関するリリースにもある通り、 毎年12月25日(今年は金曜日)が確実に元旦に届けるための期日になっています。ですので1月1日に 相手のもとに配達されることを希望するなら12月25日内に回収前のポストに投函するか、郵便局の窓口に持って行きましょう。

引用:いんさつどっとねっと

よく郵便局にいくと年賀状受付の箱があり、そこに入れておくと元旦にとどきますよね。普通に期限内だったら普通にポストに入れても大丈夫なのですが、少し心配な方は地域の本店の郵便局へ行って、輪ゴムでまとめて止めてその箱に入れておきましょう。

でも12月26日〜28日でも郵便局は元旦に届くように頑張ってくれていますが、遠方にはむずかしいようですから、なるべく25日までに投函しましょう。

しかし早く出しすぎても年内に年賀状が届いてしまう場合があるそうですから、15日以降なら大丈夫だそうですから、早く作ってしまった方は忘れずにその日を待って投函しましょう。

 

年賀状を上司に送れて出す場合の例文

お正月が開けて自分に届いた年賀状をチェックしていると、来ると思っていなかった上司から年賀状が届いているなんとことたま〜にありますよね。

基本的には会社の上司には年賀状を出すのは礼儀なのですが、たま〜にやっちゃうんですよね。そんな時、相手に失礼のない様に年賀状を届けないといけません。

そこで例文をあげておきますので参考にしてみてください。

例文:1

謹賀新年

旧年中は、ひとかたならぬ世話になり、ありがとうございました。

ご丁寧に年賀状を頂戴しながら、ご返礼が遅れてしまい申しわけありませんでした。

年末になって、あわただしさに紛れて筆をとるのを怠った次第です。

失礼をお詫びしますとともに、本年も変わらぬお付き合いのほどいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成二十八年元旦

引用:手紙の書き方と文例集

例文:2

賀正
相変わらずの筆無精ゆえ 本年も年を越してからの賀状にて失礼をいたします
旧年中はいろいろとお世話になりありがとうございました
本年がより一層よいお年であります様 お祈り申し上げます
平成二十八年

引用:年賀状 プリント決定版 2016

例文:3

謹んで新春のお慶びを申し上げます
お心のこもったお年賀状を賜りましてありがとうございます
帰省のため年末年始を留守にしており
年賀状を出すのが遅くなりました事 お詫び申し上げます
お健やかに新年をお迎えになられましたご様子 なによりと存じます
我が家も皆元気で越年いたしました
本年も変わらぬご交誼のほどよろしくお願い申し上げます
平成二十八年

引用:年賀状 プリント決定版 2016

まずは年賀状を自分に出してくれたことに対して「感謝」し、そのあと送れて出すことに対しての「お詫び」を書きましょう。 もし出せなかった理由があるのなら、言い訳みたいですが、簡潔に書くと相手にも理解してもらえます。

そして最後に今年もよろしくという文章が書ければ大丈夫かとおもいます。

一番やってはいけないのが「出さない」という行為です。どんなに遅くなっても必ず年賀状は出しましょう。そして年明けの出社時に、簡単でいいので本人に直接お詫びをしましょう。

何度も言いますが「出さない」は無しです!

出さないのが年明けに相手と気まずくなる最大の要因です。

 

年賀状の最終必着日

少し疑問に思うのは年賀状って、いつまでに相手に届ければいいかということです。私の勝手な判断だと、年明けに会社に出社するまでにはなんとか相手に届けるということは守っています。具体的にはどうなんでしょうか。

やむを得ず1月1日の元旦の配達までに年賀状が投函できなかった場合、いつまでの到着になるなら失礼にならないのでしょうか。 一般的には元旦から松の内と呼ばれる1月7日までの期間が年賀状ということになっています。

引用:いんさつどっとねっと

7日までだったんですね。全然知りませんでした。しかし7日というと一般の会社だと、年明けの出社日を過ぎていますから、やはりここは年明けにいろいろいわれないためにも、年明けの出社前には必ず相手に届けたいところですね。

ちなみに8日以降は「寒中見舞い」になります。

たまに年明けの出社日に年賀状を手配りで配っている方もいますが、あれは辞めた方がいいですね。 

 

まとめ

  • ということで年賀状は12月25日までに出すと相手に元旦に届きます。
  • 28日までに出せば遠方は無理だと思いますが近くなら元旦に届きます。
  • 年が明けて出していない方からきた場合はすぎに書いて出しましょう。それが上司の場合は例文を参考にしてください。
  • 7日までは年賀状が届くようにしましょう。
  • 8日以降は「寒中見舞い」です。
  • 最後に早く出しすぎても駄目みたいですね。15日以降が丁度いいみたいです。早く出しすぎると年内に届いてしまう可能性もあるといいます。