読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

中国が怖過ぎるヤバい吊り橋を建造したと話題に!広がるガラス張りデザインの理由

不思議
スポンサードリンク

中国と言えば度々取り上げられる怖過ぎる観光地や建物、そして橋などの建造物ですが、今回もそれは恐ろしい建造物を造ったようなので紹介したいと思います。それは中国の人民日報によると、湖南省にて素晴らしく透明な橋です。

中国の「湖南省」に作られた底がガラスの吊り橋

ガラスの底で作られた橋は世界でもっとも長く、そして高いところに作られたようで、高さは600フィート、長さは1000フィートという大きさです。橋から見える渓谷はまるでジェームズキャメロン監督が制作した映画、アバターの世界のような感じを体感できるようになっているそうです。渡る際には心臓に注意する必要があるかもしれません。

引用:ハムスター速報

f:id:sonotanet:20150928123648j:plain出典:ハムスター速報

このお2人は普通に歩いているところを見るとかなり肝が座っていますね。こんなところでは普通立っているのもやっとのはずです。度胸試しにはもってこいの場所ですね。

 

f:id:sonotanet:20150928123650j:plain出典:ハムスター速報

この画像はかなり上空から撮影されえいますが、ドローンか何かで撮影したのでしょうか、遠くの景色まで良く見えますね。写真の上の方にはリフトを受け入れる建物のようなものが見えますが、ここまではやはり車では来れないようです。

 

f:id:sonotanet:20150928123651j:plain出典:ハムスター速報

そうそう普通はこうなりますよね。一歩一歩がかなり慎重になり、全然前へ進めず、結局友達の肩をかりることになるんですよね。

 

f:id:sonotanet:20150928123652j:plain出典:ハムスター速報

これもドローンで撮影されたようですが、ガラスに太陽の光が反射して恐怖への入口に誘われているようです。

 

中国の「湖南省」って何処?

f:id:sonotanet:20150928122920j:plain

出典:Yahoo!ブログ

地図で見ると上記のマップの場所にあるようです。都心からはかなり離れているようですね。湖南省というと古いお城の「凤凰古城」や自然が作り出した美しい景観の「張家界国家森林公園」などが有名な観光スポットになります。基本的には自然の景観を楽しむ場所として各地からの観光客でにぎわっていいる場所です。

そんな美しい景観をもっと楽しもうとする為にこの橋が作られたという事ですね。

 

中国全土に広がるガラス張りデザインの理由

f:id:sonotanet:20150928125202j:plain

出典:FOCUS-ASIA

中国では今、各地の観光スポットでガラス張りの透明な桟道や橋、エレベーターなどが続々と出現。湖南省平江県の石牛寨国家地質公園にある山では、世界初の総ガラス張り吊り橋の建設が急ピッチで進んでいる。中国新聞網が14日報じた。

建設中の総ガラス張り吊り橋は、元々あった木の吊り橋を改造したもので、長さ300メートル、高さ180メートル。吊り橋には「好漢橋」との名前が付けられており、今年10月1日の国慶節前の完成を目指している。

関係者によると、「好漢橋」は昨年9月に一部をガラス張りに変えたとのこと。今回はさらに観光客のスリルを高めるために、総ガラス張りへの改造を行っているという。使用されるガラス板は二層構造で厚さ24ミリメートル。その強度は一般のガラスの25倍以上だそうだ。

引用:FOCUS-ASIA

中国では、吊り橋やエレベーターをガラス張りにしてひとつのアトラクションとして観光客に楽しんでもらう事が流行しているんでしょう。上の写真のように木の板からガラスへ張り替え作業が進んでいるみたいですね。しかし少し心配になるのがガラス張りにした事での安全性です。耐久性は厚いガラスを使えば問題ないと思うのですが、橋に関して言えば、風で揺らいだ時に少しずつガラスの板がズレていかないかが心配ですね。ズレた隙間から人が落下したら大変です。

中国では建造物に関する事故が他国よりも多いと思いますので、ちょっと心配ですね。