SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

年賀状の出し遅れの際の寒中見舞いと喪中ハガキの書き方や例文

スポンサードリンク

お正月に休みを多くとりすぎて、帰ってきたのが7日。年賀状をチェックしていたら出していない人から年賀状がきていたなんとことありますよね。しかも今から出しても年賀状ではもう出せません。

それと年末に親族で不幸があり、いろいろばたばたしているうちに喪中はガキを出せずにお正月を迎えてしまった時のなどの喪中葉書って、いつまでに、どういう風に出せばいいのかわかりませんよね。

そこでそういった方のために書き方と例文を用意しましたので、参考にしてみてください。

f:id:sonotanet:20151026132012j:plain

出典:ぱくたそ

年賀状の出し遅れの際の寒中見舞いの書き方と例文

やべ〜っと年賀状を忘れていて気がついたのがもう1月も中旬だったとか、ありますよね〜ってあってはまずいので、確認したはずなのに出していなかったということはよくあることですが、1月7日までに相手に着いていればいいのですが、8日以降は寒中見舞いになってしまいます。

それでも必ず出した方がいいでしょう。決して遅くなったからと言って出さないのは相手に失礼にあたるので必ず寒中見舞いでも構わないので出しましょう。

でもいざ書くというと書き方だったり、なんて書いていいかわかりませんよね。そこで下記を見て頂くとスムーズに書けますので参考にしてみてください。

年賀状忘れの寒中見舞い[構成]

  • 寒中見舞い申し上げます
  • 年賀状へのお礼:新年にはご丁寧な賀状をありがとうございました
  • 年賀状を出し忘れたお詫び:新年のご挨拶が遅れ申し訳ありません
  • 今年もよろしく:本年も変わらぬお付き合いのほどお願い申し上げます
  • 健康と幸福を祈る:まだまだ寒い日が続きます、皆様もどうかご自愛下さいませ
  • 日付/住所/氏名
引用:恋する日本の備忘録

上記の順番で書いてみるとスムーズに書けると思います。一番大事なのはちゃんとお詫びをするということですね。そして寒中であることで相手の健康を気遣う文章が入るとベストだと思います。

決して「あけましておめでとうございます」や「謹賀新年」など年賀状で使う言葉は使わないようにしましょう。あくまでも寒中見舞いですから「寒中見舞い申し上げます」にしておきましょう。

下記に例文を用意しましたが、ここに自分の言葉をいれると、相手にお詫びの気持ちがよく伝わると思います。

年賀状忘れの寒中見舞い[例文1]

寒中お見舞い申し上げます
新年にはご丁寧な賀状をありがとうございました
私どもは、年末年始を○○○○で過ごしましたため、
年賀状を頂きながらご挨拶が遅れまして申しわけございませんでした

まだまだ寒い日が続きますので、どうかお体を大切になさって下さい

平成○○年一月

年賀状忘れの寒中見舞い[例文2]

寒中お見舞い申し上げます
お年賀のご挨拶ありがとうございました
新春のご祝詞をいただきながらご挨拶が遅れ、
まことに申しわけございません

皆様には佳き年をお迎えなされましたご様子
心からお喜び申し上げます

平成○○年一月

年賀状忘れの寒中見舞い[例文3]

寒中お見舞い申し上げます
早々に新年のご祝詞を頂きましてありがとうございました
新年のご挨拶が遅れ申し訳ありません
本年も変わらぬお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます
今年は寒さが厳しいようです。皆様もどうかご自愛下さいませ

平成○○年一月

引用:All About

次に来なるのが寒中見舞いのデザインですが、これは申し訳なさが伝わりやすいので、コンビニなどで売っている和風の縦書きのものがおすすめです。

あまり派手なデザインだとふざけているのかを逆に怒られてしまいそうなので、派手にしたくても、そこはほどほどのデザインのものにしておきましょう。

 

年始に出す喪中ハガキの書き方や例文

基本的にも喪中葉書は郵便局で年賀状の受付が始まる前までには出すようにしましょう。年賀状でやりとりのある方が自分のために年賀状を用意している可能性があるからです。

しかし年の瀬に身内に不幸があった場合、年賀状と一緒に出して良いものかとか、そもそも喪中葉書はいつ出せばいいかわかりませんよね。

こちらからの年賀状は控えるけれど、いただく年賀状は、先方のご挨拶なのだから、素直に受け取りたいと いう場合には、松の内(一般的には一月七日)が過ぎてから、喪中であったので年賀の挨拶を失礼した旨を書き添えた寒中見舞いを出すようにしたら良いでしょう。

引用:メモリアルアートの大野屋

ということで、相手には1月8日着以降で寒中見舞いをしてハガキを出すようにしましょう。これを知っているのと知らないとでは相手に嫌な想いをさせてしまうので気をつけましょう。

ここがポイント

  1. 年賀状を頂いた御礼
  2. 喪中であった為に年賀状を出せなかったことをお伝えします。

引用:メモリアルアートの大野屋

書き方は基本的に寒中見舞いと一緒でいいとのことですから、寒中見舞いでは年賀状が出せなかった理由のところに喪中のため年賀状をひかえさせて頂いた旨を書きましょう。 

年始に出す喪中ハガキ[例文1]

寒中お見舞い申し上げます
ご服喪中のことと、年頭のご挨拶は遠慮させていただきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
私どもは元気に過ごしておりますので、ご安心ください。
ご家族がひとり欠けたこの冬は、寒さもひとしおと存じます。世間では流感が猛威をふるっておりますが、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。

平成○○年一月

年始に出す喪中ハガキ[例文2]

寒中お伺い申し上げます
ご服喪中と存じ、年始のご挨拶はご遠慮させていただきました。
【故人名・敬称】がご逝去なさって数ヶ月、ご一家の皆様には、お寂しい毎日をお過ごしのこととお察しいたします。
【故人名・敬称】にはお世話になりながら、お返しもできないままお別れすることになってしまいました。今はご冥福をお祈りするばかりでございます。
厳寒の折から、皆様どうか御身大切にお過ごしください。

平成○○年一月

引用:年賀状・暑中見舞いドットコム

あまり砕いた文章ではなく、 上記のような当たり障りのない文章が相手への失礼のない文章になりますので、そのように書くようにしましょう。ハガキのデザインもあまり派手なものではなく、和風で縦書きができるハガキを選びましょう。

 

まとめ

年賀状を出せなかった方の寒中見舞いも、年を明けてからの喪中ハガキも、「寒中見舞い」として1月8日以降に相手に届くようにしましょう。デザインは相手に失礼のないように、どちらも縦書きが出来る和風なものが好ましいです。