読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

初心者に最適な美容と健康にいい「かいわれ大根」の栽培方法や収穫時期は?

スポンサードリンク

かいわれ大根は大根の幼芽なので、そのまま大きくなるとスーパーなどでよく見かけるいわゆる普通の大根になります。

小さい時はあまり好きではなかったのですが、大人になるとあの苦みが良くて美味しく感じられるんですよね。

そんなかいわれ大根ですが、実はかなり簡単に栽培できるんです。しかも美容や健康にもいいとされているので、だったら家庭で育ててみようということで、簡単な育て方と美容や健康にいい成分を紹介したいと思います。

f:id:sonotanet:20151113161740j:plain

出典:http://pds.exblog.jp/pds/1/201006/27/47/a0115647_9222135.jpg

家庭でできる「かいわれ大根」の栽培方法

よくスーパーに売っているかいわれ大根を買うと、まだ発芽していない種も一緒にくっついていますよね。実はあれもれっきとしたかいわれ大根の種ですから、普通に育てればちゃんと芽が出るんです。

わざわざかいわれ大根の種を買わなくても、1個買って、種を栽培すれば2個分はできてお得だと思うのでやってみてください。

かいわれ大根の育て方:1

www.nakahara-seed.co.jp

種が水に付きすぎていると、だんだん水が腐って臭くなってくるので、スポンジとかの湿ったものの上に乗せておくイメージで育てて下さい。

芽が出たあとに日光にあてると葉が青々してくるので、とってもキレイですよ。

かいわれ大根の育て方:2

making.ti-da.net

 

「かいわれ大根」の植付けや収穫時期は?

かいわれは季節にかかわらず栽培され、旬はない。新芽野菜(スプラウト)の一種。ダイコンの種子を水だけで発芽させ、茎が伸びるまで暗室で育てる。その後、十分に光を浴びせ、緑化させる。

引用:旬の食材カレンダー

旬がないということは寒い時期でも室内で栽培すればいいということですね。子どもと一緒に栽培すれば、ちょっとした自由研究にもなります。

美味しいかいわれ大根が一年中楽しめるというのはいいですよね。スーパーで買ってもそんなに高くないのですが、やっぱり育てたものはなんでも美味しく感じられると思います。

収穫時期は栽培を始めてから約1週間で収穫できますから、次から次へと栽培すれば、いつでも新鮮なかいわれ大根が食べられますね。

 

美容と健康に良い「かいわれ大根」の成分とは?

ビタミンC、ビタミンB1、B2、ビタミンAを含む。また、大根と同じように消化を助けるジアスターゼ、発ガン物質を分解するオキシターゼも含まれている。食欲増進、消化促進、疲労回復効果があり、しみ・そばかすを予防する働きがある。

引用:薬膳の書

大根と同じようにがん予防にもなるんですね。現代人にはかかせない野菜だということがわかります。大根だと桂剥きなどで切るのが大変だから、かいわれ大根なら気軽に食べられていいですね。

 

発芽直後の植物の新芽「スプラウト」が今話題

最近、スプラウト=発芽野菜が話題になっている。モヤシは豆の発芽野菜、貝割れ大根も大根の発芽野菜なのです。ブロッコリーの発芽野菜が新野菜として登場し話題!
発芽野菜は栄養満点で、特にミネラル&ビタミン類を豊富に含んでいて、ガンに効くということも言われている。お米の世界でも発芽米が話題になってますし、植物が発芽する時のエネルギーは、大きなものなんでしょうね。体にいい発芽野菜を上手に体に取り入れていきたいですね。

引用:薬膳の書

スプラウトって栄養満点で体にとってもいいんですね。日々の食事に取り入れるとかなり美容や健康に効果が期待できそうです。

注意しなければいけないのが、新芽の中には食べられないものもあるそうです。それはモロヘイヤの新芽、トマトの新芽、ナタネの新芽だそうです。

 

まとめ

「かいわれ大根」は収穫まで1週間なのでかなり簡単に栽培ができます。栄養価も高く大根と同じようにがん予防にもなり、胃腸の調子も整えてくれます。

「かいわれ大根」のような新芽が今話題になっていて、モヤシやブロッコリーなどの新芽を総称してスプラウトといいます。

体にとってもいいスプラウトを毎日の食事に取り入れると美容と健康にとってもいいということです。