SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

新国立競技場のデザイン案が決定!隈研吾氏や大成建設の詳しい情報を公開

スポンサードリンク

2020年に日本で行われる「東京オリンピック・パラリンピック」のメイン会場の新国立競技場のデザインがやっと決まりました。

そこで、デザインに携わった隈研吾氏や大成建設の詳しい情報をまとめてみたいと思います。最後にはちょっと気になる諸問題や建設費について考えてみたいと思います。

新国立競技場のデザイン案

デザイン案は、建築家の隈研吾氏がデザインした「大成建設」などでつくるグループの案で、「木と緑のスタジアム」がコンセプトとなっています。

引用:NHKニュース

「木と緑のスタジアム」というコンセプトだけあって、自然豊かなイメージで、ジョギングコースや会社員の憩いの場、家族連れなどに人気がでるかもしれませんね。

ザハ氏がデザインした新国立競技場も、デザインとしてはかっこよかったのですが、やっぱり日本人にはこういう自然美のあるデザインが、使うひとによってはいいのかもしれませんね。

f:id:sonotanet:20151222131939j:plain

f:id:sonotanet:20151222131940j:plain

出典 :日本経済新聞

 

隈研吾氏ってどんなデザイナー?

隈 研吾(くま けんご、1954年(昭和29年)8月8日〜)は、日本の建築家(一級建築士)。株式会社隈研吾建築都市設計事務所主宰。東京大学教授(博士(学術))。木材を使うなど「和」をイメージしたデザインが特徴的で、「和の大家」とも称される。 

引用:Wikipedia

f:id:sonotanet:20151222140258j:plain

出典:Asahi Shimbun Digital[and]

隈研吾氏は、あの東銀座の歌舞伎座を設計した方ですね。お父さんがとても厳格な方で、大学生のときに車を買うのも、レポートを書いて説得しなけでば納得してくないほどだと言っていました。

バブルが弾けてからは都会での仕事が激減し、地方での仕事が増え、そこでの経験が今の隈研吾氏の財産になっているそうです。

隈研吾氏は今後建築家が生き残っていくには、「自己主張を越えること」だと言っています。つまりはクライアントからのどんな要望も受け入れるようにして、ピンチをチャンスに変えることができれば、建築はもっとおもしろくなるそうです。

 

隈研吾氏がデザインした主な作品

  • 静岡県:水/ガラス
  • 宮城県:森舞台/登米町伝統芸能伝承館
  • 栃木県:石の美術館
  • 高知県:梼原町役場
  • 東京都:ONE表参道・サントリー美術館・根津美術館
  • 新潟県:アオーレ長岡
  • 中 国:竹の家
  • 北 京:三里屯ビレッジ・三里屯SOHO
  • フランス:ブザンソン芸術文化センター

など国内外に多数

引用:Asahi Shimbun Digital[and]

隈研吾氏は本も書いていて『負ける建築』はぜひ読んでもらいたい1冊です。 自分のデザインを自己主張するかのように押し付けるのではなく、あくまでの流動的で、それでいて一体感が生まれるデザインを推奨している本だと感じました。

都会の喧噪とした中では絶対にうまれないデザインを隈研吾氏は地方の建築デザインを請け負うことにより、自然に生まれた考え方なのかも知れません。

 

建築を請け負った大成建設ってどんな会社?

f:id:sonotanet:20151222144939j:plain

出典:大成建設

大成建設は1873年の創業の大手建設会社です。国内では、集合住宅や医療、福祉施設はもちろん、レジャー・スポーツ施設や教育施設、研究施設、通信施設など多岐にわたります。

みなさんが知っているところですと、富士スピードウェイやなんばグランド花月ビルの改修、東京湾アクアライン「風の塔」などがあります。

大手も大手、超大手ですね。

youtu.be

このCMは一度は見たことがあると思います。

www.taisei.co.jp

 

ちょっと気になる諸問題

新国立競技場のデザインをよく見てみると、かなり木材の量を使用していることがわかります。私が思うにこれだけの量の木材をどこから仕入れるのかが問題になると思います。率直に言うと、これだけの木材を集められるのか心配になりました。

しかもひとつひとつの木材が大きいので、家を建てるレベルの木材では追いつかないのではないでしょうか。

もうひとつ、この競技場の建設用はなんと1489億円を当初のザハ氏のデザインしたものよりも大幅な削減が実現されるとしています。

しかしロンドン五輪が行われたオリンピックスタジアムは日本円で約650億円ですから、それを考えるとかなりの費用がかかっています。

隈研吾氏は以前、「設計コンペで競わされて、仕事が決まったら、今度は次々とわきあがる課題の解決策を一所懸命に考え出さなければならない。」と言っていたので、隈研吾氏の戦いはこれからが本番なのかもしれません。

 

まとめ

新国立競技場のデザイン案は隈研吾氏のデザインに決定

デザインは「大成建設」とのグループの案

隈研吾氏のデザインは木材を使うなど「和」をイメージしたデザインが特徴的

大成建設は1873年の創業の大手建設会社