読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

東京でバックトゥザフューチャーコンサート開催!公演日程や逸話、展示場所を確認

スポンサードリンク

バックトゥザフューチャーのタイムマシン「デロリアン」が、2015年11月23日(月・祝)東京国際フォーラムの地上広場に登場する。東京国際フォーラムでは世界中で上演されている『バック・トゥ・ザ・フューチャー』inコンサートが開催され、デロリアンの展示はコンサートに合わせたもの。コンサートに足を運ぶと、映画と音楽と「デロリアン」が楽しめる。

引用:ファッションプレス

なかなか実物を見たくてもお目にかかることが難しいですよね。バックトゥザフューチャーは30代〜40代の男性なら一度は、というか当時は大人気だったので何回も見た事がある映画だと思います。私もそのひとりです。そもそも「デロリアン」の正式名称は「DMC-12」という名前です。今回はその「デロリアン」が見られるコンサート情報と車自体を作った方の紹介や逸話をまとめてみましたのでご覧下さい。

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」inコンサート2015

f:id:sonotanet:20151002165439j:plain

出典:ファッションプレス

f:id:sonotanet:20151002165441j:plain

出典:ファッションプレス

内容:アラン・シルヴェストリ作曲のアクション・アドベンチャー音楽が80名のフルオーケストラで映画(パート1)全編とシンクロして演奏される。

 

東京公演

  • 日時:2015年11月23日(月・祝)13時開演(12時開場)※ 追加公演 / 2015年11月23日(月・祝)17時30分開演(16時30分開場)※ 売切
  • 会場:東京国際フォーラム・ホールA(有楽町)
  • 問合せ先:キョードー東京
  • TEL:0570-550-799

大阪公演

  • 日時:2015年11月26日(木) 19時開演(18時開場)
  • 会場:オリックス劇場
  • 問合せ先:キョードーインフォメーション
  • TEL 0570-200-888
引用:ファッションプレス

バックトゥザフューチャーの音源がフルオーケストラで、しかも生で聞けるとあれば見逃さない手はないと思いますよ。CDなんかで聞くよりも何倍も良い音で聞けるのでかなりオススメです。売り切れている時間もありますが、まだチケットはありそうですね。売り切れないうちに早めの購入をおすすめします。たまにはこういうコンサートもいいと思うんですよね。しかも 「バックトゥザフューチャー」なら誰もが知っている名作ですから寝る事はないと思いますよ。

 

デロリアン(DMC-12)の逸話

f:id:sonotanet:20151002163800g:plain

ジョン・ザッカリー・デロリアン

http://www.el30.net/archives/2005_03_21_205122.html

映画は知っているけど、この車の詳しい詳細はあまり知られていないと思います。誰でも分かる様に箇条書きで書いていきます。
  • DMC-12は元ゼネラル・モータースの副社長のジョン・ザッカリー・デロリアンがデロリアン・モーター・カンパニーを設立して作った車
  • イギリス政府から工場誘致を受けて、北アイルランドのベルファスト郊外に工場を建設(約1億ポンド)
  • 設計を請け負ったのはロータス
  • エンジンには排気量2,849ccで130psのV型6気筒(非力)
  • リア・エンジン・レイアウト(エンジンが後ろに搭載)
  • 1975年に会社を設立し発売は1981年(開発から発売まで6年がかり)
  • シボレー・コルベットの2倍以上にあたる2万5,000ドルという価格で発売(高価過ぎる)
  • 高級スポーツカーというわりには力が無く評判は急激に低下しイギリス政府からの援助は打ち切られる
  • 1982年末にDMCは倒産し工場は閉鎖
  • DMC-12の総生産台数は、約9,000台
  • ジョン・Z・デロリアンがコカイン密輸の容疑をかけられ逮捕されたことからスキャンダルが広がり、後に無罪が確定したが業績は悪化
  • 1990年代になっても会社の復興を目指し奔走したが失敗
  • ステンレス製高級腕時計を販売しようと計画したが販売されないまま
  • 40件以上の訴訟を抱えていたジョン・Z・デロリアンは1999年に自己破産を申告
  • 2005年、脳卒中による合併症のため80歳で永眠
引用:Autoblog 日本版

こうやって箇条書きにしてまとめてみると、いかにジョン・ザッカリー・デロリアンが波乱万丈な人生だったかが伺えます。ゼネラル・モータースの副社長まで上り詰めたのに何故?と思う方もいると思いますが、彼の情熱がハンパなかったという事ですね。ですがその経営のほとんどは車1台を出してからはうまくいかなかったんですね。なんとも不運な人生ですが、情熱を傾けた車を1台作った事は彼の人生そのものと言ってもいいと思います。

しかしDMC-12は発売当初から故障が多いと有名な車でした。しかも今ではあたりまえになっているパワステが付いていません。ですがマニアにとっては喉から手が出る程欲しい逸品ではないでしょうか。ホントに好きな人はレストアしながら乗り続けているようですね。

 

デロリアン(DMC-12)が展示されている博物館

実際に「デロリアン」を見るには、個人所有されている方を訪ねるか、上記のイベント等に参加しないとなかなか見る事はできませんが、日本で2カ所だけその場所が休館日以外に訪れるといつでも「デロリアン」を見る事ができる場所がありますので紹介したいと思います。

トヨタ博物館トヨタ博物館

MEGAWEBMEGA WEB

引用:デロリアン - Wikipedia

 

まとめ

  • 『バックトゥザフューチャー』inコンサートが開催されそこで「デロリアン」を見る事ができますが、チケットはお早めに。
  • 「デロリアン」の生みの親のジョン・ザッカリー・デロリアンは波瀾万丈の人生だった。詳しくは上記記事にて。
  • 日本で2カ所「デロリアン」を展示されている場所は「トヨタ博物館」と「MEGAWEB