SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

錦織圭デビスカップ2016への想いは?代表の注目選手や試合日程

スポンサードリンク

 

テニスのデビスカップは1900年から毎年行われている男子テニスの国別対抗戦のことです。2015年の日本はカナダ相手に2-3と負けてしまいましたが、そのあとの入れ換え戦でコロンビア相手に3-2で勝利して、ワールドグループ残留を勝ち取りました。

錦織圭にとっては個人戦とは違い、団体戦での気持ちの変化や想いなどがデビスカップにはあるようです。

そこで錦織圭のデビスカップに対する想いや2016年の日本代表メンバーの予想や注目選手、そして試合日程をみていきましょう。

f:id:sonotanet:20151201162916j:plain

出典:BNPパリバ 2015 ワールドグループ(WG)1回戦

錦織圭デビスカップ2016にかける想いは?

錦織圭:「デ杯は個人戦と違う気持ちの高ぶりがあるので、何か違うスパイスをこのデ杯で味わえると思った。もちろんチーム戦としてのスキルアップもそうですし、自分自身のレベルアップにもつながる。これを機に自分も1ランク上がれるように頑張りたい」

引用:ライブドアニュース

上の記事はコロンビア戦後のコメントです。

今の日本において錦織圭のレベルは日本でも世界でもトップレベルだと思います。そのレベルが高すぎて錦織圭から下の人材がまだまだ世界のトップで戦えるレベルではないというのが現実だと思います。

しかし錦織圭にとってはそういう選手たちを指導し、日本全体のレベルを上げて行くことで、自分のまだ見えなていない可能性を出すきっかけにしているのではないでしょうか。

「シングルス2試合を終えて、とてもいいフィーリングをつかめてきている。僕自身としては、またひとつレベルアップできたかなと思う。精神的にも、テニスも良くなってきている」

 引用:ライブドアニュース

錦織圭にとってデビスカップは一種のスパイスのようなものだと言っていましたが、普段考えないようなことまで考えて、なんとか日本を勝たせたいという想いもスパイスのひとつなんだと思います。

 

デビスカップ2016の日本代表メンバー[予想]

デビスカップはAチームとBチーム合わせて9人で構成されます。そこで現在の日本人のATP世界ランキングの上位の選手から選んでみました。日本人だけで見ると約70人くらいがランキングに入っていますが、やはり世界のレベルで考えるとまだまだです。

ん〜錦織圭とダニエルとの差が開きすぎていますね〜。もう少し上位に食い込んでくる選手がいると、ワールドグループでもそこそこの戦いが見られると思います。

  • ATP:8位/錦織圭
  • ATP:96位/ダニエル太郎
  • ATP:117位/西岡良仁
  • ATP:119位/伊藤竜馬
  • ATP:126位/杉田祐一
  • ATP:132位/添田豪
  • ATP:199位/守屋宏紀
  • ATP:234位/内山靖崇
  • ATP:352位/仁木拓人
引用:ATP男子シングルス日本人ランキング | TENNIS.jp

 

デビスカップ2016の注目の日本人選手

錦織圭:「最初はもちろん(ダブルスに)出る気でいましたけど、(左)ひざが完璧ではないので......。ダブルスを落としたとしても、僕と添田君が(シングルスで)勝てる自信はあった」

引用:ライブドアニュース

錦織圭に注目するのは当然なのですが、ここでは他の選手に注目してみたいと思います。上の記事を読んでもらってもわかると思いますが、錦織圭が一目置いている選手だということがこのコメントからもわかりますね。

鬼のバックハンドを持つ「添田豪」

f:id:sonotanet:20151201142854j:plain

出典:HYOGO NOAH CHALLENGER 2015

  • 世界ランキング:131位(2015年11月23日時点)
  • 国籍:日本
  • 出身地:神奈川県藤沢市 日本
  • 生年月日:1984年9月5日
  • 身長/体重:177.8cm / 72.6kg
  • 利き腕:右
  • 今シーズン勝敗:6勝12敗
  • 自己最高ランキング:47位
スポーツナビ - テニス - 添田 豪

この2人は10年くらい前のATPアトラント準々決勝で対戦しているそうです。 なんとそこで添田は錦織に快勝しているんです。その頃錦織圭はまだまだ世界のトップ10にも入っていいなかったのですが、そういう過去もあり錦織は少なからず他の選手よりも信頼しているのだと思います。

選手の間では添田のバックハンドはヤバいと言われるほどです。それは両手打ちのバックエンドストロークにあり、ラリーではその安定感で強豪を打ち破ってきました。

物怖じしない精神力をもつ「ダニエル太郎」

f:id:sonotanet:20151201152954j:plain

出典:THE TENNIS DAILY テニスデイリー

  • 世界ランキング:93位(2015年11月23日時点)
  • 生年月日:1993年1月27日身長
  • 国籍:日本
  • 体重:190㎝/76㎏
  • 所属先:株式会社エイブル居住地:スペイン
  • 出身地:アメリカ・ニューヨーク
  • 利き手:右
  • 自己最高ランキング:93
引用:ダニエル太郎 | プロフィール

アメリカ人の父親と、日本人の母親の間に生まれた日本国籍を持つハーフです。日本語、英語、スペイン語、ロシア語を話すことができるマルチリンガルなので、そんなことにも物怖じしない性格だそうです。

190cmと身長も高くパワーもあるので、まだ21歳ですがこれからの活躍が楽しみな選手です。 

 

イギリス戦メンバー

今回の1回戦はこの4人で挑むことが決定しました。添田選手は入っていませんが、今後、代表入りする可能性はあるので頑張って欲しいですね。

デビスカップでは4人のうち、シングルス4試合が大きな割合を占めるので、錦織選手とダニエル選手にかかっています。

  • 錦織圭
    錦織 圭
    世界ランク6位
    1989年12月29日
  • ダニエル太郎
    ダニエル 太郎
    世界ランク87位
    1993年1月27日
  • 西岡 良仁
    西岡 良仁
    世界ランク126位
    1995年9月27日
  • 内山靖崇
    内山 靖崇
    世界ランク238位
    1992年8月5日

 

デビスカップ2016の試合日程

デビスカップ2016は第105回のデビスカップであり、3月から11月にかけて世界各地で開催される予定の男子テニスの大会である。ドローは2015年9月23日にチリのサンティアゴで開催された。

引用:Wikipedia

f:id:sonotanet:20151201155527p:plain

出典:Wikipedia

なんといきなり2015年の覇者のイギリスとの対決です。前回イギリスはATPランキング2位のアンディ・マレーを中心に戦いみごと優勝しました。

 

まとめ

  • 1回戦:3月4日〜6日
  • 準々決勝:7月15日〜17日
  • 準決勝:9月16日〜18日
  • 決勝:11月25日〜27日