読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONOTA.NET.BLOG

旬なネタを新鮮なうちにお届けします

日本陸上選手権2016の日程やテレビ放送は?サニブラウンのリオ五輪の可能性

スポンサードリンク

2016年の開催でちょうど100回目を迎える日本陸上競技選手権大会。この大会では8月に行われるリオデジャネイロオリンピック(以下リオ五輪)の選考会も兼ねているので、選手たちのガチンコの競技が見られることでしょう。

そこで第100回日本陸上競技選手権大会の日程やテレビ放送、すでにリオ五輪出場に内定している選手や今大会で注目されている選手を紹介したいと思います。

第100回日本陸上競技選手権大会の日程

開催日:2016年6月24日(金)〜26日(日)の3日間
会 場:パロマ瑞穂スタジアム(名古屋)

引用:パロマ瑞穂スポーツパーク

なんと今回の記念する100回記念大会は昭和26年以来65年ぶり2回目の名古屋開催となります。まだ情報がないのですが、記念大会ですから何かしらイベントが企画されると思いますので、そちらの情報もわかり次第更新していきたいと思います。

 

テレビ放送やネット配信は?

昨年はNHK総合テレビでの放送に加え、今年も競技開始からテレビ放送までの場内映像をインターネットでライブ配信していましたので、今年も同様の放送だと予想します。

公開され次第更新します。

テレビ放送日程

第1日

6月24日(金)

19:00~19:30(NHK BS1・102ch)

19:30~20:43(NHK 総合テレビ)

第2日

6月25日(土)

19:00~19:30(NHK BS1・102ch)

19:30~20:43(NHK 総合テレビ)

第3日

6月26日(日)

16:00~18:00(NHK 総合テレビ)

引用:http://goo.gl/vpAjyo

インターネットライブ中継予定 

ライブ配信予定

6月24日(金)25日(土)26日(日)実施予定

各日競技開始時間に合わせてライブ配信いたします。
※テレビ放映の開始とともに、配信は終了させていただきます。

ビデオクリップ

各競技の映像を、種目・決勝・試技・レースごとにご覧いただくことができます。各大会日程のテレビ放映終了後に、順次公開予定です。

引用:http://goo.gl/vpAjyo

 

リオ五輪代表内定選手

基本的には陸上競技以外の競技で決まってきていますね。今回同時開催で、第93回日本選手権水泳競技大会も開催されるのですが、そちらは2017年にハンガリー・ブダペストで行われる世界水泳選手権と2017夏季ユニバーシアードの選考会です。

こちらの表は新しく更新され次第、随時変更していきたいと思います。

水泳
種目選手名所属内定理由
男子400m個人メドレーほか 萩野公介 東洋大 2016年4月日本選手権で出場権獲得
女子400m個人メドレー 高橋美帆 ミキハウス 2016年4月日本選手権で出場権獲得
女子400m個人メドレー 清水咲子 ミキハウス 2016年4月日本選手権で出場権獲得
女子100mバタフライほか 池江璃花子 ルネサンス亀戸 2016年4月日本選手権で出場権獲得
女子100m平泳ぎ 鈴木聡美 ミキハウス 2016年4月日本選手権で出場権獲得
男子100m背泳ぎほか 入江陵介 イトマン東進 2016年4月日本選手権で出場権獲得
男子100m背泳ぎ 長谷川純矢 ミキハウス 2016年4月日本選手権で出場権獲得
男子200m平泳ぎ 小関也朱篤 ミキハウス 2016年4月日本選手権で出場権獲得
男子200m平泳ぎ 渡辺一平 早大 2016年4月日本選手権で出場権獲得
男子200mバタフライ 坂井聖人 早大 2016年4月日本選手権で出場権獲得
女子200mバタフライ 長谷川涼香 東京ドーム 2016年4月日本選手権で出場権獲得
女子200m個人メドレー 寺村美穂 セントラルスポーツ 2016年4月日本選手権で出場権獲得
女子200m個人メドレー 今井月 豊川高 2016年4月日本選手権で出場権獲得
男子200m背泳ぎ 金子雅紀 YURAS 2016年4月日本選手権で出場権獲得
女子200m平泳ぎ 金藤理絵 Jaked 2016年4月日本選手権で出場権獲得
男子200m個人メドレー 藤森太将 ミキハウス 2016年4月日本選手権で出場権獲得
男子400mリレー 中村克 イトマン東進 2016年4月日本選手権で出場権獲得
男子400mリレー 塩浦慎理 イトマン東進 2016年4月日本選手権で出場権獲得
男子400mリレー 小長谷研二 岐阜西SC 2016年4月日本選手権で出場権獲得
男子400mリレー 古賀淳也 第一三共 2016年4月日本選手権で出場権獲得
男子800mリレー 松田丈志 セガサミー 2016年4月日本選手権で出場権獲得
男子800mリレー 江原騎士 自衛隊 2016年4月日本選手権で出場権獲得
男子800mリレー 小堀勇気 ミズノ 2016年4月日本選手権で出場権獲得
男子400mメドレーリレー 藤井拓郎 コナミスポーツ 2016年4月日本選手権で出場権獲得
女子400mリレー 内田美希 東洋大 2016年4月日本選手権で出場権獲得
女子400mリレー 松本弥生 ミキハウス 2016年4月日本選手権で出場権獲得
女子400mリレー 山口美咲 イトマン 2016年4月日本選手権で出場権獲得
女子800mリレー 五十嵐千尋 日体大 2016年4月日本選手権で出場権獲得
女子800mリレー 持田早智 ルネサンス幕張 2016年4月日本選手権で出場権獲得
女子800mリレー 青木智美 法大 2016年4月日本選手権で出場権獲得
女子400mメドレーリレー 酒井夏海 スウィン南越谷 2016年4月日本選手権で出場権獲得
女子200mバタフライ 星奈津美 ミズノ 2015年世界選手権で出場権獲得
女子200m平泳ぎほか 渡部香生子 JSS立石 2015年世界選手権で出場権獲得
男子400m個人メドレーほか 瀬戸大也 JSS毛呂山 2015年世界選手権で出場権獲得
男子飛び込み 寺内健 ミキハウス 2015年世界選手権で出場権獲得
女子高飛び込み 板橋美波 JSS宝塚 2016年W杯で出場権獲得
男子高飛び込み 坂井丞 ミキハウス 2016年W杯で出場権獲得
シンクロ 乾友紀子 井村シンクロク 2016年五輪世界最終予選で出場権獲得
シンクロ 吉田胡桃 井村シンクロク 2016年五輪世界最終予選で出場権獲得
シンクロ 丸茂圭衣 井村シンクロク 2016年五輪世界最終予選で出場権獲得
シンクロ 中村麻衣 井村シンクロク 2016年五輪世界最終予選で出場権獲得
シンクロ 中牧佳南 井村シンクロク 2016年五輪世界最終予選で出場権獲得
シンクロ 林愛子 井村シンクロク 2016年五輪世界最終予選で出場権獲得
シンクロ 三井梨紗子 東京シンクロク 2016年五輪世界最終予選で出場権獲得
シンクロ 箱山愛香 長野シンクロク 2016年五輪世界最終予選で出場権獲得
シンクロ 小俣夏乃 アクラブ調布 2016年五輪世界最終予選で出場権獲得
男子水球 棚村克行 ブルボンKZ 2015年12月アジア選手権で出場権獲得
男子水球 志水祐介 ブルボンKZ 2015年12月アジア選手権で出場権獲得
男子水球 保田賢也 ブルボンKZ 2015年12月アジア選手権で出場権獲得
男子水球 筈井翔太 ブルボンKZ 2015年12月アジア選手権で出場権獲得
男子水球 福島丈貴 日体大 2015年12月アジア選手権で出場権獲得
男子水球 飯田純士 日体大 2015年12月アジア選手権で出場権獲得
男子水球 荒井陸 日体大 2015年12月アジア選手権で出場権獲得
男子水球 足立聖弥 日体大 2015年12月アジア選手権で出場権獲得
男子水球 大川慶悟 全日体大 2015年12月アジア選手権で出場権獲得
男子水球 柳瀬彰良 全日体大 2015年12月アジア選手権で出場権獲得
男子水球 竹井昂司 全日体大 2015年12月アジア選手権で出場権獲得
男子水球 角野友紀 全日体大 2015年12月アジア選手権で出場権獲得
男子水球 志賀光明 全日体大 2015年12月アジア選手権で出場権獲得
陸上
種目選手名所属内定理由
男子20キロ競歩 松永大介 東洋大 2016年全日本優勝、設定記録突破
男子20キロ競歩 高橋英輝 富士通 2016年日本選手権優勝、設定記録突破
男子50キロ競歩 谷井孝行 自衛隊 2015年世界選手権で出場権獲得
男子50キロ競歩 森岡紘一朗 富士通 2015年全日本50キロ優勝、設定記録突破
女子マラソン 伊藤舞 大塚製薬 2015年世界選手権で出場権獲得
女子マラソン 福士加代子 ワコール 2016年大阪国際優勝、設定記録を突破
女子マラソン 田中智美 第一生命 2016年名古屋ウィメンズで日本人最上位
男子マラソン 佐々木悟 旭化成 2016年福岡国際で日本人最上位
男子マラソン 北島寿典 安川電機 2016年びわ湖毎日で日本人最上位
男子マラソン 石川末広 ホンダ 2016年びわ湖毎日で日本人2位
フェンシング
種目選手名所属内定理由
男子フルーレ 太田雄貴 森永製菓 2016年4月世界ランキング
男子エペ 見延和靖 ネクサス 2016年4月世界ランキング
女子エペ 佐藤希望 大垣共立銀行 2016年4月世界ランキング
女子サーブル 青木千佳 ネクサス 2016年4月世界ランキング
レスリング
種目選手名所属内定理由
女子48キロ級 登坂絵莉 至学館大 2015年世界選手権優勝
女子53キロ級 吉田沙保里 ALSOK 2015年世界選手権優勝
女子58キロ級 伊調馨 ALSOK 2015年世界選手権優勝
女子63キロ級 川井梨紗子 至学館大 2015年世界選手権2位
女子69キロ級 土性沙羅 至学館大 2015年世界選手権3位
女子75キロ級 渡利璃穏 アイシンAW 2016年3月に日本協会が決定
男子グレコ66キロ級 井上智裕 三恵海運 16年3月五輪アジア予選で出場枠獲得
男子グレコ59キロ級 太田忍 日体大 16年3月五輪アジア予選で出場枠獲得
男子フリー57キロ級 高谷惣亮 ALSOK 16年3月五輪アジア予選で出場枠獲得
男子フリー74キロ級 樋口黎 日体大 16年3月五輪アジア予選で出場枠獲得
テコンドー
種目選手名所属内定理由
女子57キロ級 浜田真由 徳山大 2015年12月の世界ランキング4位
体操
種目選手名所属内定理由
体操男子 内村航平 コナミスポーツク 2015年世界選手権で個人総合優勝
トランポリン男子 伊藤正樹 東栄住宅 2015年11月世界選手権で国別出場枠獲得
トランポリン男子 棟朝銀河 慶大 2015年11月世界選手権で国別出場枠獲得
トランポリン女子 中野蘭菜 星稜ク 2016年4月最終予選で国別出場枠獲得
重量挙げ
種目選手名所属内定理由
女子48キロ級 三宅宏実 いちご 2015年11月世界選手権で日本勢最上位
射撃
種目選手名所属内定理由
女子トラップ 中山由起枝 日立建機 2015年12月協会理事会で決定
男子ピストル 松田知幸 神奈川県警 2015年5月W杯で国別出場枠獲得
男子ライフル 山下敏和 自衛隊 2015年5月W杯で国別出場枠獲得
男子ラピッドファイアピストル 秋山輝吉 宮城県警 2016年1月五輪アジア予選で国別出場枠獲得
男子ラピッドファイアピストル 森栄太 自衛隊 2016年1月五輪アジア予選で国別出場枠獲得
男子エアライフル 岡田直也 岡山県協会 2016年1月五輪アジア予選で国別出場枠獲得
女子25メートルピストル 佐藤明子 警視庁 2016年1月五輪アジア予選で国別出場枠獲得
女子スキート 石原奈央子 古峯神社 2016年2月五輪アジア予選で国別出場枠獲得
カヌー
種目選手名所属内定理由
男子カナディアンシングル 羽根田卓也 ミキハウス 2015年世界選手権で出場権獲得
女子カヤックシングル 矢沢亜季 昭和飛行機工業 2015年世界選手権で出場権獲得
男子カヤックシングル 矢沢一輝 善光寺大勧進 2015年世界選手権で出場権獲得
アーチェリー
種目選手名所属内定理由
女子団体、個人 川中香緒里 ミキハウス 2015年世界選手権で出場権獲得
永峰沙織 長崎国際大 2015年世界選手権で出場権獲得
林勇気 堀場製作所 2015年世界選手権で出場権獲得
男子個人 古川高晴 近大職 2015年世界選手権で出場権獲得
セーリング
種目選手名所属内定理由
女子RSX級 伊勢田愛 福井県体協 2015年世界選手権で出場権獲得
男子RSX級 富沢慎 トヨタ自動車東日本 2015年代表選考会で日本人トップ
男子470級 土居一斗 アビーム 2015年代表選考大会で日本勢トップ
今村公彦 JR九州 2015年代表選考大会で日本勢トップ
女子470級 吉田愛 ベネッセ 2015年代表選考大会で日本勢トップ
吉岡美帆 ベネッセ 2015年代表選考大会で日本勢トップ
女子レーザーラジアル級 土居愛実 慶大 2015年世界選手権で出場権獲得
近代5種
種目選手名所属内定理由
男子個人 三口智也 自衛隊 2015年アジア・オセアニア選手権で出場権獲得
女子個人 朝長なつ美 警視庁 2015年アジア・オセアニア選手権で出場権獲得
自転車
種目選手名所属内定理由
男子ロード 新城幸也 ランプレ・メリダ 日本自転車競技連盟が選出
男子ロード 内間康平 ブリヂストン 日本自転車競技連盟が選出
ボクシング
種目選手名所属内定理由
男子ライト級 成松大介 自衛隊 2016年4月アジア・オセアニア選手権で出場権獲得
柔道
種目選手名所属内定理由
男子60キロ級 高藤直寿 パーク24 2016年4月代表最終選考会を経て強化委員会が選出
男子66キロ級 海老沼匡 パーク24 2016年4月代表最終選考会を経て強化委員会が選出
男子73キロ級 大野将平 旭化成 2016年4月代表最終選考会を経て強化委員会が選出
男子81キロ級 永瀬貴規 旭化成 2016年4月代表最終選考会を経て強化委員会が選出
男子90キロ級 ベイカー茉秋 東海大 2016年4月代表最終選考会を経て強化委員会が選出
男子100キロ級 羽賀龍之介 旭化成 2016年4月代表最終選考会を経て強化委員会が選出
女子48キロ級 近藤亜美 三井住友海上 2016年4月代表最終選考会を経て強化委員会が選出
女子52キロ級 中村美里 三井住友海上 2016年4月代表最終選考会を経て強化委員会が選出
女子57キロ級 松本薫 ベネシード 2016年4月代表最終選考会を経て強化委員会が選出
女子63キロ級 田代未来 コマツ 2016年4月代表最終選考会を経て強化委員会が選出
女子70キロ級 田知本遥 ALSOK 2016年4月代表最終選考会を経て強化委員会が選出
女子78キロ級 梅木真美 環太平洋大 2016年4月代表最終選考会を経て強化委員会が選出
女子78キロ超級 山部佳苗 ミキハウス 2016年4月代表最終選考会を経て強化委員会が選出

出典 : 日刊スポーツ

 

注目選手のリオ五輪の可能性

ここでは選りすぐりの選手を紹介したいと思います。どの選手もリオ五輪ではメダルの可能性は十分にあると思います。

山縣亮太 選手

f:id:sonotanet:20151208193002j:plain

出典:公益財団法人日本陸上競技連盟

陸上男子100メートルにおいて10秒07の記録をもつ選手で、桐生とは付かず離れず、友達まではいかない、よきライバル関係にあるそうです。個人の当面の目標は9秒99で、しかもそれは通過点でしかないと豪語しています。今後が楽しみな選手ですね。

  • フルネーム:やまがた りょうた
  • 生年月日:1992年6月10日(23歳)
  • 出身地:広島県広島市西区
  • 身長:176cm
  • 体重:68kg
  • 100m:10秒07(+1.3)
  • 200m:20秒41(-0.5)

引用:Wikipedia

サニブラウン・ハキーム 選手

f:id:sonotanet:20151208191753j:plain

出典:エキサイトニュース

2015年の陸上界はこの選手の話題で持ち切りでした。世界陸上ではリレーの選手には選ばれませんでしたが、それでも初出場で準決勝まで進んだことは、実力がある証拠だと思いました。

この世界陸上に出場する前にサニブラウン選手はとんでもない記録を打ち出した記事がありましたので紹介したいと思います。

特に世界を驚かせたのは7月、コロンビア・カリで開かれた世界ユース選手権だった。100メートルに続いて、得意とする200メートルでは20秒34の好タイムで優勝し、2冠を達成。しかも、五輪で2大会連続3冠の「ジャマイカの英雄」ウサイン・ボルトがユース時代にたたき出した大会記録20秒40を塗り替えた。

引用:高校生新聞オンライン

これ凄くないですか?ウサイン・ボルトを越えちゃったんですよ。しかも6秒も上回っているんです。ということはサニブラウン選手がトレーニングをつめば、100メートル9秒台も夢ではないと言うことですね。

ん〜将来が楽しみ。

  • 生年月日:1999年3月6日(16歳)
  • 出身地:福岡県
  • 居住地:東京都
  • 身長:187cm
  • 体重:74kg
  • コーチ担当者:山村貴彦
  • 100m:10秒28(2015年)
  • 200m:20秒34(2015年)

引用:Wikipedia

追記…サニブラウン左太もも痛めリオ五輪断念

17歳のサニブラウンは18日の練習中に違和感を覚えたという。陸連を通じ、「苦しい決断をしなければならず、本当に悔しい気持ちでいっぱい。将来の大きな夢の挑戦へ貴重な充電期間としていきたい」との談話を出した。

リオデジャネイロ五輪代表選考会を兼ねる日本選手権(24~26日、愛知・パロマ瑞穂スタジアム)を欠場すると発表し、事実上のリオ五輪欠場が決まった。

引用:http://goo.gl/zTXSni

ここへきて残念ですね~オリンピックに向けて少し無理をしていたんでしょうか。

サニブラウンはまだまだ17歳と若いので、2020年の東京オリンピックに向けて頑張って欲しいですね。

本人も「2020年東京五輪を目標に、今できることから精いっぱい頑張る。今回のことがあったからこそ、強くなったと言えるにように日々努力していく」とコメントしていました。

福島千里 選手

f:id:sonotanet:20151208192156j:plain

出典:公益財団法人日本陸上競技連盟

短距離走においては日本のエースとよんでいい選手だと思います。ロンドンオリンピックでは思うような結果が出せず、しかもそれから2014年までは、記録が伸び悩み、思うような結果が出せずにいました。

しかし2015年4月の織田記念の200mで優勝すると、5月のゴールデングランプリ川崎200mでは自身3番目のタイムとなる23秒11で日本勢最上位の4位。6月のアジア選手権100mは、追い風参考ながら11秒23と久々の好タイムをマークした。

引用:Number Web - ナンバー

いよいよ復活をとげた福島選手の走りが楽しみになってきました。まだまだ世界との差はあるもののリオ五輪への切符は確実に獲得すると思います。

  • フルネーム:ふくしま ちさと
  • 生年月日:1988年6月27日(27歳)
  • 生誕地:北海道中川郡幕別町
  • 身長:165cm
  • 体重:52kg
  • 100m:11秒21 (2010年)
  • 200m:22秒89 (2010年)

引用:Wikipedia

桐生祥秀 選手

f:id:sonotanet:20151208192253j:plain

出典:公益財団法人日本陸上競技連盟

今年はシーズン初戦の3月28日テキサスリレー(米国)で、追い風3.3メートルの参考記録ながら9秒87で優勝し、ファンを興奮させた桐生祥秀(東洋大)。

引用:スポーツナビ

公式タイムではありませんが、追い風でもこれだけのタイムが出せれば十分世界で戦っていけるだけの実力はもっていると思います。

しかし、強過ぎる追い風は選手にとってはあまり好ましくない風だといい、ほどほどの風がいいタイムを引き出せるそうです。

このあとにケガに悩まされた時期もありましたが、結果10秒09という結果で2015年を締めくくることができたというのは、本人にとっても2016年のリオ五輪へ向けていい終わり方だったそうです。

  •  フルネーム:きりゅう よしひで
  • 生年月日:1995年12月15日(19歳)
  • 出身地:滋賀県彦根市
  • 身長:175cm
  • 体重:68kg
  • 60m:6秒59 (2014年)
  • 100m:10秒01 (2013年)
  • 200m:20秒41 (2013年)
  • 400m:47秒41 (2013年) 

引用:Wikipedia

髙瀬慧 選手

f:id:sonotanet:20151208192358j:plain

出典:公益財団法人日本陸上競技連盟

高瀬はロンドン五輪のときにリレーの選手に選ばれなかったことがきっかけで、本気で100メートルに挑戦しはじめました。

100メートルに関しては、アジア大会では大きな収穫を得た。レースまでの組み立てをうまくコントロールでき、それまでなかなか分からなかった「自分の走りをするために何をどうすればいいのか」ということも感覚的に分かり、すべてが研ぎ澄まされた感じになったというのだ。

引用:スポーツナビ

髙瀬選手はこのアジア大会で、これまで思うようなタイムが出せなかった悩みが、いっきに吹き飛んだ感じですね。

監督からも「自分の走りをしろ」という言葉を聞かされていたんですが、なかなか自分の走りというものを見いだせなかったので、手応えを感じたレースだったそうです。

  •  フルネーム:たかせ けい
  • 生年月日:1988年11月25日(27歳)
  • 出身地:静岡県静岡市葵区
  • 身長:179cm
  • 体重:67.5kg
  • 100m:10秒09(2015年)
  • 200m:20秒14(2015年)
  • 400m:46秒46(2010年) 

引用:Wikipedia

室伏広治 選手

f:id:sonotanet:20151208192817j:plain

出典:公益財団法人日本陸上競技連盟

言わずと知れた男子ハンマー投げの選手です。本人はリオ五輪に出場する意思表示はまだしてはいません。2016年が開けたら発表があるというので楽しみにしていましょう。しかしこの男子ハンマー投げは後継者が少ないので、室伏選手は十分にメダルが狙えると思うのでガンガン出場して欲しいですね。

  • フルネーム:むろふし こうじ
  • 生年月日:1974年10月8日(41歳)
  • 生誕地:静岡県沼津市
  • 身長:187cm
  • 体重:99kg
  • 自己ベスト:ハンマー投:84m86(2003年)

引用:Wikipedia

鎧坂哲哉 選手

f:id:sonotanet:20151208192903j:plain

出典:公益財団法人日本陸上競技連盟

昨年も同大会の男子5000mに出場しましたが3位という結果で、あまり満足とは言えない結果に終わってしまいました。

男子10000mでも1位と大きくはなされての2位でした。日本人では上位なのですが、まだまだ世界と戦えるレベルではないようにおもえましたが、あれから1年、練習の成果が出ると面白くなる選手だと思います。

  • フルネーム:よろいざか てつや
  • 種目:長距離種目
  • 所属:旭化成
  • 生年月日:1990年3月20日(25歳)
  • 生誕地:日本の旗 広島県広島市
  • 身長:165cm
  • 体重:50kg
  • 自己ベスト:5000m 13分12秒63(2015年)
  • 10000m 27分29秒74(2015年)

引用:Wikipedia

 

まとめ

第100回日本陸上競技選手権大会の日程は…

・開催日:2016年6月24日(金)〜26日(日)の3日間
・会 場:パロマ瑞穂スタジアム(名古屋)

注目選手は…

・山縣亮太 選手
サニブラウン・ハキーム 選手
福島千里 選手
桐生祥秀 選手
髙瀬慧 選手
室伏広治 選手
鎧坂哲哉 選手

関連情報 

sonota.hateblo.jp